タグ:保護子猫たち ( 55 ) タグの人気記事

高齢猫はんぞうとの暮らし 「NEWステップ台!&保護子猫たち⑤/スクスク元気に回復」

d0098941_17273886.jpg

           (2015年1月~) 日向ぼっこしている はんぞう ~♪♪ 気持ちよさそう~ 058.gif
                この季節は、まだ部屋の中に お日様 が入ってました!

d0098941_17333649.jpg

 引越し直後に入用になり、お隣の市のホームセンターへ行ったのですが、お目当ての物は見つからず
   はんぞう のステップ台(ペット用のスロープ)を代わりに買ってきてしまいました!(色も好みで♪)

3個目(笑)初めてのステップ台は、幅広で2段の物。はんぞうが、一昨年の夏(19才の時)に初めて病に倒れてから足のふらつきが時々見られるようになったので購入。(高齢なのにチェストやテーブルの上にも登れていて、走ったり、オモチャでも遊んでいましたが・笑)次に購入したのは、今回のと同じ3段で幅狭の物。
  現在は、2段だと急で上り下りがしずらい様子☆ でも幅広の方が、足を横に踏み外したりし難いです。

d0098941_19134062.jpg

            あらあら、使い方が違ってますけど?すっかり日向ぼっこ場に 037.gif

       ショボショボ顔で日向ぼっこしている姿は、すっかり21才のお爺ちゃま猫さんですね~


d0098941_19194554.jpg


    初めてステップが来た時、銀はステップの上でくつろぎ始めたりして違う使い方をしていましたが
                  はんぞう は、銀の真似をしたのでしょうか?(笑)


d0098941_19554931.jpg

やっぱり本来の使い方は、中々してもらえず!降りる時は、時々利用してくれるのですが、ソファーに乗る時は、「まだまだこんな物のお世話にはならないニャ!」とでも言うように、意地でもジャンプして乗ってます~

          ↑ (2014年12月)に、珍しく登る時も使ってくれたので、写真をパチリ(笑)
新居では私が はんぞう の側のこのソファーで毎日寝ているので、早朝に「ご飯!」とか「オシッコ出たよ♪」と呼びに来る時に時々使ってくれます。 はんぞう は、こおいう風に上がって知らせに来てくれてるんですね♪


d0098941_221091.jpg

このところ足の ふんばり が弱くなってきて、時々ステップから滑るように下へ降りる事も多くなってきました。
後、急にバランス&平衡感覚も劣ってきて、全然違う場所を歩こうとしたり、ステップの端に足を踏み外してしまうので横にクッションを立て防御してます。失敗した時、猫のはんぞう本人は、すごく驚いた顔してます。

引越し直後に出入りしていた、業者のお父さんたちが「猫なのに、こんなの使うんか!(笑)」と、大笑いしていましたが、年を取れば今まで普通にできていた事が出来なくなるのは、人間と同じです。(お父さんは、若い猫さんと暮らしてるのだそう)私も高齢猫さんと暮らすのは初めてなので、色々と初めての事ばかりです。
      はんぞう に毎日少しでも快適に生活してもらえるように、これからも工夫は続きます~☆


d0098941_15222964.jpg


      ~ 瀕死の状態の子猫ちゃんたちの その後⑤ ~  (保護した時の状況は、こちら →


d0098941_15245948.jpg


              7/2(木) 保護から12日目の様子(推定・生後一ヶ月くらい) 035.gif

         黒トラちゃんは、トイレでおくつろぎ中でした!見上げている表情がカワイイ~♡

           先日、書き忘れてしまいましたが、ふたり共トイレもすぐに覚えたそうです。
               まだ小さいので、トイレによじ登って入る姿も可愛かったです~♡
                  白ちゃん&黒トラちゃん共に順調に回復しています。

先生が 「ふたり がとても仲良しで、少しでも引き離すと大泣きしてしまうので、もし里親さんが別々なら今から離してならさせておくべきかと?」悩んでいたそうですが、里親さんは2匹一緒で良いみたいです。とお伝えたら安心してました。辛い時もゲリラ豪雨に襲われた時も一緒に乗り越えてきたので絆も深いのでしょうね。



d0098941_1605075.jpg


                     7/4(土) 保護から14日目の様子 035.gif

「こんにちは~」と子猫たちに声をかけると、黒トラちゃんの方はもう私の事が分るようで「来た~♪」とでも言うように、身をのり出して来てくれます。猫さん&ワンコさん共に声や匂いで覚えてくれる事が多かったので
毎回たくさんお話もして帰ります。瀕死の状態で保護した時も 「もう大丈夫だよ!頑張って!」 と何度も何度も声をかけながら病院へ走りました!そのおかげもあってか?声だけで反応してくれるようになりました♪

           黒トラちゃんに手を差し出すと、まずは匂いチェックとご挨拶~(笑)
     私だと確認すると、スリスリ甘えて来てくれて、手を舐めてくれるようにまでなりました~♡♡♡
  白ちゃんの方は、襲われたりした恐怖もあるのでしょうね、まだ距離があります。少しづつゆっくりね。



d0098941_15581359.jpg


       先生が「おもちゃで遊んであげてくださいね。ネズミのオモチャがお気に入りなんです。」と、
     おっしゃってくださったので、オモチャを出した途端!! ヒエエエエーーー 激しい(爆)


                    激し過ぎるー!?(笑)

                黒トラちゃん、白ちゃんのも奪う勢いです。(銀みたい・汗)
                      久しぶりに体感する子猫の激しさ(爆)
           白ちゃんも遊びたいようですが、黒トラちゃんの陰に隠れて大人しいです。

  でもこの激しさは、まだまだだな(笑)はんぞう&銀は、毎日1個オモチャを破壊してましたからーーー042.gif
   それはそれは、激し過ぎて(笑)毎日お繕い直したり、手作りオモチャを作ったりの日々でした(笑)
    はんぞう は、数ヶ月前までオモチャで遊んでいましたから(笑)21才目前とは思えないですね~


d0098941_15582093.jpg

                  いっぱい遊んだ後は、「ご飯がおいちいニャ~~♪」

 ナント体重がまた増えました!!☆白ちゃん、 1㎏ ! ☆黒トラちゃん 800g に!黒トラちゃんの方は
   すごくオチビさんだったので心配していましたが、順調にスクスク育っているようで安心しました!

    酷い状態だった皮膚の方もほとんど良くなっていて、触ってもスベスベな状態になりました(嬉)
     本当に回復力が早くてすごい子たちです。保護した時に感じた、生命力の強さを感じます!

虫さんの方も治療が始まり、このまま状態に変化がなければ、本日に初めての☆ワクチン接種
明日に☆血液検査をする予定だそうです。血液検査後に、問題が無ければ白ちゃんの目の手術は
来週の13日(月)または、7/16(木)に行う予定です。(慎重に状態を見ながらという事になります)

今の目の状態だと常に菌にさらされてしまっている状態で、今の状態が長引くのも良くないのだそうです。
白ちゃんの回復状態が良いので、普通の子猫と同じリスクくらいになったそうです。
とは言っても、目には細かい毛細血管が数多くあり、多くの出血も予想されたり、麻酔から目覚めない可能性もあります。子猫なのでそのリスクもとても高いです。どうか無事手術も乗り切れますように・・・つづく。
[PR]
by tabineko-hanzou | 2015-07-09 20:05 | ♡ My cat family ♡ | Trackback | Comments(12)

高齢猫はんぞうとの暮らし 「はんぞうブーム♪&保護子猫たち④/里親さんの想い」

d0098941_14355043.jpg

        はんぞう の最近のブームは、外から吹いてくる風をこの窓から クンクン する事~♪
 朝起きてからも、ご飯を食べる前も後も、部屋散歩途中でも、寝る前も楽しそうにクンクンしています(笑)


d0098941_14433461.jpg

      ホント、風をクンクンするのが大好きな はんぞう♪ そんな後ろ姿も可愛くて可愛くて~♪
   他の窓が開いていても、この窓が良いらしい(笑)寒い季節になるまで、思う存分クンクンしてね!!


d0098941_14464576.jpg

          はんぞう 「はんちゃん、風クンクンするの大~好き!気持ちいいのニャ~~♪」


d0098941_1449731.jpg



      ~ 瀕死の状態の子猫ちゃんたちの その後④ ~  (保護した時の状況は、こちら →

              前日に引き続き子猫たちの面会へ~ (前日の様子他は →
               ちょうど子猫ちゃんたちを遊ばせてくれているところでした♪♪


d0098941_15394567.jpg

                       6/28(日) 保護から8日目  

     (子猫ちゃんたちを遊ばせてくれているんですね!オモチャも買ってくださって感謝です。)

         白ちゃん、目の痛みのせいかな?元気も無い感じで(穏やかな子なのかも?)
        寝たままネズミさんのオモチャを手でツンツクして遊んでましたた。カワイイの~

目が薄いブルーで、とてもカワイイ子です~ (片目が痛々しいので、写真には写らないようにしています。)
  片目でもこんなに可愛いのだから、怪我をしていなければ、めちゃくちゃ美猫さんだったでしょうね。

                      痛いし、とても怖かっただろうね。
  その恐怖心や心の傷を取り除いてあげられるくらいの深い愛情も、白ちゃんには必要な気がしました。

      白ちゃんの目ですが、やはり治療は難しいそうで、眼球摘出手術をする事になりました。
保護した時は、飛び出した眼球に白い膜のようなものがはっていたのですが、現在は黒く膿んでしまったようになり、ジュクジュクした感じになってしまっています。このような状態が長く続くのも良くないのだそう。
手術は麻酔のリスクもあるので、白ちゃんの体力の回復などを見計らって慎重にという事になりそうです。


d0098941_17275849.jpg

          黒トラちゃんの方は、隣のゲージで広々と遊ばせてもらっていました(写真)
          ボールなんてなくても、ひとりでピョンピョン跳ねてる元気小僧ちゃんです~ 037.gif

前日にも来た私を覚えてくれていたようで、銀みたいに頭スリスリゴンしてきたり、シッポぴ~んってして
「ナデテナデテ」 といってきて甘えてくれました~♪ 先生たちが、遊んだりナデテくれているおかげですね。

   あはっ~可愛い~♪♪ でもすごいオチビちゃんなので心配です。片手のひらに乗れちゃいます!?
   真菌症は、人にも移るので手袋をしたままナデナデをしなくてはいけないのですが、手袋していても
    皮膚のボツボツやザラザラな状態が分るほど、酷い状態で可哀想でした。早く治りますように・・・

          ふたりとも先週末で、また体重が増えたそうです!!すくすく元気に育ってね!


d0098941_1758820.jpg


                          ☆嬉しいご報告☆

子猫ちゃんたちの里親さんが決まりました!私の信頼のおける友人が申し出てくれたのです。
でも友達は、難病や病気を抱えているので甘えて良いものか?負担をかけたくなくてかなり迷いました。

友人は、数年前に長年暮らした猫さんを亡くしています。元々は犬好きで、猫は苦手だった彼女ですが
家に来ていた野良猫さんが、なつき(一生涯、友達にだけしか懐きませんでした)子猫を産んだのを機に
子猫たちの里親を探して、その母猫だった子を引き取り、とても愛し生涯暮らしました。
その猫さんの事は、とてもとても愛していましたが、本来は猫が苦手なんだそうです。
少し前に親戚の猫さんを預かっていたので、どうしても里親さんが見つからなかった場合に、最後の砦として、預かりだけをお願いできればと考えていただけでした。なのに子猫たちの里親になってくれるなんて!

友達の旦那さまが 「先はどうするか別にして、まずは たびねこりんが困っている事を解消してあげる事が必要でしょ。いざという時に助けてあげる存在でいなくちゃ!」と言ってくれたそうです(涙)
なんてありがたいのでしょう。私も友達にとって、そのような存在でありたいです。もっと精進せねば!!

お星様になった猫さん事は、今もとても愛おしいそうですが、一時期は猫欠乏症でまた猫ちゃんと一緒に生活したいとも思ったけれど、病気で面倒見れなくなったらとか、先の事を考え諦めていたのだそうです。
これも縁なのかもしれませんね。先の事はまた改めて相談して決める事にして、引き取りたいそうです。
もちろん友人の闘病が大変になって、育てられなくなってしまったら私が引き取るのは暗黙の了解です。

後は、私の はんぞう が万が一ということになった時が、とても心配なのだそうです。
その時は友達が引き受けてた子猫ちゃんを私に託し、そんな時に少しでも気持ちが癒えたら
側に猫ちゃんが居て、 はんぞう の代行をしてくれたら友達は安心できるそう。
まだ先の話だし、どうなるかわからないけど、そんな想いもあったりするそうです。 007.gif
でも!もちろん、引き取ったらたっぷり愛情注いで育ててくれるそうです。
はんぞう の事に関しては、何と言っていいものか分りませんが、友達の想いに胸がいっぱいになりました。

愛情深い友達なので、子猫たちも幸せになれる事でしょう。以前、里親では失敗した経験もあり
里親詐欺も多いので心配で、慎重に検討しようと思っていましたが、友達なら安心です。
白ちゃんの目の障害もあるのに、「2匹一緒に」と、写真も見ずに決めてくれてとてもありがたかったです。

後は、子猫ちゃんたちに元気になってもらうだけ!!もっと栄養状態も良くなり、皮膚も虫も完治して
白ちゃんの目も手術して回復し、ワクチンも2回済ませ全部部落ち着いて安心できてからが良いかなと?
先生も私も思っています。もちろん、状況次第で変わってくるとは思うのですが・・・ つづく



                     今週末も面会に行って来ます~
[PR]
by tabineko-hanzou | 2015-07-04 09:00 | ♡ My cat family ♡ | Trackback | Comments(6)

高齢猫はんぞうとの暮らし 「お日様が!?&保護子猫たち③/病院の温かさ」

d0098941_1627311.jpg

  あれだけ日当たりの良かったリビングが、春になり お日様 が入らなくなった 前回の悲劇 が再び!?
ベランダだけは、かろうじて日当たりが良かったので、ベランダで日向ぼっこをしてもらっていたのですが・・・


d0098941_1634638.jpg

     6月の様子・・・いつもの定位置で、お日さま待ちをしていた はんぞう でしたが何かが違う!?

  ヒャーーまさかのベランダでさえも、日の当たるスペースが激小!?これで日当たりMAXです~ 008.gif
      可哀想な はんぞう !!そこでお日さま待っていても、永遠に日向ぼっこができない・・・


d0098941_2161547.jpg

         敷物を端ぎりぎりに寄せて、何とか肩の辺りだけに日を当てる事ができました~


d0098941_14314471.jpg

新居の最条件は、 はんぞう の事を考えて日当たり!南向きで、前に大きな建物や日を遮るような物がなかったので当然日当たり良好かと思っていたのですが・・・ベランダのひさしが深すぎて、あれだけ日当たりの良かったリビングが、暖かくなり日が高くなってからは太陽の当たる角度が変わり今のような状態に(涙)

   大きな誤算!? はんぞう には、又しても申し訳ない事を。大好きな日向ぼっこができないなんて~
           その代り直射日光が当たらないので、部屋の中は涼しいのですが・・・


d0098941_143889.jpg

       はんぞう ~得意のドヤ顔になっているような?いつも迷惑ばっかりかけてすまないね。

             この日を境に、すすんで日向ぼっこをしなくなってしまいました~007.gif
     なので調子の良い時は一緒にベランダに出て、抱っこして日に当ててあげるようにしています。



d0098941_14435674.jpg


      ~ 瀕死の状態の子猫ちゃんたちの その後③ ~  (保護した時の状況は、こちら →

             週末にも面会に行って来ました~ 6/27(土) 保護から7日目の様子☆
         前回は元気もあまりなく、まだまだ痛々しい感じでしたが、少し毛もフサフサになり
 ふたりとも、ご飯をモリモリ食べていて体重が、100gづつ増えたそうです!(保護時・白600g、トラ450g)



d0098941_15261210.jpg


          子猫ちゃんたち!こんなに小さいのに、もう性格が出てきているようです!
 白ちゃんの方は、目の痛みとカラスに襲われた恐怖もあるからなのか?大人しくて表情も穏やかな感じ。
 トラちゃんの方が一回りも小さいのに、トラちゃんの胸や腰に顔を埋めて甘えたり寝ていたりしていました。

 トラちゃんの方は、チビっ子なのにめちゃくちゃ元気で、看護師さんも言ってたけれど超~好奇心旺盛!!

          私の事を初めて見て 「怖い~?」 って奥に入ってしまうのだけど
       「でも気になるーーー!!」 って、すぐに前に出てきてしまう(爆)
その繰り返し(笑)怖いよりも気になる方が強いみたいです~オチャメで個性的なカワイ子ちゃんです。 037.gif
そして私が隠れると、と~っても気になるらしく、急いで見に来て、首をかしげて見てる姿が可愛かったです。

    写真では分りずらいですが、体だけではなくて顔もメチャクチャ小さくて、耳と目が大きく感じます。
 子猫の時の はんぞう みたい(笑)顔が逆三角形で小さくて、カマキリ顔でした。はんぞうには、内緒(笑)



d0098941_15504349.jpg

                            現在の治療の様子~

  ☆子猫ちゃんたち、真菌症(カビ/ 人間にも移り、人間から<水虫など>猫にも移ります)とダニで
  全身の皮膚の状態も酷く、皮膚のボツボツとザラザラとただれていて可哀想です。ノミは、駆除済☆
         現在も治療中です。健康状態も良くなり免疫力もあがれば、早く治るそうです。

       ☆お腹に虫さん(コクシジウム)が居たので、来週くらいから治療を開始するそうです。
  (皮膚の薬とお腹の薬両方だと薬漬けになってしまい、子猫なので負担を避けるため様子を見ながら)
  免疫力が弱い、6ヶ月未満の子猫に感染した場合は、色々な症状も引き起こすので注意が必要です。

d0098941_16115451.jpg


土曜日は、子猫たちの入院費と治療代をいったん1週間分の清算をさせて頂くことにしました!
やっぱりドキドキします(汗)2匹分の入院費もあるわけですから!動物病院によって(地域にもよっても)
料金は千差万別です!!新潟市は、(3つの病院しか行ってないが)全体的に料金は、高めでしたし
昔、家の斜め向かいの動物病院に猫を1週間くらい入院させた時は、(膀胱炎)百万円近い請求金額に
思わず「分割に出来ませんか?」と聞いてしまったくらい(当時、世田谷の中でもかなり高い病院だそう・汗)
親に借りるわけにもいかず、高校生が何年もバイトして貯めたお金は、全部吹き飛んでしまいました~~

岐阜の動物病院事情はまだよく分りませんが、かなり良心的な病院でも、色々と計算して
2匹なので入院費も含めると、安くても7万円くらいはいくなぁ~と、ドキドキしていたのですが・・・
先生「子猫たちは保護して頂かなければ、亡くなっていた子たちです。助けて頂いてありがとうございました。」「野良たちなので、1匹分の値段で良いです。」と言って、半額程度の料金しか請求されませんでした。

えーーー!!点滴代とか他にも色々お金がかかっているはずなのに!子供の頃から野良&捨てられた
犬&猫さんをたくさん保護して色々な病院へ連れて行って来ましたが、こんな事は初めてです!?(驚)
しかも今後も出来るだけ安く、1匹分程度の値段で入院もさせてくれるというではありませんか!?
とてもありがたいです(涙)なんて良い先生なの?安いから良い病院、高いから悪い病院というものではないですが、先生のお気持ちも本当にありがたかったです。助かります~感謝。

前回、はんぞうを連れて行った病院ではなく、近所に新しく開業した病院が日曜でも診療してくれていたので子猫たちを連れて行きました。(日曜・祝休みの病院ばかりなので、診療している病院を事前に調べてた)
明細を見た知人が、「間違って値引きしすぎちゃったんじゃないの?」って(笑)
まだ開業したて(開業して2~3ヶ月くらい)なのにやってけるのかな?全体的に値段も良心的でした。
看護師さんが奥様?で、お若いご夫婦お二人で病院をされているようです。
子猫たちも可愛がってもらったり、色々とお世話していただいている様子でした。

開業したてだったので心配でしたが、先生の説明もとてもわかりやすく、今後の治療方針や予定なども色々と説明してくださります。そして、「子猫たちは今、社会性を見につける大切な時期です。野良ちゃんなので人にも慣れさせてあげたいので、いっぱい来て遊んであげてくださいね」と、おっしゃってくださいました!
ご迷惑かと思い、電話も面会もなるべくしないようにしていましたが、先生がそうおっしゃってくださったので
翌日も面会に行ってしまいましたよ(笑) 長くなってしまったので、つづく・・・(嬉しいご報告もあります☆)
[PR]
by tabineko-hanzou | 2015-07-02 19:31 | ♡ My cat family ♡ | Trackback | Comments(10)

高齢猫はんぞうとの暮らし 「穏やかな時間+瀕死状態の子猫たち(続)と母猫の愛」

d0098941_1448118.jpg

               一昨日の はんぞう ~ 気持ちよさそうに寝ています♪

    ここ数日は、時々頭の痛みはあるものの いつもに比べると はんぞう の体調が良いようです。
        久しぶりに訪れた穏やかな時間。 はんぞう が気持ちよさそうにしていると私も幸せ。


d0098941_14485740.jpg

                         今日の はんぞう ~

                 このまま穏やかな時間が長く続きますように・・・


d0098941_14582970.jpg



      ~ 瀕死の状態の子猫ちゃんたちの その後 ~  (保護した時の状況は、こちら →

             日曜日に保護した子猫ちゃんたちに面会に行って来ました!!
         病気の可能性が高いので、院内でも隔離して厳重に管理して頂いているよう。
       野良の受け入れを拒否されたり、嫌がられたりする病院も多いのにありがたいです。


d0098941_1562755.jpg

                    (6/23 保護から3日目~入院中の病院にて)

        わぁ~!回復は難しいかという状況だったのに、お座りも出来るようになりました。
                この小さい体で、あの状態から本当によく頑張りました!

      でもまだまだ健康状態も悪く、痛々しいです。白ちゃんの片目は摘出する事になりそうです。
        傷の深さや程度からして病気ではなく、カラスによるものではないか?との事でした。

   子猫たち、思っていたより小っちゃい!乳歯も少し生えていたので、もう少し大きいかと思ってました。
   生後2週間位かも?白ちゃんの方が手前の子より一回りも大きいです!?銀と はんぞう みたい!!
      白子猫ちゃんの体の方に合わせると、生後3週間位かも?と先生もおっしゃっていました~
            どちらにしてもまだお母さん猫のミルクが必要な大切な時期ですね。

   子猫ちゃんたち、両方とも男の子だそうです!?白ちゃんは勝手に女の子かと思ってました!!
と~っても仲良しな兄弟なんですって~♪ もっと元気になって広いところで走り回れるようになるといいね。

          まだまだ余談は許さない状態です。引き続き見守っていきたいと思います。

d0098941_15403564.jpg


          動物病院から戻ると・・・子猫ちゃんたちのお母さんかと思われる猫さんが
           子猫たちを保護した垣根のすぐ側の塀の上で、たたずんでいました(涙)


d0098941_15344396.jpg

暗いし遠いしで写真では分りづらいと思うのですが、左側の白っぽいのがお母さん猫
子猫ちゃんたちは、すぐ右にある垣根の下で倒れていました。

子猫を保護する少し前に、お母さんかと思われる(おっぱいがはっていた)クリーム色のガリガリの猫が
近くで なすすべもない というような感じで心配そうにウロウロしている様子を上のベランダから見ました。
遠くからでしたが、同じ色した痩せた猫さんなのでお母さん猫で、間違いないと思います。

昨夜の早朝には、子猫を探している声が聞こえました(涙) はんぞう が銀を探していた時と同じ声です。
死に別れも辛いけれど、生き別れも可哀想です。子猫たちの事が心配でたまらないのだと思います。

カラスに襲われた事から、カラスに狙われず雨にも打たれないようにと、お母さんなりに考えて、子猫を加えながら道路を超えて垣根の下に隠して、大切に育てていたのだと思います。胸がとても痛みました。
お母さん猫に「子猫たちは無事だよ!」と伝えてあげに行こうとしたのですが、大雨が降ってきてしまいどこかへ行ってしまいました。深夜も早朝もいるかな?と思って見に行ったのですが、猫さんは居ませんでした。
お母さん猫は、すごいガリガリです。生まれてきて一度でも美味しい物を食べたことがあるのかな?
元気になったら子猫たちに会わせてあげたい!お母さん猫も一緒に保護してあげるのが一番良いのかもしれないのですが、生粋の野良だと仲良くなるまで時間もかかるし、やはり先日も述べたように超高齢さんの
はんぞう への病気の感染も心配です。子供頃の私だったら迷わず保護していると思いますが・・・
(銀は、お母さん猫+子猫×3猫ファミリーで保護) お母さんと子猫を引き離してしまって良いのだろうか?

色々な経験を通して感じたのですが、何が正しくて良い事なのかは分らないし難しいです。
大昔、1匹の子猫を救いたくて保護しました。歩き方が変だったので心配でしたが、動物病院の先生が大丈夫だというので連れて帰った数日後、家の猫たちに病気が感染し旅立ってしまった事がありました。
私の無知さから取り返しのつかない事をしてしまいました。一つの命を救うどころか多くの命が。。。
それからも色々と考えさせられる出来事があり、とても慎重になり、よほどの事が無い限り保護する事はなくなりました。それからは、あれだけ感度の良かった捨て犬猫探知機もあまり感知する事がなくなりました。
心の中でシャッターを閉じてしまったのかもしれないです。多くの命を助ける事も大切だけれど、短命な子が多かったので、1つの命を長くまっとうさせてあげたいと強く思い はんぞう たちと暮らす事にしました。

今は、 はんぞう が最優先!!どうすれば一番良い事なのか今は分らないけれど
子猫ちゃんたちの回復と幸せを願い、お母さんに今度会えたら無事を伝えてあげたいと思います。

昨日は、お母さん猫の気持ちを考えると苦しくて胃も痛くなり夕飯をほとんど残してしまいました!
でも今日は夕飯作る手間がなくなりました!動物の事となるとメンタル弱弱でダメダメな たびねこ です。
                子猫ちゃんたちのその後の様子~ つづく・・・
[PR]
by tabineko-hanzou | 2015-06-24 19:54 | ♡ My cat family ♡ | Trackback | Comments(8)

高齢猫はんぞうとの暮らし 「瀕死状態の子猫たちを保護☆」

d0098941_1157107.jpg

                   昨日の日曜は、 はんぞう と、お家でまったり~♪♪
          最近買ったガーゼケットがお気に入りな様子。ガーゼケットをお布団にして~


d0098941_1221065.jpg

昨日の朝は、雷も鳴りすごい豪雨でした!そんな嵐の中で、子猫の助けを求める声が聞こえるような気がしました。嵐の中で聞こえるはずもないのですが・・・子供の頃から耳が良いのか?想いを感じるのか?数キロ先の聞こえるはずの無い犬や猫の叫びを頼りによく探し当て驚かれていたので、今回も気になりました。

雨も止み、やはり子猫の助けを求めるような声が確かに聞こえます!気のせいではなかった!!
近くの用水路に落ちてたら大変と思い、外へ出て探してみたのですが何処にも見当たらず、声もしません。
家に戻るとやはり声が・・・何度か探すも外に行くと声がしないので分らず。母猫を待って寂しいだけかもしれないし!と思おうとしたのですが、やはり助けを求めている声!1匹ではなくて、2猫さんの声が代わる代わるしているような気もしてきました。時々、1~2回しか泣かないので、声の位置も特定できません。
夕方も気になって探しに行きましたが、やっぱり声がしなくて見つけてあげられずも諦めて、これで最後にしようと思い帰ろうとしたとき、 「ニャー!!」 とお腹の底から思い切り叫ぶ声がしました!!

出来る限りの力を振り絞って叫んだんだと思います。すぐに場所が分り、植込みの所にかけ付けると・・・
雨でびしょ濡れ泥まみれの瀕死の状態で横たわる2匹の子猫!?こんな瀕死の状態の子猫を見るのは初めてだったのでとてもショックでした!1匹の子はもう亡くなっていると思ったら、かすかに足が動きました!
ふたりとも生きてる!!息もほとんどできていない状態で、口パクで時々息をしている状態。
氷のように冷たくて、酷い低体温状態。生きているのが不思議なくらい。白い方の猫ちゃんは
病気なのか?外傷なのか?カラスなどにやられたのか?片目が飛び出してしまっていました。

白い猫?ちゃんと(泥で汚れていたので不確か。クリームかな?)、 はんぞう の子猫時代のような三角の小さなお顔したトラか?黒ぽい子猫です。二人とも栄養状態も悪くて、とても痩せっぽっちでした。
助からない可能性の方が高いのは見て分ったのですが、黒い方の子もお腹の底から思い切り鳴きました!
その力強い声が 「生きたい!」 と聞こえました!とりあえず着の身着のまま、日曜に診療していた病院が近所にあったので病院まで走りました!!起き上がる事はもちろん、顔でさえあげる事もできないくらい衰弱しているので、「先生もかなり厳しい状況だと思います。」とおっしゃっていました。

点滴と、体を温めて頂く処置などをして頂き、そのまま入院になりました。この日が峠だとの事でしたが
あれだけ瀕死の状態だったにも関わらず、力強い声を出した生きる力を信じて回復を願いました。
生まれてから初めて経験する雷と大雨の嵐!?突然の事で身動きも出来ずに怖かっただろうね。
そしてずぶ濡れのままいったい何時間、震えていたのだろう?もっと早く見つけてあげられなくてごめんね。

子猫ちゃんたちは、まだ乳歯が生えてきたばかりなので推定だけれど、生後3週間弱くらいかもしれません。
子猫では登れないような高さの民家の植込みの所に居たので、お母さん猫が大事に隠して育てていたのかもしれません。お母さん心配してるだろうなぁ・・・ ひとりぼっち になってないかな?胸が痛みます。


d0098941_15323731.jpg

     耳がほとんど聞こえないはずの はんぞう も子猫の声が聞こえるのか?時々反応します。


d0098941_15343934.jpg


     夜8時頃に動物病院から電話がありました!驚くくらいの回復力で、体温も正常値まで戻り
    自らお顔をあげる事もできるようになったそうです!!あの状態からすごい!!がんばったね。
             でもまだ肺炎などを起こす可能性もある為、経過を見守るそうです。


d0098941_15373838.jpg

       昨日の はんぞう は、午後からは、快眠快食で気持ちよさそうに寝ていてくれてました♪♪

                 子猫ちゃんが回復し、退院したら問題は山積みです。
はんぞう とは、よほどの事がなければ一緒には暮らせないだろうし、 はんぞう にはこれ以上ストレスをかけたくありません。超高齢&闘病中なので、子猫(しかも2匹・笑)と暮らすのは、難しいと思います。
後、一番心配なのはウイルス系などの病気が移ってしまったら大変!はんぞうは、高齢で負担がかかるため為ワクチンも4年以上打っていません。おまけにステロイド(免疫抑制剤)を飲んでいるので、免疫が無い状態です!病気が移ってしまったら取り返しがつかない事になります。まだ詳しくは聞いていないのですが、子猫ちゃんは、ウイルス系の病気と疥癬(皮膚の病気で移ります)を持っている可能性が高いとの事でした。
(子猫ちゃんたちを保護して帰宅した後は、 はんぞう にすぐにでも会いたいところでしたが、ウイルスが心配なので、 はんぞう に会う前に即行お風呂に入り、着ていた洋服などは塩素系の洗剤で洗濯しました。)

           子猫ちゃんたちを隔離して、狭い部屋に閉じ込めておくのは可愛そうです。
里親さんを頑張って探さなくては!!病気持ちだった場合は、治るまでもしくは動物が居ないお家でないといけないし、白猫ちゃんは片目に障害が残る可能性大なので、かなり厳しくなると思います。
はんぞう が第一優先だけれど、授かった大切な命!子猫たちにも幸せに暮らせるように考えてあげなくてはいけませんね。慎重に考えたいと思います。ひとまずは、子猫ちゃんたちの回復を祈りたいと思います。


d0098941_15525252.jpg

           この数年心身ともにとても辛い想いをしても頑張ってくれている はんぞう ~
                  この穏やかな時間がこれからも多くありますように・・・


d0098941_15525977.jpg

          子猫ちゃんよりも お世話 がいっぱい必要な大きな子猫 はんぞう です~ 035.gif


d0098941_1744086.jpg


                    ☆子猫ちゃんたち、その後の経過☆

先程、電話で様子を確認したところ、元気と食欲も出て必要量を食べれるようになったので点滴も止めているそうです!!しかし痩せ過ぎていて、栄養状態もとても悪く、衰弱度もひどいので、初乳をちゃんと飲めていなかったか?隠れた病気が潜伏している可能性が高く、まだまだ安心はできない状態なので、体力がついて栄養状態が良くなるまでは、出来れば はんぞう への感染も心配なので、様子を見て入院させておいた方がよいそうです。ふたりとも、皮膚病も酷い状態なのだそう!昨日は、必死で気づきませんでした。
今日から皮膚病治療も初めてくれているそうです。力がつかないと、皮膚病も治りずらいのだそうです。

そして、血液検査(白血病やエイズ)は、2ヶ月頃にならないと正確なデーターが取れないのだそうです。
そうだったかも?子猫の事は昔過ぎて忘れてしまってました。しかも今の状態で採血するとストレスにも!
昨日とは違う姿が早く見てみたいです。もっともっと元気にな~れ!!(子猫たちの2日後の様子→

追記☆私の後に動物病院へ来られたファミリー(お母さん&娘ちゃん、息子ちゃん)も、この日に保護したという子猫を連れてきました。(私が保護した子猫たちと同じくらいの大きさの子猫)この子猫は、雨の時には、屋根の下に居たという事で無事だったようです。雨にも濡れなかったので、フワフワして可愛い子猫でした。
ノミがいたものの健康状態も良いそうです。娘ちゃんと息子ちゃんが「新しい家族だよね♪」と、とても嬉しそうに、大切にしている様子が微笑ましかったです。新しい家族と幸せになりますように・・・
[PR]
by tabineko-hanzou | 2015-06-22 18:08 | ♡ My cat family ♡ | Trackback | Comments(10)


ご長寿猫 はんぞう(23才) との暮らし。旅と猫... 旅で出逢った世界の猫たち 路地裏さんぽ~  世界あちこち旅。 旅ごはん&ご当地グルメ☆


by たびねこ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

島ねこ
ヨーロッパの猫
アジアの猫
日本の猫
* クロアチアinアドリア海の島々
* チェコ便り~
ё 韓国食堂
ё(韓国旅・目次)
ё 台湾じかん
ё バングラデシュ 笑顔の旅
ё 素足のアジア
* Greek Islands
* 北の大地から~(北海道)
* 山形の旅
* ふくしま散策~
* 新潟さんぽ~
* 金沢&能登・ 合掌集落の旅
* 東京さんぽ (+近郊)
*焼き物のまち常滑さんぽ~
*愛知さんぽ
*岐阜さんぽ
* 京都ゆらり散歩 **
* ノスタルジック瀬戸内
* 四国散策
* 九州紀行
* 美ら島沖縄
★ カフェ 時間 ★
* かわいい看板 *
* かわいい窓 *
* DOOR *
*カワイイ建築*
雑貨&アンティーク&絵本+Book
+ たび あにまる +
☆旅で出逢ったワン子達☆
掲載&展示他のお知らせ&他
♡ My cat family ♡

タグ

(466)
(361)
(235)
(219)
(95)
(80)
(66)
(66)
(55)
(52)
(52)
(42)
(38)
(38)
(34)
(32)
(9)
(8)
(7)
(7)

+ My cat family×3 +

はんぞう  (23才)
1994年9月東京都内の某神社で出逢う!(生後一ヶ月位)
自称猫好きおばさんに保健所に連れて行かれそうな所を保護。 
世界一愛し、愛されている仲♪

うち子(うっぴん・唯一の姫)
1994年10月26日、東京下町生まれ(1995年1月25日に家族になる)
出会い~母猫&飼主が育児拒否。痩せ、蚤&外耳炎でひどい状態。故ひらめ(前猫)に似ていたのと、見かねて引き取る。
~ 2009.6月30日、旅立ち ~
享年14才8ヶ月

銀志郎(呼び名・銀!ぎんた)
1996年・夏生まれ
田舎の祖母の家の蔵で生まれるが、すぐに祖母が永眠した為、母猫・子猫x3共に保護。
その後、母猫&子猫2匹一緒に里子へ。前猫のタイガーにうり二つの、銀は我が家の一員へ
~ 2014. 5月7日 旅立つ ~
享年 17歳9ヶ月

★ 姉妹ブログ 「猫と出逢う旅

☆ピックアップブロガー☆
↑ 念願叶いました♪

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

☆たびねこ Instagram

     mail →

野良にゃんblog
猫に逢いに行こう♪
猫旅食遊楽記
愛しいきもち
路上のルール
猫とパンクとソラリスと。
野良猫の安全地帯
雲と鮭、あるいは雨季の旅人宿

Photo blog
ほよりんぷーちゃん
blanc[che]
ココロトレール
Camera freaks a GO! GO!
Leave Me Alone

* Link*
アジアのかけら
お散歩ブログ
石垣島インドカレ-食堂 ムンドラ
つばめの武勇伝
田舎で暮らすくつかのコト
えこたび
“美しいぃ”が見えたっちゃ!
幻?の猫:はるみ
COUCOU, c'est moi!
のんたんち
川柳っぽい猫のブログ
おたっしゃくらぶ-高齢ネコの日々

素材やさん『chai*』

~ 日々ブログ ~
*たびねこ*Seaside Life and catx3(休止)


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~


+フジフィルム ウェブ美術館Premium Gallery+
受賞作品の販売して頂いています。

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ

+掲載写真集+

Camera Peopleみんなのまち

+ 掲載誌 +

女子カメラ 2009年 06月号 [雑誌]


女子カメラ 2009年 09月号 [雑誌]


どうぶつたちへのレクイエム


ねこたちのてんごく

フォロー中のブログ

y.h.b-mutter
野良猫写真blog
黒・白/ 色  カメラ
がんばる猫
ココロのふるさと(光のス...
お局のショールーム日記@...
移動探査基地
NORIWORKS + mac
アジアのカケラ
Myanmar Eye
Let it be
めぐみのめ
もずくのきもち
路地裏  ~ Walk ...
☆ねこにはかなわぬ☆
one day
旅空日記(写真家・三井昌...
umi■neko
a stranger i...
猫山細道の雑記帳
またたび日和
無敵の霧子
Lush Life
* Colorful W...
大福日記
miccaの三日三晩
オトメカフェ**cog
子の日窯日記
couleur d'ai...
猫イズム
心はいつも。。。
いい日ゆめ旅
*地球旅行*
金平糖
大地はオレンジのように碧く
旅綴
ちまもの読書日和
ひとりごと
写真日記
ココロのふるさと*モノクローム
くらしのギャラリーちぐさ
ねこさんぽ
travel memo
Yucky's Tape...
おもしろ動物Cafe
オール電化生活!カノンと...
【bin】 世界中がおも...
LIFE IS PEAN...
猫の声がきこえる
田園都市生活
こはるびより。
marcoのほわわんスケッチ
Mawaru:f
ヒビ : マイニチノナン...
feering  自分らしく 
気ままに おひとりさま☆
ねこ旅また旅
konpeitouのかぞ...
ネコと文学と猫ブンガク
いつまでもお洒落でいたいから
サバとタラ
高円寺てげてげ日記…
幸福な時間
わたしのひだりめせかい
猫と出逢う旅 - たびねこ -
続・暮れゆく日々の足跡

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

インスタで知った時にビッ..
by AKI at 10:08
たびねこさん、はじめまし..
by ゆき at 12:33
はんぞうちゃん、旅立たれ..
by sarusaM1 at 20:41

記事ランキング

画像一覧

検索