<   2012年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

港町 路地裏さんぽ @木浦

d0098941_22233093.jpg

d0098941_14272344.jpg

       「 幸せいっぱいの家 」という名のカフェ 063.gif を後にし、再び木浦の路地裏さんぽへ**
     この周辺には、今もなお日本家屋が多く残っており当時の様子を垣間見ることができます。 

          木浦には今も100棟程度の日本家屋が残っているそうです。(郡山と並ぶ)
            韓国内で、これだけ多くの日本家屋が見られる場所は珍しいですね。


d0098941_14273095.jpg

       現在は、老朽化も進み廃屋も多くみられました。窓枠のアイアンのデザインも可愛い~
         こちらは、日本家屋なのか?韓国の家屋なのか分かりませんが、廃屋でした☆


d0098941_14273659.jpg

        何処か懐かしい雰囲気に包まれながら、海の方へ向かってブラブラ歩いてみます。


d0098941_14274254.jpg

   海に面した遊歩道には、木浦の公園や光州の街角でも見られた健康遊具が置かれてます!?
  海を眺めながら、地元のアジョッシ&アジュンマ(おじちゃん&おばちゃん)に交じって遊具初体験(笑)
結構ハードなもの、遊具使わなくてもいいんじゃない?と突っ込みをいれたくなるような器具なども色々(爆)


d0098941_22241653.jpg



相方ちゃんが、どうしても木浦八景のひとつである「カッパウィ」が見たいと言い出しました(汗)
奇岩が大好きな私ですが、カッパドキア(トルコ)ならともかく カッパウィ って・・・(観光苦手だし、微妙)


d0098941_14275076.jpg相方ちゃんの熱意に負けて来ました(笑)
以前は、船に乗らないと正面からは見る事が出来なかった カッパウィ でしたが
現在は遊歩橋が出来たので
船に乗らなくても見ることができます。
 ***  ***  *** ***  *** *** 
さてさて、これからどうしましょうか?
夕飯には早い時間ですが、韓国料理主体で動いている旅なので、次に食べる韓国料理の事を考えてます(笑)ナクチビビンパ(手長タコのビビンバ)&ヨンポタン  軟泡湯(手長タコが丸ごと入ったスープ)や ホンオ (エイを発酵させたもの)料理以外の木浦名物(ニベの刺身やカルチチョリムなど)を食べるか?光州へ戻って光州の名物料理を食すか?迷ったのですが、カルチチョリム(太刀魚の煮込み)は、済州島や釜山で食べた事があるのと、まだお腹も空いていないので、光州へ戻って珍しい名物を食べる事に決定~
木浦市外バスターミナルへ向かおうと、タクシーを探すも観光地にも関わらず全然見当たらず(笑)
仕方がないので、タクシーが通りそうな場所を探して歩いていると、ロッテマートを発見!?
ロッテマートは、ソウルでしか訪れた事が無かったので価格比べの為にも少し覗いてみることに(笑)
ロッテマート(木浦&ソウル店)の戦利品などは、後日紹介しま~す☆  驚き!?光州名物へ つづく・・・


                                                             ~ 木浦 韓国 ~

[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-01-31 20:37 | ё 韓国食堂

「幸せいっぱいの家」 いう名のカフェ @韓国 木浦 sanpo

d0098941_17461854.jpg

  日本家屋を改装して作られた 「ヘンボギ カドゥカン チプ 幸せいっぱいの家」 という名のカフェ 063.gif

                 入り口のところからも素敵な雰囲気が漂っています。


d0098941_18364816.jpg

        昔ながらの日本家屋の窓枠なども生かされています!昔のデザインって素敵☆
                  窓枠、窓ガラス、◇形の窓なども可愛いです。


d0098941_1844428.jpg

             アンティークの小物などもさりげなく飾ってあり、目を奪われます。

         一軒屋カフェなので、パット見 入りづらく 入り口からお店の様子を覗いていると
テラスに居た韓国人のお客さん達が、笑顔で「オソ オセヨ・いらっしゃいませ~」と招き入れてくれました♪


d0098941_18545380.jpg

            お店の中も素敵で、インテリアや小物なども一画ごとに異なった雰囲気。
            何処に座るのかもとても迷います! (だっても本当に素敵なんだもの~)
       散々ウロウロして迷ったあげく、テラスに面した赤いソファーのある席に座りました(笑)


d0098941_19225678.jpg

     座っていた窓辺にかけられていた、アンティークカーテン。所々レースなのもたまらない!
      すごく可愛いくてツボです(笑)カーテンを束ねてあるタッセルも素敵で目が釘付♪

            クロアチアで買ってきた、おばあちゃんハンドメイドの大判レース!
ベットプレストにしようか?部屋の仕切りに?飾ろうか?と悩みつつ、すっかり東京の家で放置状態でしたが
今回の引越しを機に、このカフェの見せ方をお手本に、寝室とリビングの仕切りに斜めに束ねて飾りました♪


d0098941_1923389.jpg

                      え~と飲み物は・・・確か?・・・
      レモネードか?生ジュース?とコーヒースムージーのような物?を頼んだと思います。
      実はあんまり覚えていません(汗)カフェがツボ過ぎて、舞い上がってしまっていたのと
早くお店の中の小物やインテリアなどを見て回りたくて、ドリンク数口飲んだだけでお散歩してました(笑)


d0098941_2082523.jpg

               キッチン奥にあった、テラスの雰囲気も可愛いかったですー♪
                 椅子やソファーも思わず欲しくなるようなものばかり。


d0098941_19444999.jpg

           2階も素敵な空間でした☆ 階段から降りた所に飾られていたレースたち。
    照明も素敵なものばかり。たびねこ、照明にこだわりがあるので見て歩くのも好きなんです。


d0098941_19445697.jpg

    イギリスの田舎にあるアンティークショップで、タイプライターに一目惚れした事がありました。
           重たすぎて断念せざる負えなかったのが、今思い出しても残念です。


d0098941_2045156.jpg

       店内にもお客さんが来られたので、外の装飾や飾り付けなどを見に行くことにしました。
  一見、外観は昔ながらの日本家屋なんですけどね~でもやっぱり窓枠やアイアンの装飾は可愛い☆


d0098941_20171252.jpg

                   飾りつけられた木のハシゴも素敵な趣


d0098941_20172120.jpg

               お庭をお散歩してても、かわいくてウキウキし通し~♪


d0098941_2020054.jpg

            店内だけでなく、外にも気を抜かれてないというこだわりよう!!
            さすが!オーナーさんは、インテリアデザイナーだけありますね。


d0098941_2020736.jpg

            失礼ですが、まさか木浦にこんな素敵なカフェがあるだなんて(爆)
        韓国のカフェで間違いなくベスト5!イヤ、ベスト3に入るくらいツボなカフェです。
   ホント、韓国のカフェ(特にソウル)は、コンセプトがはっきりしていて、細部にまでこだわっている
素敵すぎるカフェが多いです。 最近では、日本より韓国のカフェの方がツボなカフェが多いくらい(笑)


d0098941_20201396.jpg

            まるで、イギリスの田舎のお家に滞在させていただいているように
           時間がゆ~っくりと流れていて、素敵な時間を過ごすことが出来ました。

         素敵なアンティークや調度品に囲まれて、とても幸せな気持ちになりました。
             まさしく、お店の名前の通り 「幸せいっぱいの家」 ですね(笑)


d0098941_20514192.jpg

               「ヘンボギ カドゥカン チプ 幸せいっぱいの家 063.gif

        Address 全羅南道 木浦市 中央洞1-3 ( 地図 ・木浦近代歴史館の左斜め向かい)
                    Tel 061-247-5887 / 休・第1&3月曜 


d0098941_21192425.jpg


                               再び~木浦さんぽへ つづく・・・


                                                               ~ 木浦 韓国 ~

[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-01-27 21:46 | ★ カフェ 時間 ★ | Trackback | Comments(20)

韓国旅 「日本の面影」 @木浦さんぽ

d0098941_1740394.jpg

   木浦名物 「ナクチビビンパ」 と 「ヨンポタン」 を食べた後は、( ← 前回記事)再び木浦さんぽ**
      かつて多くの日本人が暮らしたという木浦の街には、今も日本家屋が点在しています。
                当時の面影を探しながら、旧市街を歩いてみました。


d0098941_17401153.jpg

           儒達山(ユダルサン)の麓の高台にある、木浦文化院(旧日本領事館)
  煉瓦作りで、窓枠や煉瓦に施された装飾も独特で可愛らしい建物!裏手には防空壕もあるそうです。
           日本統治下時代は、とても威圧感ある建物だったのかもしれません。


d0098941_17401652.jpg

木浦近代歴史館(旧東洋拓殖株式会社木浦支店)内にて。以前、銀行だった事が伺える昔の金庫。

1階では、日本統治時代の木浦の歴史が展示されており、2階の隅に特別に設けられた一画には
「日本統治下時代の日本の残虐さ」を示す内容が、写真と文章で展示されている部屋がありました。
そこには目を覆いたくなるような写真、文章にも話す事さえためらわれる信じられない内容の物が沢山・・・
その部屋で、一人の少女が「どうして日本人は、韓国人にこんな酷い事をしたの?」と大人に聞いています。
とても胸が痛くなり、すぐに部屋を出てしまいました。悲しく重い気持ちで近代歴史館を後にしました。


d0098941_17402253.jpg

そんな気持ちの中で唯一の救いが、韓国孤児の母と言われた日本人女性 田内千鶴子さんのお話。
( ↑ 展示されていた写真です) ユン・チホさんというキリスト教伝道師が
身寄りのない7人の子供たちを連れて帰り、一緒に暮らし始めたのが「木浦共生園」の始まり。
そこへボランティアで来た千鶴子さんと出逢い、結婚し共に歩んでいたのですが
日本敗戦後、統治下時代が終わると今度は逆に日本人として迫害を受けとても辛い日々を送られたそう。
そして間もなく韓国で内争が始まるという激動の時代へ!夫を亡くした千鶴子さんは、その後も日本へ帰国はせず、一人で何百人もの戦争孤児たちの面倒をみ、生涯で3千人以上の孤児達のお世話をされました。
決して日本語を話すことはなく、木浦で韓国人として生きた千鶴子さんでしたが
病に倒れ、意識もうろうとする中で 「梅干しが食べたい」 と日本語で言われたそうです。
最後の瞬間だけ日本人に戻られたのかもしれません。とても胸が詰まりました。
多くの困難や苦しみを乗り越え孤児たちのお世話をされた、日本人女性が居た事を誇りに思います。

戦争・・・繰り返して欲しくないと切に願いますが、友人の旦那様の国が内戦になる可能性が高く
内戦になった場合は、お国に戻り出兵されるそう。自国を取り戻す為に戦う!しかし、送り出す友達の気持ちを想うといたたまれません。未だに戦争は何処かで起きている・・・内戦が起きないように祈るばかりです。

話は変わって、以前は「なんで韓国に行くの?」「イメージと違う!似合わないよ」と言われ
肩身が狭かった私でしたが、最近では、韓流やKPOPブームの影響もあり、韓国が好き
韓国へ行ってみようかと思うとか、興味を持って下さる方が周りにも多くなり嬉しい限りです。
そんなみなさんに、決まって聞かれる事があります。「反日感情が怖い。実際に合った事はある?」
韓国を最初に訪れたのは、10年以上も前。本格的に旅するようになって6年くらい、何度も渡韓していますが
1度もないです。私のブログに多々登場する親切な韓国の方々の様子を書いていますが、その通りです。
毎回申し訳ない位に親切にしていただいて、とてもありがたい気持ちです。
韓国は、おもてなしの国なので内に秘めた感情と遠い所からへ来てくれた人に親切にしたい
(ほっとけない性分の人が多い・笑)という気持ちは別だと聞きました。
韓国旅も出来るだけ楽しく綴っていきたいので、木浦近代歴史館の事を書くのは迷ったのですが
韓国を知る上でも、旅する上でも必要な事かと思い書かせていただきました。

次回は、日本家屋を改築した「幸せいっぱいの家」という名の素敵なカフェへと続きます。 つづく

                                                         ~ 木浦 韓国 ~

[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-01-26 19:52 | ё 韓国食堂

カワイイ~縁起物 「チンコロ」

d0098941_7492846.jpg

              カワイイ縁起物のチンコロを求めて、節季市(チンコロ市)へ

  農家の人々が、冬期間の副業として竹やわらで作った生活用品や民芸品を持ち寄り市が開かれます!
     150年前から伝わる節季市で名物のチンコロは、子犬という意味で縁起物とされてきました。
  犬、猫や十二支などが型どられたチンコロは、ひとつひとつ手作りで、しんこ(米粉)が原料となってます。


d0098941_859912.jpg

             ちんころ市の事を知ったのは、この観光パンフレットの表紙~♪
この可愛い猫みたいな置物はなんだろう・・・? ちんころ? こんな可愛い縁起物があるんだと知りました。


d0098941_922843.jpg

チンコロは、午前中には売り切れてしまうというので、近くの松之山温泉で前泊!
松之山温泉から節季市のある十日町まで、車で15分程度かと思ったのですが
実際は雪道という事もあり、1時間位もかかってしまい大誤算(汗)
到着した10時頃には、何処のお店も完売!最後のお店では大行列ーーーー!?列の最後尾の所で
「今から並んで頂いても買えない可能性の方が高いです」と言われつつ諦めきれないので並びました(笑)
猫のチンコロが欲しかったのですが、買えるかどうかも分からない状況・・・
選べる状況では無かったですが、「残り物には福がある」と言っていた方が居て嬉しくなりました♪
チンコロは、細かくヒビが入れば入るほど、縁起が良いとされているそうです。
写真のチンコロは、お嫁に行った&行く予定です。自分用に猫?のチンコロを買ったのですが、数日で
ヒビが入り、顔の半分からざっくりと落ちてしまいました!1年位は、もつものだと思っていたのでショック!
見るも無残なお姿になってしまったので、米粒などで、はってもう少し飾っておこうかな?(笑)


                                       ~ 節季市(チンコロ市) 十日町 新潟県 ~




d0098941_1837119.jpg




d0098941_95514.jpg

         前泊した松之山温泉は、日本三大薬師湯(有馬・草津・松之山温泉)でもあり
      この地域は、豪雪地帯でも知られています。一番積もっているところで3m位の所も!?

          冬の豪雪地帯を体験してみたかったのです~ とても雪深く別世界です。
  新潟市内在住の先輩方には、「冬に豪雪地帯へ行こうなんて思いもしない!」「チャレンシャーだね」と
  言われましたが、私は逆に普段行く機会がないので、新潟に滞在している今がチャンスかなと思って。


d0098941_10125417.jpg

       森の中にある自然いっぱいの静かな お宿 に宿泊(10室以下のしっぽりお宿が好き)
      お部屋の中からも絵のような雪景色が望め、部屋の露天でも雪見風呂が楽しめました☆
  温泉苦手(訳は、以前の記事で)なくせに、偶々ですが、草津・有馬・松之山温泉と全制覇しました(笑)
名物 しんこ餅 も美味しい~ 夕食時には、食べたかった新潟名物、のっぺい汁も登場して嬉しかったです。


d0098941_10261080.jpg

   お部屋の窓や露天風呂から見えた景色~ 眼下には、川が流れ銀世界が広がっていました。



d0098941_18381377.jpg



            早朝に起きて、温泉に入った後は 「松之山温泉街さんぽ」**


d0098941_10322649.jpg

          前の晩は、滝のように雪が降り続いていましたが、朝になり雪はしんしんと。


d0098941_10324647.jpg

           この日は、松之山温泉で「奇祭 むこ投げすみ塗り」が開催される日です。


d0098941_10405422.jpg

こんなツララが頭の上に落ちて来たら大変( ← ありえない事に遭遇しやすい体質です・汗)
写真を撮っていたら、いきなり一見普通に見えた場所で、片足が膝小僧まで雪に埋まってしまいました(驚)
しかし、これだけでは終わらず・・・お宿を出発する時の事です!お宿のご主人とお話しをしていたら
突然目の前が真っ白になり、しばらく何も見えない状態に!?一瞬の出来事で、最初は自分に何が起こったのか?分からなかったのですが、昨晩降り積もった雪が私へ落ちてきたのです!!しかも多量に(爆)
何の前兆も音もなく、一同驚きを隠せず!?豪雪地帯ですし屋根の上の雪などには注意していたのですが
見えない高い位置から落ちてきたようです。宿の方も何処から落ちてきたのか不思議がっていたくらい!?
宿のご主人は、「怪我がなくて良かった」と心配してくれつつも、私の雪だらけで真っ白になった様子を見て
おかしくて途中で何度も吹き出しそうになるのをこらえながらお話していました~
私、ホントに「かぶりもの事件」多いです(爆)ブログに書いたのだと、チェコ旅での出来事を想い出します。
嫌になる位、間が悪くトホホな出来事が多い私ですが、今回は人を笑わす事が出来て良かった(笑)
しかし、真冬の豪雪地帯で風呂上がりのように髪も びしょ濡れになり風邪がぶり返さないかと心配(苦笑)


d0098941_10582573.jpg

                   白銀の幻想的な世界が広がってます。


d0098941_1123377.jpg

                     墨絵のような雪景色に感動~


d0098941_1124098.jpg

朝早くから、皆さん除雪作業に追われていました。
数軒に1台あるのではないかと思われる程よく見かけた、ミニトラクターのような除雪機!
朝から夕方まで、雪かきしてもすぐに積もってしまい、切りがないくらいに容赦なく雪が降り積もります。
雪かきしている方は、ご年配の方々が多くみられました。
垣間見ただけですが、此処で生活していくのは、本当に大変な事だと思いました。
東京から比べると新潟市内でも雪国に感じてしまいますが、そう感じるのが申し訳ない位。
車での通りがかりで見かけた、もんぺ姿でワラで作られた傘帽子を被ったお婆ちゃん達が
雪かき中の手を休めて、可愛い笑顔を向けてくれたのが嬉しかったです。


                                         ~ 松之山温泉 十日町 新潟県 ~



d0098941_18402140.jpg



題して 「白い冬を楽しもう~♪」 最初の旅は、始まったばかりです。
寒いのが超苦手で大嫌いな私ですが、せっかく雪国に滞在しているのでできるだけ楽しもうと思います。
この日、-7℃だったのですが厚着をしているのであまり寒く感じなかったのに(普段でも、新潟の人も驚く程の厚着しています・爆)
新潟市内へ帰ってくると寒い!!!同県なのに、北風暴風が体感温度を下げているんだと実感(涙)
先週末に行った雪国(新潟県・湯沢)も内陸部だった為、風がなく2℃でも暖かいと感じてしまった私!
もう東京の寒さなんてへっちゃらで、今後は東京の冬は楽に暮らせるのではないかと思ってます(笑)
新潟には、ガイドブックには載っていない場所や催しもの、あまり知られていない場所も沢山眠っていそうなので
新潟旅のソムリエ目指して頑張ります(笑) 楽しんで散策していけたら良いなぁ~♪

[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-01-24 12:08 | * 新潟さんぽ~ | Trackback | Comments(16)

韓国・全羅南道の食を訪ねる旅「木浦名物を食す!」

d0098941_1945675.jpg

                     ナクチビビンパ(手長タコのビビンバ)

                全羅南道の食を訪ねる旅、第1弾は「トッカルビ」でしたが
       第2弾は、港町・木浦が産地で名物の ポルナクチ (干潟で獲れた手長タコ)です!

               木浦にある、タコ料理専門の有名店「トクチョン食堂」さんへ~
      手長タコ料理と言っても種類が色々あるのですが、お店の人気どころをいただきました♪


d0098941_19451229.jpg

               ナクチビビンパ をよ~く、まぜまぜしていただきま~す!!
      お!?結構辛いですね~ タコは、さすが産地直送なだけに新鮮で歯ごたえも良いです。


d0098941_19451949.jpg

                 ヨンポタン 軟泡湯 (手長タコが丸ごと入ったスープ)

小さめのタコが3匹も入っています!タコは、お店の方が、ハサミで食べやすい大きさに切ってくれました。
タコの旨みいっぱいのスープは、見ため優しい味なのかと思っていたのですが、こちらも結構辛い(意外!)
カルナクタンという、蛸とカルビが入ったスープも人気があるそうです。タコ&カルビってどんな味じかな?

           パンチャン(おかず)は、7~8種類くらいあり、おかわりはセルフです!
   韓国の人には、この店のどのパンチャンが人気があるのか?気になったので観察していると・・・
   1番人気は、ワカメ(昆布のように太い)で、次にオデンの煮物みたいなパンチャンが人気でした☆


念願の木浦名物が食べれて大満足☆他にも ナクチグイ (タコを割り箸でグルグル巻きにして焼きたもの)
アジョシ(オジサン)達が食べていた、 サンナクチ (活タコを小さく切ったものでウニョウニョ動いてる!)も
食べてみたかったのですが、完食する自信がなかったので断念! セバルナクチ (小さいタコを割り箸に巻きつけそのまま踊り食いする)は、食べ方間違うとタコに吸いつかれて危ないらしいので、これまた断念(笑)
  韓国では、「倒れた牛にタコを食べさせたら、元気に起き上がった」という話もある程のスタミナ食です。


d0098941_19452571.jpg

        水槽の中には、毎日市場から仕入れられた新鮮なナクチ(手長タコ)がいっぱい!
 お店を出ると、行列が出来ていました! 食後は、今も日本家屋が残る木浦の街をお散歩~ つづく



d0098941_2085767.jpgトクチョンシッタン 독천식당 (地図

住所 全羅南道 木浦市 湖南洞 10-36 (전라남도 목포시 호남동 10-36)
Tel 061-242-6528 / 営業時間 10:00~21:00

                                                ~ 木浦 韓国~
[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-01-20 19:02 | ё 韓国食堂 | Trackback | Comments(12)

韓国・港町のカワイイ~わんこ達! animal

d0098941_1737306.jpg

              港町さんぽ中に出逢った、退屈そうにしていた子犬ちゃん!
     「笑顔見せて~」と言ったら、こんな素敵な笑顔をくれました~ 瞳の中に私が映ってる~♪


d0098941_17373759.jpg

            最初は、こんな眠そうな顔だったのに・・・使用前、使用後みたい(笑)
               尻尾フリフリ&ジャンピング攻撃で「遊んで遊んで!」って~


d0098941_21172393.jpg



d0098941_17374460.jpg

                 市場の奥の方にも可愛いワンコちゃんが居ました。
            三つ指ついたように手をちゃんと揃えている姿が、 はんぞう みたい♪


d0098941_17375262.jpg

                つぶらな瞳に、やられました~♡ ♡ ♡  可愛すぎます!!


d0098941_17375932.jpg

      港町というと猫のイメージだけれど、此処は韓国・・・犬がいっぱいの木浦の港町でした♪
        写真は、ほとんど撮ってないのですが、皆可愛すぎるワン子ちゃんばっかりです☆

           ワンちゃん達と遊んだら、お腹が空きました! 木浦名物を食べに行きましょう♪ つづく・・・

                                                          ~ 木浦 韓国~

[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-01-19 08:02 | ☆旅で出逢ったワン子達☆ | Trackback | Comments(6)

韓国旅「港町の珍光景!?」@木浦

d0098941_17361528.jpg

           木漏れ日あふれる 「 幸せいっぱいの家・ヘンボギ カドゥカン チプ 」 という名の Cafe ~


d0098941_1125051.jpg



光州総合バスターミナルから 「全羅南道の食を訪ねて」 韓国、最西南にある港町の木浦へ向かいます~

d0098941_18413214.jpg

バスターミナルで、朝ごはんにトーストでも食べようと思っていたのですが、出発ギリギリだったので断念!
              (韓国のトーストは、具だくさんで美味しいんですよ~)

光州総合バスターミナルは、広くて設備も近代的で綺麗なバスターミナルでした!
韓国を本格的に旅し始めた5~6年前は、大きな地方都市でもハングル表記しかされておらず
目的場所のハングル書いた紙と睨めっこしながら、乗り場やバスを探したものですが
現在は英語表記されている事も多いので、地方の旅も随分楽になりました♪
(光州総合バスターミナル → 木浦市外バスターミナル バス運賃 5,400ウォン 2011年10月現在)

d0098941_11253637.jpg


 光州バスターミナルから、木浦市外バスターミナルまでは1時間少しで着きました (飛ばしてたので・笑)
散策の始まりは、旧市街のある木浦駅から~(市外バスターミナルから駅までは、5キロ位あるので、バスかタクシーを利用)


d0098941_184916.jpg

    駅前周辺は、ハラボジ(おじいちゃま)達の憩いの場になっており、囲碁などをしている方々も。
        此処が、湖南線の終着駅なんだなぁ~とシミジミ(笑) 数年前にKTX(新幹線)が
          開通しただけあって、今まで訪れた港町に比べて、木浦は大きな港町でした!


d0098941_1849937.jpg

              海沿い目指して歩いていると・・・突然線路が現れました!?


d0098941_18491524.jpg

                  こんな民家やお店ギリギリのところに線路が(驚)
       現在も使われているのか?分かりませんが、韓国でもこおいう場所があるんですね~


d0098941_18492272.jpg

               ノスタルジーや韓国の港町風情を求めて、ウロウロ散歩


d0098941_18492898.jpg

                  ときおり線路の真ん中を歩いてみたり・・・


d0098941_18493690.jpg

                      なんだかワクワクしてきました~♪


d0098941_1132528.jpg


d0098941_19164263.jpg

          水産物市場にて、木浦名物ホンオ (エイを発酵させた、三大珍味)発見!?
木浦名物を食べに来たのですが、韓国の人でも食べれない人がいると言うアンモニア臭のきついホンオ!
       (利尿・強精・整腸・抗癌作用もあり、コラーゲンも取れるのでお肌にも良いそうです)

ゆっくり口の中で噛み、アンモニア臭を鼻から抜きながらマッコリで流し込むという、通にはたまらない一品
 だとは思いつつ、私には高度な技術を要して食べる自信が無かったので、今回はご遠慮しときます(笑)


d0098941_19165131.jpg

                     これは何だろう?小魚の塩辛かな?

         ふと視線を感じると、向こうで暇そうにしている子犬が居ました♪ 木浦さんぽ つづく・・・


                                                             ~ 木浦 韓国~

[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-01-17 20:02 | ё 韓国食堂 | Trackback | Comments(10)

はんぞうの初恋 「さようなら、ひまわり」

d0098941_18273196.jpg

   写真は、 はんぞう が推定5ヶ月位の子猫の時(子猫に見えませんが・笑)に訪れた妹宅にて・・・
左が、はんぞう 右が、 ひまわり です。 ひまわり を見た はんぞう は、ひまわりの側に行きたくて周りを
ずーっとウロウロ!写真でも分かるように、ひまわりは目力で「側に来るなよ!」と訴えかけています~054.gif

    はんぞうの一方的な想いで、初恋は叶う事はなかったです(笑) 本日から韓国旅の続き
   お届けするはずだったのですが、ひまわりが旅立ったと知らせを受け記事を変更した次第です。

一昨年、慢性腎不全の末期と診断され「もう駄目でしょう」と獣医さんにも言われたのですが
それから1年以上もの間、何度か危ない状態があったにも関わらず、今日まで頑張ってくれました。
5日前に痙攣を起こし、瞳孔も開いた状態にまでなってしまったのですが、家族が呼ぶ声で戻って来たそう。
本当に限界の限界まで頑張ったのだと思います。(享年20才7ヶ月)動物の本能なのか?
大好きな家族と少しでも長く一緒に居たかったのか?私は、後者の方ではないかと思います。

昨年6月に、実家に居た姉妹の でかまる が亡くなりました
その時、 ひまわり は普段しないような変な行動をしていたそうです。
私のせいで早く死なせてしまった、母親猫のヒラメ&兄妹のタイガー
昨年亡くなった でかまる の分まで長生きしてくれて本当にありがとう。

ひまわり や でかまる とは、私も一緒に暮らしていた時期があり名前も私がつけました。
命あるもの皆いつかと分かっていても、愛する家族を失った悲しみの深さ(愛していればいる程に深いから)
を想うと、気持ちがとても分かるだけに胸が痛いです。
妹は、子供の頃から特別犬や猫好きではありませんでした。ただ捨てられている子を見かけると
ほっておけなくて保護してくるのですが、お世話や愛情を与えるのも全部私の役目。
ひまわり は、そんな妹が初めて一緒に暮らすと言い出した、そして愛情をかけた初めての猫です。
我が子より(3人)より可愛がっていました。妹にとっては、長女同様だったのかもしれません。
「 ひまわり 以外の猫とは一生暮らさない、最初で最後の猫だと」妹は、よく言っていました。
私は子供の頃から、何度も猫や犬を看取り見送って来ましたが、何度経験しても
身を裂かれるように辛いのに、初めて見送るという経験をする妹の悲しみは、はかりしれないと思います。

昨年は、ブログで交流させて頂いている方々の家族のワンコさん、多くの猫ちゃん達
友達の家のワン子ちゃんや、でかまる 、高校時代の友人と次々に亡くなってしまいました。

私事ですが、年末に うち子さんの遺骨にかけてあるビーズの首輪が、弾け飛んでバラバラに・・・それを目にし
以前うち子さんが最後に行った病院でも診察中に首輪が弾け飛んだのですが、その時に、もう駄目かもしれないと予感した時の事を想い出してしまい家では、はんぞう&銀が心配するのであまり泣かないようにしているのですが、子供のようにワンワン泣いてしまいました(涙)


愛する家族を失った悲しみや痛みが少しでも癒え、皆に多くの笑顔が戻りますように・・・
それが家族の(亡くなった方々、猫&犬)一番の願いだと思います。


d0098941_14443861.jpg



d0098941_1943872.jpg

         はんぞう (数日前の写真です)に、ひまわりの旅立ちを言えるわけもなく・・・


d0098941_19431384.jpg

                 ハート型作って寝ている、はんぞう&ぎん
        私が寝ている時は、毎晩 はんぞう が、私とハート作りにお布団に来ます(笑)


d0098941_14452261.jpg


底冷えする雪国!たびねこ、家の中でもヒートテック2枚&モコモコ部屋着2枚重ねして過ごしています(笑)
家に居る時は、猫達が寒くないようにと、モコモコかけたり常に気を付けていたのに
ここ数日の冷え込みが厳しくて・・・今日、 はんぞう がクシャミ&咳き込み連発していました(涙)
家に居ない時の寒さ対策が心配なんですが、はんぞう大好きな銀が写真のように
いつもべっとりと はんぞう に、くっついてくれているので、少し安心です(笑)


d0098941_2053169.jpg

            靴下でマチコ巻している、ギンタ!我が家では、お馴染の光景 (笑)
         これ、自ら望んでしています!?最近では、頭に巻けそうな物が近くにあると
   手でツンツンした後、「巻いて!」とでも言うように、じ~っと私の顔を見つめ続けるんです(汗)
 巻いてあげると、鼻息荒あげゴロゴロしながら喜ぶ銀です(爆)ウソみたいな本当の話!本人(銀)は
巻いてもらってるという事よりも、その姿を見て大笑いされたり、注目を浴びてるというのが喜びらしい(爆)


d0098941_14473184.jpg



                             皆様も、暖かくして週末をお過ごしくださいませ。

[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-01-13 20:22 | ♡ My cat family ♡ | Trackback

雪国便り~

d0098941_21331796.jpg

             体調が悪く、昨年書きかけだった記事から~ (いったい何日かけて書いたでしょう・笑)

 イブの日は、出張で新潟に1ヶ月滞在している Mぽん と私同様に新潟初心者のM氏と共に新潟散歩☆
              1名足りませんが、茨城「あんこう鍋ツアー」のメンバーです。

  行先は、私のおまかせで!との事ですが、私も新潟初心者過ぎて何処へ行ったら良いものやら(悩)
   阿賀野川で雪見船に乗ってみたかったので、時期が少し早いかな?と思いつつ、暴風雪の予報
   だったので期待を込めて阿賀野周辺へ向かいました☆予報とは違い、久しぶりの快晴~青空♪
         (快晴はとても嬉しのですが、雪見船は大丈夫なのでしょうか?・笑)

途中迷った山里にて~雪景色を撮る私とMぽんに反し「二人とも毎日雪を見てるのに、まだ雪が珍しいんですか?」と淡々と言うM氏に対し「そうです、まだ珍しいんです」などと話していると、向こうから猫さんが(笑)


d0098941_21332525.jpg

         久しぶりにこんなにお天気が良いと、猫さんもお散歩したくなっちゃいますね♪
         猫さんは、つーんとした冷たい空気を嗅ぐようにクンクン何度もしていました。


d0098941_16373137.jpg



               五頭山麓にある人気の釜飯処「五頭の山茂登」さんへ


d0098941_21333720.jpg

                      釜飯屋さんだけに大きなお釜も~
            店内には、古い調度品や時計が並べられていて落ち着く空間です。


d0098941_1982366.jpg

          お店の脇には清流が流れ、雪見をしながら釜飯が炊き上がるのを待ちます。
   年末には、東京に戻ってしまうMぽんが 「新潟ぽい雰囲気が体験できた」 と喜んでくれました。


d0098941_1983381.jpg

               蓋を開けると、とても良い香り~ 私は、とりそぼろ釜めし


d0098941_1984277.jpg

    彩もきれい~ オレンジ色のは、人参ではなくて生姜なのですが生姜の香りが食欲そそります。
       新潟県岩船産のコシヒカリを使う分だけ毎日精米し、天然水で炊き上げているそうです。


d0098941_1985147.jpg

         お連れ様たちは、五目釜飯! 帆立に海老など具だくさんでお得感ありますね~
         ごちそうさまでした。 次回は、この辺りの五頭温泉郷も お散歩 してみたいです。



d0098941_1638196.jpg



釜飯を食べた後は、毎年5000羽以上もの白鳥が飛来してくるという瓢湖(ひようこ)へ
瓢湖を見たMぽん「井之頭公園みたいだね~こんな小さな湖に本当に5千羽も来るの?本当なら凄い事になるよ!又たびねこりん、やっちゃてない?」って(汗)日頃から天然と言われているだけあって
皆私の事を疑ってかかります(笑)想像していたより小さな湖だったので、自信がなくなってきました~
500羽の間違い?でも500羽でも凄い湖になりそう~(間違いじゃありませんでした~現在3千羽近い白鳥が飛来中)

余談ですが、昔の仲間たちが、新潟行の送別会をしてくれた時の事。「新潟で食べた のどくろ と言う魚がすごく美味しかった」と話すと
ハイハイ、又なんか変な事言ってる(爆)と、誰も相手にしてくれないので「のどが黒いお魚だよ」と言えば言う程信じてもらえず(苦笑)
本当にのどくろって魚美味しいのに!!!本人は自覚がないのですが、天然ボケらしく信じてもらえない事が多いです(汗)
新潟へ遊びに来てくれるというので、その時は のどくろ ごちそうして証明してあげよう~♪



d0098941_2133248.jpg

            すごい鴨ばっかり!?冬の妖精と言われている白鳥達は?何処へ(笑)
                  白鳥の湖ではなく、鴨の湖になってます!?


d0098941_21331113.jpg

白鳥は日の出とともに瓢湖を飛び立ち、日が暮れると帰ってくるらしいので、白鳥はあまり居ないと予想はしていましたが、寂しい。 お♪ 鴨の間から数羽、白鳥が顔を出しました!白鳥って間近で見ると大きい!?


           白鳥を見た後は、yokkoさんのブログでお見かけして気になっていた
                瓢湖畔にある「CHOCOLATEI (しょこら亭)」さんへ

   実は、たびねこ大のチョコ好きなんです(笑) 同じくチョコ大好きなMぽん、釜飯前にお店の前を
 通りがかった際に しょこら亭 さんの暖簾を食い入るように見ていたのを私は見逃しませんでした(爆)


d0098941_1739836.jpg

             和のテイストのお店も素敵です~ 店内からも瓢湖が望めます。
       チョコ大好きMぽんが喜んでくれるかな?と、こちらのお店を選んだのですが大正解♪
  ただし、チョコ大嫌いが1名おりまして・・・チョコではなく、バニラのソフトクリーム食べてました(笑)


d0098941_1739145.jpg

                    Mぽんが買ってくれた、生チョコぷりん☆
   ぷりんというより、とろける生生チョコみたいで美味しい! Mぽん「バケツごと食いて~」って(爆)

             新潟暮らしの先輩で同じくチョコ好きのFちゃんへのお土産と自分用に
  吟醸酒・八海山入り生チョコレートを買いました。お酒の味は感じませんでしたが美味しく頂きました♪


                                               ~ 五頭&瓢湖 新潟県 ~



d0098941_16385947.jpg


瓢湖を後にして、本日のメイン「阿賀野川の雪見船」に乗りに行きましょう~
墨絵のような風景が見られるとの事なのですが、この晴天では期待薄いかも?(笑)
そして車は、人里離れた山道へ少し入っただけなのに、どんどん雪深くなり別世界に。
晴天なので雪崩とかあるんじゃないかとか?人も車も通らないし
「熊に注意!」の看板などを見つけ、雪国初心者達の関東組は少々焦り気味(笑)と・・・目の前に!?


d0098941_188948.jpg

                 ど~ん!! 雪の塊が!? 通行不可能(汗)
                私達、晴天だからと雪国を甘くみてていました(笑)

今から迂回しても雪見船の最終便に間に合いそうにもありません!!
仕方がないので、瓢湖の方へ戻り豪農の館見学ついでに世界で金賞を取ったビールが飲めるお店へ?
又戻るのもなんだし、日本海をまだ見ていないMぽんの為に、夕日を見ながらブルワリでビールでお茶?
(Mぽんは、ビール好きなのでこのようなコース考えてみました・笑)
新潟滞在わすかなMぽんに選択を委ねたところ、日本海夕日コースへ決定~

ところが!!朝から爽快なくらいの快晴だったのに、車を走らせ数分でグレーの雲が凄い勢いで
空を覆ってきました(驚) 一同唖然(爆) そして大粒の雨が降り始め、雷やヒョウを伴う嵐へと誘います。
そうでしたそうでした!新潟の冬のお天気は、変わりやすかった(汗)夕日も無理ですね☆
1日晴天だった事なんて、まだ未経験の地。関東ではあまり考えられないお天気事情です(笑)


d0098941_1881517.jpg

               嵐の間に一瞬雨が弱くなったので、撮った冬の日本海。
              時折、高波が道路まで押し寄せて来て少し怖いくらいです!



d0098941_16394376.jpg




       日本海夕陽ブルワリーさんにて(猫の居る癒しのカフェウインズさんの向かいです)

d0098941_1882294.jpg

    ドライバーは、ノンアルコール! 欲張りな私達は、地ビール全種お試しセットでティータイム(笑)
  利き酒みたいですね~ 私は、アルコール度数の高いレッドサンセットがワインぽくて一番好みでした☆

 外は真っ暗!もう夜のつもりで〆のお店かと思ってた私ですが、まだ夕方!皆まだまだこれからしい(笑)

 ↑ そうそう、新潟暮らしの先輩Fちゃんが 「冬の新潟7ヶ条」 と言うのを以前書いていたのを見たのですが
そこに 「腕時計を持ちましょう~(1日中暗くて時間の感覚が無くなります)」 とありましたが、本当にその通り!
この日は、途中まで晴天でしたが、毎日薄暗く時間の感覚が麻痺します(笑)
後、「雨が降ろうと雪が降ろうと傘をさしてはいけません(風で折れます)」 というのに同感し爆笑!
新潟の人は傘さしている人が少ないので不思議だったのですが、本当に傘折れます(爆) 北風暴風でもう既に2本折れました(汗)


                                                             ~ 寺泊 長岡市 新潟県 ~




d0098941_16401136.jpg


のどくろ を初め、新潟名物をあまり食べていないというMぽん!「東京へ帰る前にぜひ のどくろ を
食べてみたい」との事で、新潟市内の古町にある「五郎・古町店」というお店へ予約して向かったのですが・・
道中、フロントガラスも見え難くい程の猛吹雪へ(爆)このまま何処かへ消えてしまうんじゃないかと
不安になりそうな程の吹雪!?北海道の山奥へ来てしまった気分です。
1日でめまぐるしく変わる新潟のお天気を味わったMぽん、帰る前に新潟らしさを味わえて満足だそう(笑)
お店では、 のどくろ を初め美味しい新潟の幸を片手に楽しみました☆
八海山を少し飲ませてもらったのですが、すっかりクリスマスイブから正月の雰囲気へ(笑)
お料理が美味しかったのはもちろんの事、お店のお団子ヘアのお姉さんが感じ良くて可愛らしくて大満足♪
たびねこ、猫と美味し物にも弱いですが、きれいなお姉さんにも弱いのです(笑)癒されますニャ☆


d0098941_16421199.jpg


イブから数日後、Mぽんのお誕生日を「びすとろ DE またのり」というお店でイブメンバーでお誕生日会!
写真は無いのですが、このお店も良かった!路地裏にあるにも関わらず、すごい繁盛店!?
お料理も美味しいし、私好みのお酒が多いし、カクテル類もウマイ(笑)
気を許した人としか大量に飲めない気質を持っているせいか?新潟に滞在している現在では
いつ又こおいう機会があるか分からないという想いにも拍車がかかり、体調悪いのも忘れお酒がすすむ~
皆がデザートにコーヒを飲んでいる間も、コーヒー代わりにポルトガルのお酒・ポルト酒を飲んでいた私(笑)
デザートプレートの中にあった、佐渡の柿と旬のキュウイを使った自家製アイスも美味しかったので
佐渡に益々想いがつのりました。キュウイは夏の果物だと思っていたのですが、冬の果物だとは!?
暴食の上にすっかり深酒したのは何年ぶり?奈落の底に落ちるかのごとく体調悪化したのは自業自得(笑)
紹介していないお店も多いのですが、本当に新潟は美味しい&感じの良いお店が多くて嬉しいです♪

その後、翌日東京へ帰るMぽんを見送ったのですが、福岡の時は感じなかった寂しさが一気に押し寄せ・・・
又会えることを信じて~ 東京生まれ育ちのMぽん、1ヵ月という短い間でしたが
初めて東京以外の土地で暮らすという経験が出来て、新潟滞在とても楽しかったとの事でした☆
長々と綴ってしまい、私の記録の場と化してしまいましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。
[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-01-11 20:38 | * 新潟さんぽ~ | Trackback

島猫時間

d0098941_19465841.jpg

                ま~ったり、の~んびり、少しづつ前に・・・ニャ

福岡在住のumeharudonさんが教えてくれた、福岡にある小さな猫の島・椿島(仮名)を訪れた時の事です。2009.5月島訪
枕木に沢山の網が干してある光景が可愛くて見ていると・・・日陰を求めて1猫・・・2猫・・・3猫と集まってきました!
島のお母さんが「猫が集まって来よる、3匹並んで珍しい! シャッターチャンスっちやつやろう?お姉ちゃん、はよ撮らなぁ~」と
即されて撮った1枚です(笑) 島で猫達や人との触れ合い、そしてこんなゆる~い時間が好き☆ 福岡の猫島々へ行きたいなぁ。。。


+++

2012年、皆様にとって笑顔の多い年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

昨年暮れは、突然の引越、そして引越早々新潟散策と体調がイマイチにも関わらず飛ばしていたせいか?気を付けていたのですが
寒い中、ブーツの中が雪でビショビショになったのを機に一気に風邪を引いてしまい、年末年始も体調がすぐれず
ご挨拶が遅れてしまいました(汗)風邪は治ったような気がするのですが、現在は頭の右半分が痛み、頭痛と頭皮や耳の付け根まで痛くて髪をとかすだけでも痛いです!昨年11月、引越前の慣れない新居のトイレの戸棚へ物をしまおうと便座の上に乗った途端、凄い勢いで滑り倒れ、そのまま手をつく暇もなく顔面と頭部を陶器の部分に殴打してしまったのですが、その時の痛みと同じなので寒さで古傷(←1ヶ月前の事ですが?・笑)が痛んでるのかもしれません~我慢強いと言われている私でも、変なうめき声あげた程痛かったです(笑)
他にも左足の弁慶の泣き所も便座の陶器の部分に殴打し(便座も吹っ飛んだ)握りこぶし大のアザ3つと、右足にも大きなアザが数か所・・・
幸いにも歯を殴打しなくて良かった~歯抜け&血だらけになってましたよね(爆)トイレで転ぶなんて~カッコ悪すぎ!トホトホ。
自分にがっくりする事が多々ある私ですが、この時も相当がっかりしました。広い世の中、私と同じ経験した事ある方居ますか?居たら教えてくださいね~元気が出ると思います(笑)ドジなので普段から生傷絶えない私ですが、慣れない雪での転倒には気を付けたいと思います!
皆様もお体に気をつけ、素敵な1年になりますように。 今年も たびねこ をよろしくお願い致します。

[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-01-06 19:39 | 島ねこ | Trackback | Comments(20)


ご長寿猫 はんぞう(23才) との暮らし。旅と猫... 旅で出逢った世界の猫たち 路地裏さんぽ~  世界あちこち旅。 旅ごはん&ご当地グルメ☆


by たびねこ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

島ねこ
ヨーロッパの猫
アジアの猫
日本の猫
* クロアチアinアドリア海の島々
* チェコ便り~
ё 韓国食堂
ё(韓国旅・目次)
ё 台湾じかん
ё バングラデシュ 笑顔の旅
ё 素足のアジア
* Greek Islands
* 北の大地から~(北海道)
* 山形の旅
* ふくしま散策~
* 新潟さんぽ~
* 金沢&能登・ 合掌集落の旅
* 東京さんぽ (+近郊)
*焼き物のまち常滑さんぽ~
*愛知さんぽ
*岐阜さんぽ
* 京都ゆらり散歩 **
* ノスタルジック瀬戸内
* 四国散策
* 九州紀行
* 美ら島沖縄
★ カフェ 時間 ★
* かわいい看板 *
* かわいい窓 *
* DOOR *
*カワイイ建築*
雑貨&アンティーク&絵本+Book
+ たび あにまる +
☆旅で出逢ったワン子達☆
掲載&展示他のお知らせ&他
♡ My cat family ♡

タグ

(466)
(356)
(235)
(219)
(95)
(80)
(66)
(66)
(55)
(52)
(52)
(42)
(38)
(38)
(34)
(32)
(9)
(8)
(7)
(7)

+ My cat family×3 +

はんぞう  (23才)
1994年9月東京都内の某神社で出逢う!(生後一ヶ月位)
自称猫好きおばさんに保健所に連れて行かれそうな所を保護。 
世界一愛し、愛されている仲♪

うち子(うっぴん・唯一の姫)
1994年10月26日、東京下町生まれ(1995年1月25日に家族になる)
出会い~母猫&飼主が育児拒否。痩せ、蚤&外耳炎でひどい状態。故ひらめ(前猫)に似ていたのと、見かねて引き取る。
~ 2009.6月30日、旅立ち ~
享年14才8ヶ月

銀志郎(呼び名・銀!ぎんた)
1996年・夏生まれ
田舎の祖母の家の蔵で生まれるが、すぐに祖母が永眠した為、母猫・子猫x3共に保護。
その後、母猫&子猫2匹一緒に里子へ。前猫のタイガーにうり二つの、銀は我が家の一員へ
~ 2014. 5月7日 旅立つ ~
享年 17歳9ヶ月

★ 姉妹ブログ 「猫と出逢う旅

☆ピックアップブロガー☆
↑ 念願叶いました♪

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

☆たびねこ Instagram

     mail →

野良にゃんblog
猫に逢いに行こう♪
猫旅食遊楽記
愛しいきもち
路上のルール
猫とパンクとソラリスと。
野良猫の安全地帯
雲と鮭、あるいは雨季の旅人宿

Photo blog
ほよりんぷーちゃん
blanc[che]
ココロトレール
Camera freaks a GO! GO!
Leave Me Alone

* Link*
アジアのかけら
お散歩ブログ
石垣島インドカレ-食堂 ムンドラ
つばめの武勇伝
田舎で暮らすくつかのコト
えこたび
“美しいぃ”が見えたっちゃ!
幻?の猫:はるみ
COUCOU, c'est moi!
のんたんち
川柳っぽい猫のブログ
おたっしゃくらぶ-高齢ネコの日々

素材やさん『chai*』

~ 日々ブログ ~
*たびねこ*Seaside Life and catx3(休止)


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~


+フジフィルム ウェブ美術館Premium Gallery+
受賞作品の販売して頂いています。

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ

+掲載写真集+

Camera Peopleみんなのまち

+ 掲載誌 +

女子カメラ 2009年 06月号 [雑誌]


女子カメラ 2009年 09月号 [雑誌]


どうぶつたちへのレクイエム


ねこたちのてんごく

フォロー中のブログ

y.h.b-mutter
野良猫写真blog
黒・白/ 色  カメラ
がんばる猫
ココロのふるさと(光のス...
お局のショールーム日記@...
移動探査基地
NORIWORKS + mac
アジアのカケラ
Myanmar Eye
Let it be
めぐみのめ
もずくのきもち
路地裏  ~ Walk ...
☆ねこにはかなわぬ☆
one day
旅空日記(写真家・三井昌...
umi■neko
a stranger i...
猫山細道の雑記帳
またたび日和
無敵の霧子
Lush Life
* Colorful W...
大福日記
miccaの三日三晩
オトメカフェ**cog
子の日窯日記
couleur d'ai...
猫イズム
心はいつも。。。
いい日ゆめ旅
*地球旅行*
金平糖
大地はオレンジのように碧く
旅綴
ちまもの読書日和
ひとりごと
写真日記
ココロのふるさと*モノクローム
くらしのギャラリーちぐさ
ねこさんぽ
travel memo
Yucky's Tape...
おもしろ動物Cafe
オール電化生活!カノンと...
【bin】 世界中がおも...
LIFE IS PEAN...
猫の声がきこえる
田園都市生活
こはるびより。
marcoのほわわんスケッチ
Mawaru:f
ヒビ : マイニチノナン...
feering  自分らしく 
気ままに おひとりさま☆
ねこ旅また旅
konpeitouのかぞ...
ネコと文学と猫ブンガク
いつまでもお洒落でいたいから
サバとタラ
高円寺てげてげ日記…
幸福な時間
わたしのひだりめせかい
猫と出逢う旅 - たびねこ -
続・暮れゆく日々の足跡

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

最新のコメント

お久しぶりです(*^ω^..
by sos-wind2 at 19:54
* ねこばばあ さん* ..
by tabineko-hanzou at 20:42
*chigusano さ..
by tabineko-hanzou at 20:38

記事ランキング

画像一覧

検索