<   2012年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

壁画村さんぽ③「タルトンネに暮らす可愛い ワンコ 」 清洲 スアムゴル

d0098941_1631152.jpg

 壁画村をお散歩していると、集落のとあるお家から、ハルモニ(おばあちゃん)が階段を降りてきました~
ハルモニを心配そうに見送るワンコ!ハルモニの姿が見えなくなっても見送っている姿が可愛かったです。


d0098941_1631472.jpg

「もう1枚写真撮ってもいい?」と尋ねると、お座りし背筋をピンと張り顔を斜め上に向けてカメラ目線(笑)

         犬ってすごいですね~旅先でワンコさんにこう尋ねると、ほとんどワンコさんがポーズ取ってくれます~♪
          言ってることが分かるんですね~しかも撮り終るまで、ポーズ取ったままの状態で居てくれる子が多くて(笑)



d0098941_1632871.jpg

             つぶらな瞳をしているワンコさん大好きです!ホント可愛い~~~
           「バイバイ~」と大きく手を振ると、身を乗り出して見送ってくれました~♪♪



d0098941_17595814.jpg


d0098941_1632728.jpg

            ワンちゃんのお家の近くに、柿の絵が描かれている壁画がありました!
           ちょうど柿がたわわに実っていて、本物の柿と絵の柿が素敵なコラボ~♪

                       可愛い壁画村さんぽ~ 後編へ つづく ・・・



                                                   ~ スアムゴル / 수암골 清州・壽洞 ~

[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-10-31 18:17 | ☆旅で出逢ったワン子達☆ | Trackback | Comments(12)

可愛い壁画村さんぽ②「不思議な世界へ」 清洲 スアムゴル

d0098941_02547.jpg

           無機質な感じのコンクリートの壁に描かれた絵~ちょっぴり怖い?(笑)
浮き出てるような感じだったので、どうなっているのか触れてみると・・・油絵のような感じになっています!


d0098941_0243494.jpg

                              ワンコさん!
       独特な絵ですが、一人で本格的に写真を撮りに来ている方々に人気があるようでした。



d0098941_0312380.jpg



d0098941_0252747.jpg

      「ぬうぉ~~~~」と出てきたようなたくさんの顔!! こちらも少し不気味な感じもしますが
           上に描かれた絵が可愛らしい絵で、その対照的な感じが面白かったです♪


d0098941_0253395.jpg

      壁画を見て歩くのも楽しいのですが、壁画以外のこんな物さえもアートに見えてしまいます。


d0098941_025395.jpg

     素通りしそうになった私に「この写真撮って~」と相方ちゃんにお願いされて撮った一枚(笑)
             屋根の水はけの排水管も使って描かれた ジャックと豆の木 の絵~


d0098941_0254468.jpg

             タルトンネの壁画村では、スニーカーでさえもアートに早変わり!!


d0098941_0484295.jpg

            スアムゴルには、可愛らしい壁画が多かったのですが (前回の記事 →
                 今回は、不思議系の壁画を集めてみました~ つづく・・・



                                                   ~ スアムゴル / 수암골 清州・壽洞 ~

[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-10-30 00:52 | ё 韓国食堂

秋の韓国旅 タルトンネ~可愛い壁画村さんぽ① 清洲 スアムゴル

d0098941_16505020.jpg

   宿を決めた後は、清州・壽洞(スドン)にある カワイイ壁画の村・スアムゴル へやって来ました~

1950年代初頭の朝鮮戦争で戦禍を逃れやってきた人々により築かれたタルトンネと呼ばれる集落ですが
  低所得者層が集まる高台の集落)、数々のドラマ等のロケ地にもなり人気有名スポットとなりました。

昨年初めて、タルトンネ「釜山アンチャンマウル」・「ソウル梨花洞の路上美術館」を訪れ、すっかりタルトンネ
  の壁画アートに魅せられてしまいました。スアムゴルも数年前から訪れてみたかったタルトンネでした。


d0098941_16505163.jpg

                   電柱によじ登る女の子の姿が、カワイイ~~♪

しかし、日曜日という事もあってか人気観光地並みの人の数で、壁画の写真を撮るのもままらない感じです!すごい人気なんだなぁ~
集落に入ってすぐに目に入ったこの壁画が可愛くて、写真を撮りたいと思い待つも中々写真を撮る人が途切れず、ようやく途切れたと
思ったら・・・私のアピール不足もあってか?絵の前で携帯で話す人、化粧直しを始める人など(爆)韓国の人達のように「少しどいてもらってもいいですか?」などとは決して言えない私は(笑)諦めて他から周ろうとした時、その様子を見ていたアジョシ(オジチャン)が怒り気味で
「さっきからずーっと待ってるのに!さっさとどいてあげなさい!」っと言ってくださり(汗) ← 後でゆっくり撮るから良いのに・・・ ハハハ
緊張感走る中、即効で撮った写真です!アジョシ、私をずーっと心配そうに見てたのは気付いていたけど(笑) カムサハムニダー~



d0098941_191706.jpg


d0098941_19173770.jpg

                   清洲の街は、思っていたよりも都会でした!
   高台の集落から見下ろす街並みは、ソウルのタルトンネから見た風景にも似ています。集落には
小さな畑もいくつか見られ、他のタルトンネ同様に家庭菜園などで自給自足をされいる家が多かったです。


d0098941_19241583.jpg

                           ピアノ階段~♪♪♪


d0098941_1927113.jpg

         壁画を見るのも楽しいのですが、私の好きな干し物風景が見れるのも嬉しい~♪


d0098941_19271453.jpg

           集落の小さな路地裏を入っただけで、感じられる生活感も好きなのです。


d0098941_19272651.jpg

          ここにも干し物が~♪ このような風情のある雰囲気もタルトンネの魅力です。
                 瓦や縁もペイントされていて、花柄模様も可愛らしい!


d0098941_1937680.jpg



d0098941_1939457.jpg

                      大きな翼を持ったイエス様みたい!
   大きな翼に包まれ心おだやかに眠りたくもあり・・・自分も翼を持って大空を飛んでみたいような(笑)


d0098941_19392040.jpg

         トイレに描かれた壁画~ 観光地なので、しっかりトイレも完備されていました!
                大きな駐車場も2ヶ所もあり、タルトンネとは思えません。


d0098941_19465251.jpg

   観光地化はしていますが、こんなほっこりとするような蔦に覆われた可愛いらしいお家があったり・・・
        1970年代の風景が今もなお残っており、タルトンネの郷愁を感じることが出来ます。


d0098941_19554263.jpg

                         畑の向こうにも緑が~~~


d0098941_19554967.jpg

              美味しそうな葉物ですね~ 葉物に色々包んで食べたい(笑)
                    葉物野菜の向こうにも壁画が見えます~♪


d0098941_19555667.jpg

                         雲がカワイイ~~~

     夕方に近い時間にも関わらず、暑い!! 朝は寒かったのですが、日が出ると真夏並みの暑さに(驚) 本当に10月?
普段あまり汗をかかないのに、汗がーーーー!?他の国や島では豪雨や嵐に見舞われる事もまれではないのに、韓国では、毎回晴天
に恵まれいつも季節外れの日焼けをしてしまいます(笑)(過去1回だけ全州から釜山へ帰るバスの中で豪雨に見舞われた時のみです)



d0098941_195646.jpg

大ヒットドラマ「製パン王 キムタック」に登場したパルボンベーカリーの建物(中には台本等もありました)の
斜め向かいの集落に入る路地の所にある商店で、パンフレットがもらえます(日本語も有)写真壁画が目印

この地で40年近く商店を営むお父さんは、80才近いお年だそう!お父さんは、商店の向かいの円台でくつろぐハルモニ(おばあちゃん)達に「日本から来たんだよ!」と皆に伝え、来る人来る人にも伝えてます(笑)
「うわぁ~ずいぶん遠くから来たんだね~」などという声も聞こえてきました。少し気恥ずかしかったです。


d0098941_19561112.jpg

                      タルトンネ集落の絵地図~♪

   可愛らしい絵がたくさんあり、かなりテンション上がりながらの楽しいお散歩(笑) まだまだ 続き ます~


                                                     ~ スアムゴル / 수암골 清州・壽洞 ~

[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-10-26 22:31 | ё 韓国食堂 | Trackback | Comments(15)

秋の韓国旅・清洲&ソウル 「清洲へ~」

d0098941_11314921.jpg

                    スマ~イル♪ くるくるのアイアンの影が揺れていて、可愛かったなぁ~



                                            ~ 壁画の村・スアムゴル(수암골)より ~ 清洲






d0098941_154318100.jpg



     今回の出発は初の新潟空港~! 今までは、メインで成田・羽田空港を利用していました。
他には、関空(当時、成田からのベトナム行き直行便が無く利用&イタリア帰国時のみ利用)、福岡空港(韓国・済州島)を利用した事があります。福岡空港は、国際線と国内線ターミナルが分かれていたのですが、新潟空港は両方一緒でした!? 小さくて可愛らしい空港です。
迷う事もありませんね(笑)初の空港なので、早朝に起きて張り切って搭乗の3時間位前に到着したのですが、ほとんど人が居ない!国際線もこの日は2便(中国行きと、ソウル行きのみ)しかなかったので、並びもせずにスムーズにチェックイン!さぁ~次は手荷物検査場へと思ったら・・・開いてない(爆)30分前くらいにならないと開かないらしい(驚)そんなに直前でいいんだぁ(笑)地方の小さい空港は、ゆる~くていいですね!開いても誰もすぐに並ばないし、帰国時も空いていて並んだり混雑とは無縁!ストレスフリーな空港で楽ちん快適でした♪




d0098941_15193117.jpg



今回もう1つの初めては、KOREAN AIR / 大韓航空の飛行機!渡韓多数にも関わらず初利用です~
福岡時代は主に高速船を利用、ANAカードを持っているので、スターアライアンス メイン でマイルを貯めており、ANAやアシアナを利用する事が多かったのです。KOREAN AIRのスカイチームは、エールフランスカードを持ちよく利用していましたが、最近はヨーロッパへ飛ぶことも少なくなりあまり利用しなくなりました。
航空券も高かったし、昔事故が多いイメージもあったので。実は、韓国のほとんどを一緒に旅している相方ちゃんの旅好きだったお祖母ちゃまが、大韓航空機爆破事故で亡くなられているので、何となく二人の間の暗黙の了解みたいなとこも。 離陸するまでは二人ともドキドキでしたが、いつの間にか忘れていました~



d0098941_15403125.jpg



仁川空港へ到着~色々と行きたい場所(郷土料理を食べに行きたい土地)があるのですが、今回は弾丸
の旅!江原道(まだ2回しか訪れた事がない)と清洲で迷ったのですが、少しでもソウルから近い清洲へ~

今回も時間節約の為、仁川空港から直接向かいます!清洲(チョンジュ・ Cheongju) は、ビビンバの故郷でもあり有名な観光地の全州(チョンジュ・Jeonju)と似ている発音の地名!清州行きのバスのチケットを購入する際に「忠清北道 (チュンチョンブクド 충청북도) 清洲 」と言って、念の為メモも見せて買いました(笑)
訪れていないのは、残すところ忠清南道/チュンチョンナムドのみとなりました(済州島を含め、9つの道があります)


d0098941_1658890.jpg

          空港到着後、ほとんど待ち時間もなくバスに乗る事が出来ました~出発!
         しばらくすると車内にはお決まりの?トロット(演歌)が流れはじめました(笑)
  珍しく全く渋滞も無く、2時間程度で清洲へ到着~今回は、サービスエリア休憩が無くて少し残念(笑)



d0098941_18595728.jpg



清洲市外バスターミナルに到着~翌日は、朝早くにソウルに向かう予定なので、高速バスターミナル付近で宿探し!ネット予約できるホテルだと6千円~7千円代と高かったので、現地で探すことにしました!だって今回のソウルのホテルは、5200円(一人2600円)で予約したので、地方でソウルより高いホテルは嫌(笑)

高速バスターミナルの近くには、観光ホテルも数件ありモーテルもたくさんあります!久々のモーテル探し~
どのモーテルにしようか?しばし周辺を歩いて物色・・・どのモーテルも比較的綺麗で清潔な感じでした☆
その中でも外観もピカピカのモーテルで、空き部屋と値段を聞いてみることに・・・18時にならないと空室がないそうなのですが、値段は、4千w(約2800円・一人1400円)と地方のモーテルにしては少し高めですが、ピカピカなのと他のモーテルはまだ閑散としているにも関わらず、このモーテルだけ頻繁にお客さんが訪ねてくるので決めました!とはいうものの荷物どうしよう?以前は韓国もバックパックで行ってたので困りませんでしたが、現在は韓国コスメに食材などを買うようになり荷物も多くなるのでソフトキャリーです・・・
モーテルで荷物預かりなんて聞いたことないですが(爆)試しに聞いてみると快く預かって頂けることに!
しかも次の窓口担当者に分かるように、領収書にハングルでその旨を書いてくださって!言ってる事はだいたい分かるのですが、交渉にも思うように韓国語が出てこなくて片言の変な韓国語と身振り手振りにも関わらずとても優しくして頂きました。窓口のアジュモニ、オーナさん?のアジョシ、本当にありがとうございます。


d0098941_16581589.jpg

 STING HOTEL  地図) ← だいたいの場所です。清州ニューベラ観光ホテルの裏手、百済観光ホテルの並びにあります。

   いかにもモーテル!みたいなビラビラもついていないし、ブティックホテルのような雰囲気です。
  ただ夜帰ってきたら、外観に流れ星のようなものがピカピカ派手に流れまくっていて驚きました(笑)

以前も韓国のモーテルについては書きましたが、韓国の宿泊事情をご存知でない方は驚かれるかと思うので再度書いておきます(笑)
日本だとモーテル=ラブホですが、韓国では旅行や出張などの宿泊施設としても利用されており、男性一人、女性同士、グループの旅行客も時々見かけます。この日も男性お一人宿泊(観光客)が多かったです。韓国の地方の観光ホテルは、立地が悪く、古い、汚い、高いという値段に見合わないホテルも多いので、綺麗で格安なモーテルは、とても便利です。弾丸旅でまさに寝るだけの私達にはぴったり!
私の旅は、国問わず安宿が多いので特定の方にしか参考にならないと思いますが、そういえば昔(まだ旅にも興味がなく旅人ではなかった頃、初のアジア&ソウル旅の時、全部手配も友人に任せていたのでソウル1高い高級ホテル(当時?)に宿泊した事もありましたっけ(笑)



d0098941_16582164.jpg


あまりホテルレポはしないのですが、清洲の宿についての情報があまりないので参考の為に~
外観と同じくお部屋もピカピカで新しくて清潔でした。ソファースペースもあり、デスクにはパソコンも!
浴室も綺麗で清潔!お湯の出も問題なかったです。部屋の窓も開くし、値段通りに良いお部屋でした。
何と言っても高速バスターミナルから近いのがとても便利!!近くにはロッテマート(高速バスターミナル横)
もあり、書店やソウルにあるようなチェーン店カフェやお食事処なども多く便利で快適です。意外と都会(驚)


d0098941_16582727.jpg

無料の飲み物も充実していました。トルハルバンの石のおじいさん(済州島の守り神)懐かしい~
中央)済州島のオレンジュースです♪他にも缶コーヒやミネラルウォーター2本、ポットがあるので温かい飲み物も飲めます(コーヒー&お茶)右の缶は、絵柄が可愛いのでロッテマートで買ったマッコリカクテル?です。
韓国では絶対に豆乳を買って飲むのですが、ソウルの宿共に飲み物が充実していて飲むのを忘れた 007.gif


                    スアムゴル・可愛い壁画の村 タルトンネ さんぽ ** へ つづく・・・



                                                                 ~ 清洲 韓国 ~

[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-10-24 21:13 | ё 韓国食堂 | Trackback | Comments(11)

粟島さんぽ~ @新潟県 粟島浦村

d0098941_19583397.jpg

    新潟県には、佐渡島の他にもう1つ粟島(新潟県の北・山形との県境の方)という島があります。
            冬(もの凄い荒波になります)になる前に、粟島へ行って来ました!



d0098941_204684.jpg


 行きは、時間の関係もあり始発の高速船に乗船しました!冬前とはいえ、夏にこの辺りを訪れた時の静かな海とは全然違う海!?
波も少し高く、うねりもあり船は揺れて時折大きな波しぶきを浴び、船が飛んだりもしたのでジェットコースターに乗っているようでした(笑)




d0098941_20185266.jpg



                           あわしま さんぽ **


d0098941_20204073.jpg

                       粟島には、2つの集落があります。
             小さい島なのですが、2つの集落では言語・翌俗も違うのだそう。


d0098941_20204998.jpg

            古いけれど素敵な蔵! 蔵の前の斜めになった煙突?がカワイイ。


d0098941_20205032.jpg

                   集落の所々に鉄が敷かれた小路がありました!
                          コスモス~ もう秋ですね。。



d0098941_2031155.jpg


d0098941_20324852.jpg

                      粟島の名物「わっぱ煮」を食べよう~♪


d0098941_20334169.jpg

         粟島の郷土料理 わっぱ煮 が運ばれてきました~ グツグツと煮たっています!
  (わっぱの器に焼いたタイなどの魚を入れ自家製味噌、湯を注ぎ仕上げに石を放り込んだ漁師料理)


d0098941_20334759.jpg

               魚の切り身とネギだけというシンプルなもの!体が温まります。



d0098941_20335478.jpg


          相方ちゃんは、わっぱ煮定食にしたので小鉢とイカ刺もついていました!
     イカは今朝、お店のお母さんが「釣ってきたの」と、嬉しそうにお話されていました。すごい♪



d0098941_20335991.jpg

    あはは~カワイイ!神社の高台の方にあったそうです。( ↑ 相方ちゃんの写真もらいました・笑)




d0098941_20573338.jpg



       島といえば「島猫」さんたちに逢えるのも楽しみの1つなのですが・・・ ・・・ ・・・
     猫が少くなっ!1つの集落で6匹、もう1つの集落では3匹しか出逢えませんでした!!
    出逢うといった感じではなく、ほとんどが遠くから見かけただけという方が正確でしょうね~
    極度の怖がりさんが多く、人の気配がするだけで一目散に逃げていくのを目にしました(驚)
その逃げようは、猫ってこんなに早く走れるんだ!と驚くくらい!?チーターのよう!長い猫人生ですが
初めて見ました! 042.gif 島好きなので、海外国内問わず多くの島を訪れてきましたが初めての感じ(涙)


d0098941_20575888.jpg

恐らく目が合っただけでも、逃げていく子が多いと思われ。3才の頃から猫と接してきた私でも時間をかなり
 かけないと難しいと思います。怖がらせてはいけないので遠くからそっと1枚だけ撮らせてもらいました!


d0098941_20575636.jpg

                唯一、挨拶をしたら「ニャ~」と挨拶してくれた猫ちゃん~♪
       でもこの子も、他の人の気配がするとビクビク!一目散に隠れたりしていました。

                   突然、福岡の猫島の事が懐かしく思い出され行きたくなってしまいました。



d0098941_20582465.jpg



            猫さんとの交流は諦め、こうなったら私の好きな「干し物」さんぽ~(笑)


d0098941_21495955.jpg

                島のあちこちに、小豆 や いんげん豆が干してありました。


d0098941_2150650.jpg

                      玉葱の干し方もさまざまで楽しい~♪


d0098941_21501239.jpg

                      風情ある民家が立ち並んでいます。


d0098941_21501868.jpg

               午後2時過ぎると、集落では一人として人を見かけません!?
    まるでシエスタ中のよう・・・人気もなくひっそりとしていて、不思議な空間へ迷い込んだようです。
  民宿がたくさんあったので、夏場は海水浴客や家族連れなどで賑わっているのかもしれないですね~


d0098941_21502320.jpg

               島だけに、色々な干し物風景が垣間見れて嬉しかったです。



d0098941_21505387.jpg


                 帰りは、最終のフェリーに乗り粟島を後にしました~




                                                   ~ 新潟県 粟島浦村 ~
[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-10-22 22:05 | * 新潟さんぽ~ | Trackback | Comments(10)

ご当地B級グルメ!長岡レーメン & 醸造の街・摂田屋レトロ散歩~

d0098941_2152838.jpg

「新潟の夏を楽しもう~♪」の〆として、食べてみたかった長岡のご当地ぐるめ レーメン を食べて来ました~
「ケンミンSHOW」で見て気になってたんです!レーメン?長岡が地元の人達に聞くと皆よく知ってました!
(ケンミンSHOW、福岡から新潟へ転勤に!来週からは新潟編~県民の方しか知らないような事がまだまだいっぱいありそうで楽しみ♪)

      レーメンといっても韓国の冷麺とは違い冷やし中華に近い感じで、お味の方はというと
          冷やし中華の麵と違って、コシもあって美味しくてボリュームもありました!!



d0098941_21521717.jpg


       もう1つ変っている事は、レーメンはケーキ屋さんで出されているという事です!?
          ケーキ屋さんで、レーメンを食べる!中々面白いですよね~♪ (夏期限定)

  チャシューの下に隠れていた、自家製マヨネーズがなめらかで美味しい~!マヨだくも出来るそうです♪
  レーメンいいですね~長岡に夏来ることがあれば、又食べたいです!他のお店と食べ比べも良いな~
  真夏は観光客も含め行列も出来るそうですが、お客さんもエプロンしたまま来た近所のお母さん達とか
  地元の方ばかりでした!長岡の方達にとっては慣れ親しんだ身近な食べ物で夏の風物詩なのですね。
   お一人様率も高かったです!特に女性!ケーキ屋さんなので女性でも気軽に入れて良いですね。
    男性お一人様も、ラーメン屋さんに入ってくるような感じで注文し、食べている方が多かったです。


d0098941_15323768.jpg美松
Tel 0258-36-0852 / 住所 新潟県 長岡市 大手通1-4-12 都屋ビル1F(長岡駅近く)
営業時間 ショップ10時~20時 / カフェ 10時00分~19時30分
☆レーメンは、11時~19時まで(19時L/O・夏期)


d0098941_21522336.jpg

            ケーキ屋さんの近くにあった、レトロな絵柄のシャッターが可愛らしい


d0098941_15571893.jpg

            夏の終わりに レーメン が食べれて、新潟で夏にしたかった事のほとんどが叶いました~
              長岡の花火大会・海辺での夕日コンサート・冷やしタレかつ丼&十日町で へぎ蕎麦 を食べる!
     津南町の満開のヒマワリ畑大地の芸術祭笹川流れの岩牡蠣を食す!などなど、新潟の夏の素敵な想い出ができました。

           秋にも色々と行ってみたい場所があるので、そろそろ始動しないと!あっという間に冬が来てしまう(汗)
     夏だったのに、韓国から帰ってきたら一気に寒くなっていて驚きました!?敷物を変えて、毛布も出しました!寒いよ~(笑)


       せっかく長岡市まで来たのだもの、レーメンだけ食べてこのまま帰るのは惜しい!!
             新潟市(下越地方)から長岡市(中越)は、少し遠いので頻繁には来れません。

長岡にレトロな建物が残る場所があるというのを地元の方のブログで知ったのですが、何処にあるのやら?
 とりあえず情報を得ようと、近くの観光案内所でパンフレットを探すと・・・あった~♪ これに間違いない!
    醸造&有形登録文化財や歴史的建造物が多く残る街「摂田屋」をお散歩する事にしました~



d0098941_17231895.jpg



                       「醸造の町 摂田屋さんぽ~」

     摂田屋地区は、味噌・醤油・酒の醸造所が集まった醸造の町として知られているそうです。


d0098941_1733862.jpg

               手造り味噌の星六 歴史が感じられる素敵な看板ですね~

   化学農薬不使用の国産大豆と米・粗塩を使った古式味噌造りを手掛け、マンガ「美味しんぼ」でも
     紹介された事で有名なお店なのだそうです。星六さんのお味噌も使ってみたくなりました♪
             (奥にある土倉は、国指定の有形登録文化財に指定されています)


d0098941_18343051.jpg

d0098941_185519.jpg

               明治20年創業の サフラン酒本舗 の看板もレトロで素敵~


d0098941_18144786.jpg

            サフラン酒(薬草酒)は、かつて養命酒と勢力を二分していました!
 その時の財で、蔵全体を鏝絵(こてえ)で装飾されたサフラン酒業の店舗と豪邸をつくりあげたのだそう。


d0098941_18232676.jpg

           鏝絵が見事に描かれたこの蔵も有形登録文化財に指定されています。


d0098941_18234010.jpg

  鏝絵は、東洋のフレスコ画と呼ばれていただけあって、描かれた十二支の動物などやレリーフも見事!


d0098941_18234341.jpg

                    当時は、希少で贅沢なアートだったそうです!
               機那サフラン酒の製造販売で、富をなした証でもありますね。


d0098941_18352058.jpg


d0098941_18374590.jpg

                            星野本店

   弘化3年創業の伝統、醤油・味噌の製造で全国的に高い評価を受けている事で知られている。
   (ギャラリーとしても活用されている三階蔵が、国指定の有形登録文化財に指定されています)

           地元の方々が、味噌を買い求めに来られていました。気になります(笑)


d0098941_18474757.jpg

            星野本店さんの敷地内?にあった家屋が、いい味出していました~


d0098941_18475545.jpg

                トタンの部分の色が微妙に変化している所がカワイイ!



d0098941_18565649.jpg



d0098941_18571050.jpg

                             越のむらさき

                    ナント、創業天保2年に始まった醤油造り!
  煉瓦の煙突の看板が素敵☆ かつては、石炭を燃やしていて煙突からは黒い煙をはいていたそうです。



d0098941_18572317.jpg


        お店は歴史が感じられる建物で、お地蔵様が座しておられたり、脇には竹駒稲荷
     隣には三国街道が通っていて、素敵な景観です。店の前には大きな樽も置いてありました!
 中越地震で一部被害を受けたそうですが、お地蔵様と竹駒稲荷のお加護で大きな被害が無かったそう。


d0098941_18572992.jpg

   お店のお姉さんが話しかけてくれて、色々説明をしてくださったり、パンフレットなどを頂きました!
  せっかくなので、お醤油を買って帰る事に~ミニサイズの物は卓上の醤油さしみたいで可愛いです。

「越香」新潟県産の丸大豆を使用した天然醸造こいくち丸大豆醤油とお店定番の人気商品「越のむらさき」
かつおの厚切りをたっぷり使った「八方つゆ」を買いました。越のむらさきは、新潟のスーパーでも買えるのですが、ミニサイズは初めて見たので味比べに良いかなと!お姉さんの事務服もレトロで可愛かったです♪

他にも歴史ある醸造所がいくつかあるのですが、時間が足りず今回はこれにておしまい。ノスタルジー漂う酒造の建物には、雪景色の方が
より似合うと思いました。かつてこの辺りの地域には、多くの蔵などもあったそうなのですが、維持管理の難しさから取り壊されてしまったり、中越地震で破損してしまったのだそう。維持していくのは大変だと思いますが、歴史ある建物群がこれからも残されていくと良いです。


                                                         ~ 新潟県 長岡市 摂田屋地区 ~





d0098941_19532537.jpg



d0098941_19534322.jpg

 サフラン酒が今も買えるのか分からなかったのですが 越のむらさき のお姉さんが、川新酒屋で買えると
  教えてくれたので買ってきました~ (新潟5大ラーメンの生姜醤油ラーメンで有名な 青島食堂 さんの近くにあります)

 子供の頃から薬草酒系大好きなので、飲むのが楽しみ♪ 手足が寒くて眠れない夜などに飲んでみよう~
                鞆の浦(広島県福山市)の 保命酒 も美味しかったなぁ・・・




d0098941_21504738.jpg



                ~ 番外 ~ 岩の原ワインの 「ももワイン」 を見つけました♪

d0098941_1954024.jpg

          2012年の今年収穫した、新潟県産の桃100%でつくられたワインです♪

岩の原葡萄園のワイナリーへ行ってみたいのですが、上越にあるので遠くて...上越地方は、未開拓です!
 このワイナリーでしか飲めない発酵途中のワイン「ペルレ」が飲みたい~ (毎年、仕込が始まる8月~10月下旬)
[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-10-19 22:43 | * 新潟さんぽ~ | Trackback | Comments(14)

アドリア海に浮かぶ町で・・・「路地裏の可愛い風景」 @クロアチア プリモシュテン 

d0098941_2183490.jpg

          アドリア海に突き出たような半島にある、この小さな田舎町の路地裏にも可愛い風景がいっぱい~


d0098941_212192.jpg


              日も暮れかけてきました!次の町へ行くバスが到着し プリモシュテン の町を後にする時が・・・
          時が止まってしまったような可愛い街~ 急ぎ足でお散歩するには、本当に惜しい素敵な街でした。 つづく

 


                                                            ~ Primošten Croatia ~

[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-10-18 22:17 | * クロアチアinアドリア海の島々

大地の芸術祭 「古民家アート巡り~/伊沢和紙を育てる」 松代エリア③

d0098941_22374228.jpg

                       D254 伊沢和紙を育てる



d0098941_22591141.jpg


   作家と職人が協働し、技法の開発から始まった伊沢創作和紙を用い、里山の四季から感じた形や
       色彩を表現した作品を、松代の犬伏集落にある古民家の空家に展示されています。



d0098941_22374816.jpg

                     廃線が丸見えのままの感じ好きです~♪




d0098941_2258971.jpg



d0098941_2312659.jpg

   二階へ上がると・・・ブラブラぶら下がった植物が、風に揺れている不思議な空間がありました~
      このぶら下がったものは、和紙の原料の楮の木なのだそうです!なんだか癒されます。
               別の空間では、和紙を通した温かい灯りがともっています。


d0098941_23183768.jpg

                       和紙に包まれたようなお部屋


d0098941_0225340.jpg

                          ひゃぁ~かわいい~♪
      障子といえば、無色無地の物しかほとんど見た事がなかったので、見とれてしまいました。


d0098941_023429.jpg

                   色や柄が入った和紙も可愛らしくて素敵ですね~
              こちらの障子は、孟地小学校の小学生達と一緒に作られた物で
           子供達が漉いた和紙に「妻有の夏」をイメージして色付をされたそうです。


d0098941_026422.jpg

 レースが好きなのですが(アンティークレースや生成りの物)、和紙ではなくてレースのようにも見えます。
        レース好きな方は、実際に見ると私と同様に心が踊ってしまうかもしれません(笑)


d0098941_0252081.jpg

            和紙の模様が1枚1枚異なり、本当に素敵で見ていて飽きません。


d0098941_0252456.jpg

             私のブログを見て下さっている方は、お気づきだと思いますが
           窓&窓枠も大好きなので、この木枠にも魅せられてしまいました~♪


d0098941_0254033.jpg

        古民家の中で、色々な和紙を使って表現されていてとても素敵な空間でした。


d0098941_0254264.jpg

      津南町の ヒマワリ畑 から始まった大地の芸術祭のアート巡りですが、これにておしまい。
  炎天下の中メチャクチャ暑かったですが、本当に楽しかったです!又3年後に見に行けるとイイナぁ~



                   大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2012 ~ 松代エリア ~



d0098941_15532983.jpg



「大地の芸術祭」他の記事はこちら ↓ (4回に渡って訪れました~)


d0098941_1542141.jpg里山アート巡り~」  津南エリア ①
d0098941_1552146.jpg里山アート巡り~ レース越しの夕焼け空・・・」 津南エリア ②

d0098941_15111131.jpgうぶすなの家 と 里山の中の異空間」 十日町エリア ①
d0098941_15144461.jpg廃校リノベーションカフェ & 絵本と木の実の美術館」 十日町エリア ②

d0098941_1521839.jpg里山アートぐるり」 川西 & 中里エリア

d0098941_15251221.jpg見えない村を目印にして」 津南エリア ③
d0098941_15264683.jpg廃工場を利用したアート」 津南エリア ④

d0098941_15373516.jpg最後の教室 & 上鰕池名画館」 松之山エリア ①
d0098941_1539257.jpg古民家アート巡り~」 松之山エリア ②

d0098941_15454239.jpg 「影祭り他~」 十日町(市街地)③ &d0098941_1548652.jpg 松代エリア(農舞台)①

d0098941_15503183.jpg古民家アート巡り~」 松代エリア②
d0098941_15553449.jpg大地の芸術祭(最終章) 「古民家アート巡り~/伊沢和紙を育てる」  松代エリア ③

[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-10-17 17:33 | * 新潟さんぽ~ | Trackback | Comments(6)

大地の芸術祭 松代エリア②「古民家アート巡り~」

d0098941_1616410.jpg

                    D256~264 蓬平いけばなの家


d0098941_1616978.jpg

          古民家内、屋外にもたくさんの独創的な生け花アート他が見られました。



d0098941_16161649.jpg


                       大地の芸術祭で、古民家を再生したアートにはまってしまい
                       十日町(市街地)のアートを見た後は、松代エリアでも古民家アートを巡りました~♪



d0098941_16571181.jpg




d0098941_16574373.jpg

     左) D047 人 自然に再び入る (田園の中で、葉に覆われた巨人が一体化していました!)

     右) D255 養蚕プロジェクト 光をつむぐ 祈りをつなぐ (繭から糸をつむぐ 体験型の作品)




d0098941_17205089.jpg




d0098941_17223996.jpg

                  D209 静寂あるいは喧騒の中で

山奥の空家に、家に残された物や光と音を用い、集合的記憶を想起させるような空間をインスタレーション
外に設置されていたステンレスの板は、景色を写しながら風で回り、作品のから出ていた大きな音は、古民家の外まで聞こえてきました。




d0098941_1883229.jpg


d0098941_18104523.jpg

                       D134 BankART 妻有

横浜を拠点に都市部再生プロジェクトを手がける BankART が空家の再生を、建築ユニット「みかんぐみ」
に依頼。さまざまなアーティストが関わりながら、桐山の家「BankART 妻有」を完成させていくプロジェクト。



d0098941_18105242.jpg


    各部屋や共用スペースのような場所に色々な作品がありました!ゲストハウスのような雰囲気。
       蛍光灯の文字の「田中」!田中さんの知り合いが多いので、何故か気になる作品(笑)

麦茶をすすめて下さり頂きました~お腹が満たされる!実は、この日の古民家巡りをしている周辺には食事できるような店やコンビニ、自販機などもあるような場所ではなかった為、猛暑の中お昼も食べずに周っていたのです! 持参した水筒2本の飲み物も底をついていたので、救われました(笑) ありがとうございます。



d0098941_1891997.jpg


                          D266 ブランコの家

    この古民家にかつて住んでいた姉妹の話から、草履やブランコ、そしてこれまで制作してきた
     おもちゃの動物、蓬平集落で用いた笠などを配し、作家が訪問者の立場から構想した作品。


d0098941_18404297.jpg



       大きなブランコの後ろには、3台の小さなブランコが揺れています。人の姿はないのに
  ブランコ も ミシン を踏む草履もモータで自動で動いているので、不思議な空間をかもし出しています。


d0098941_18404688.jpg

                   和洋様々な絵や物が壁に塗り込められていました。
               やはり一番印象に残ったのは、この ブランコ に乗っている絵。
 



d0098941_1894350.jpg



d0098941_1943280.jpg


          松代エリアの古民家巡りをしている時の通りがかりで、出合った廃バス~♪
          雪国ならでは?家の近所で見かける廃バス同様に屋根がついていました!
     カーテンなどもついていたり、玄関のような場所もあったので現役で使われているようです。



d0098941_1910529.jpg




           D105 儀明劇場 倉 & D269 儀明劇場 花として 「1と1000の器」



d0098941_1944061.jpg

  空き家には、赤い桟橋が付けられ劇場として甦らせた作品です。橋の先は眺めが良さそうでした!
度重なる地震・豪雨・豪雪の影響で補修・整備の領域を超えてしまい、こちらの作品は、本年(2012年)を
もって解体されてしまうそう。豪雪地帯で、古民家を維持されていくのは、とても大変な事だったと思います。
儀明劇場の最後を飾るために作られた土で出来た花と、赤い桟橋(写真は撮っていない)が印象的でした。



d0098941_1932610.jpg


         大地の芸術祭(最終章)は、松代エリアの古民家アートの中でとても心が躍ったアート作品へ つづく ・・・

                   大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2012 ~ 松代エリア ~

[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-10-15 19:44 | * 新潟さんぽ~

大地の芸術祭 「影祭り他~」 十日町(市街地)③ & 松代エリア(農舞台)①

d0098941_15134474.jpg

                           T241 影祭

        越後妻有の物や地元の人たちの影を壁や床に写し取り、黒い塗料で塗りつぶし
                実像から切り離された影が主役となり踊り出す作品。


d0098941_15135789.jpg

「大地の芸術祭2012」今回で4度目(最終章)!里山アート巡り~前日は、津南エリアから始まりましたが
            十日町の商店街の空き家の中に作られたアートを見に行きました~♪


d0098941_15135850.jpg

                  作られた影と本物の影を見分けるのも面白い!


d0098941_15141497.jpg

                        影が今にも動き出しそうです~


d0098941_15141817.jpg

               このアートも見たかったものなので、楽しみにしていました!


d0098941_15143143.jpg

                      絵の中にも物語がありそうですね。。。


d0098941_1653181.jpg


d0098941_1515097.jpg

                   商店街を抜けて、しばらくてくてく歩いて行くと・・・


d0098941_15151064.jpg

          壁画好きだからなのもあるかもしれませんが、ワクワクします!イイですね~♪


d0098941_15151341.jpg

                 午前中の早い時間にも関わらず、炎天下の中で歩いたのでヘロヘロ~~
             途中の道すがら、「麦茶飲んでいかれませんか?」と地元のお母さんが麦茶を入れて下さいました!
       生き返りました~ありがとうございます。お母さんも前日、津南&松之山エリアのアートを見に行かれたそうなのですが
  津南の 「津南のためのインスタレーション -つながり- 地中でそっと暮らしているもの」の廃工場を利用したアートは圧巻 & 感動し
  後は、松之山の「上鰕池名画館」が、とても面白かったとおっしゃっていました! ← 確かに~♪ 地元の方との触れ合いも楽しいです。





d0098941_17555595.jpg




d0098941_15152875.jpg


                         T231 No Man's Land

     キナーレ内に展示されていた、クリスチャン・ボルタンスキー氏の作品(最後の教室と同じ作家)
   この作品は、クリスチャン・ボルタンスキー氏の生まれ故郷のパリでも数年前に展示されていました!

    およそ16トンもの膨大な古着の山!?巨大に積み上げられた中から古着がクレーンで無造作に
 つかみあげられ落とされるという動作を繰り返しています。夜見ると又違った印象を受けそうな作品です。




d0098941_17544514.jpg



                           まつだい「農舞台」
        此処には、とてもたくさんのアートが展示されているので、ほんの一部ですが・・・


d0098941_15153321.jpg

                             D 001 棚田

         棚田で農作業をする人々の姿をかたどった彫刻と、詩と風景が融合しています。



d0098941_15154513.jpg

D068 フィヒテ (唐檜) ・森の中の小さな図書館   D184 リバース・シティー  D061 花咲ける妻有   

     大地の芸術祭の古民家アートに、はまってしまいました(笑) 松代エリアの 「古民家アート巡り」へ つづく・・・

          大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2012 ~ 十日町(市街地) & 松代エリア(農舞台) ~

[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-10-12 19:43 | * 新潟さんぽ~ | Trackback | Comments(16)


ご長寿猫 はんぞう(23才) との暮らし。旅と猫... 旅で出逢った世界の猫たち 路地裏さんぽ~  世界あちこち旅。 旅ごはん&ご当地グルメ☆


by たびねこ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

島ねこ
ヨーロッパの猫
アジアの猫
日本の猫
* クロアチアinアドリア海の島々
* チェコ便り~
ё 韓国食堂
ё(韓国旅・目次)
ё 台湾じかん
ё バングラデシュ 笑顔の旅
ё 素足のアジア
* Greek Islands
* 北の大地から~(北海道)
* 山形の旅
* ふくしま散策~
* 新潟さんぽ~
* 金沢&能登・ 合掌集落の旅
* 東京さんぽ (+近郊)
*焼き物のまち常滑さんぽ~
*愛知さんぽ
*岐阜さんぽ
* 京都ゆらり散歩 **
* ノスタルジック瀬戸内
* 四国散策
* 九州紀行
* 美ら島沖縄
★ カフェ 時間 ★
* かわいい看板 *
* かわいい窓 *
* DOOR *
*カワイイ建築*
雑貨&アンティーク&絵本+Book
+ たび あにまる +
☆旅で出逢ったワン子達☆
掲載&展示他のお知らせ&他
♡ My cat family ♡

タグ

(466)
(361)
(235)
(219)
(95)
(80)
(66)
(66)
(55)
(52)
(52)
(42)
(38)
(38)
(34)
(32)
(9)
(8)
(7)
(7)

+ My cat family×3 +

はんぞう  (23才)
1994年9月東京都内の某神社で出逢う!(生後一ヶ月位)
自称猫好きおばさんに保健所に連れて行かれそうな所を保護。 
世界一愛し、愛されている仲♪

うち子(うっぴん・唯一の姫)
1994年10月26日、東京下町生まれ(1995年1月25日に家族になる)
出会い~母猫&飼主が育児拒否。痩せ、蚤&外耳炎でひどい状態。故ひらめ(前猫)に似ていたのと、見かねて引き取る。
~ 2009.6月30日、旅立ち ~
享年14才8ヶ月

銀志郎(呼び名・銀!ぎんた)
1996年・夏生まれ
田舎の祖母の家の蔵で生まれるが、すぐに祖母が永眠した為、母猫・子猫x3共に保護。
その後、母猫&子猫2匹一緒に里子へ。前猫のタイガーにうり二つの、銀は我が家の一員へ
~ 2014. 5月7日 旅立つ ~
享年 17歳9ヶ月

★ 姉妹ブログ 「猫と出逢う旅

☆ピックアップブロガー☆
↑ 念願叶いました♪

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

☆たびねこ Instagram

     mail →

野良にゃんblog
猫に逢いに行こう♪
猫旅食遊楽記
愛しいきもち
路上のルール
猫とパンクとソラリスと。
野良猫の安全地帯
雲と鮭、あるいは雨季の旅人宿

Photo blog
ほよりんぷーちゃん
blanc[che]
ココロトレール
Camera freaks a GO! GO!
Leave Me Alone

* Link*
アジアのかけら
お散歩ブログ
石垣島インドカレ-食堂 ムンドラ
つばめの武勇伝
田舎で暮らすくつかのコト
えこたび
“美しいぃ”が見えたっちゃ!
幻?の猫:はるみ
COUCOU, c'est moi!
のんたんち
川柳っぽい猫のブログ
おたっしゃくらぶ-高齢ネコの日々

素材やさん『chai*』

~ 日々ブログ ~
*たびねこ*Seaside Life and catx3(休止)


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~


+フジフィルム ウェブ美術館Premium Gallery+
受賞作品の販売して頂いています。

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ

+掲載写真集+

Camera Peopleみんなのまち

+ 掲載誌 +

女子カメラ 2009年 06月号 [雑誌]


女子カメラ 2009年 09月号 [雑誌]


どうぶつたちへのレクイエム


ねこたちのてんごく

フォロー中のブログ

y.h.b-mutter
野良猫写真blog
黒・白/ 色  カメラ
がんばる猫
ココロのふるさと(光のス...
お局のショールーム日記@...
移動探査基地
NORIWORKS + mac
アジアのカケラ
Myanmar Eye
Let it be
めぐみのめ
もずくのきもち
路地裏  ~ Walk ...
☆ねこにはかなわぬ☆
one day
旅空日記(写真家・三井昌...
umi■neko
a stranger i...
猫山細道の雑記帳
またたび日和
無敵の霧子
Lush Life
* Colorful W...
大福日記
miccaの三日三晩
オトメカフェ**cog
子の日窯日記
couleur d'ai...
猫イズム
心はいつも。。。
いい日ゆめ旅
*地球旅行*
金平糖
大地はオレンジのように碧く
旅綴
ちまもの読書日和
ひとりごと
写真日記
ココロのふるさと*モノクローム
くらしのギャラリーちぐさ
ねこさんぽ
travel memo
Yucky's Tape...
おもしろ動物Cafe
オール電化生活!カノンと...
【bin】 世界中がおも...
LIFE IS PEAN...
猫の声がきこえる
田園都市生活
こはるびより。
marcoのほわわんスケッチ
Mawaru:f
ヒビ : マイニチノナン...
feering  自分らしく 
気ままに おひとりさま☆
ねこ旅また旅
konpeitouのかぞ...
ネコと文学と猫ブンガク
いつまでもお洒落でいたいから
サバとタラ
高円寺てげてげ日記…
幸福な時間
わたしのひだりめせかい
猫と出逢う旅 - たびねこ -
続・暮れゆく日々の足跡

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

お久しぶりです。 ..
by 森乃 at 16:25
私はこの記事が大好き! ..
by とらのこ at 12:10
はんぞうくん、素晴らしい..
by GANBARUNEKO at 20:21

記事ランキング

画像一覧

検索