私が旅冬眠中の訳・・・

「次の旅の予定は?」 「旅冬眠中?」 「体調が悪くなったの?」などなど
メールを頂いたり、鍵コメントで質問される事が多くなったので、これを機会にお話します。
私はいたって元気!実は私ではなくて昨日紹介した猫のうち子さんの病気が理由です。
日々ブログ(休止)から見て下さっている方はうち子さんの病気の事ご存知だと思いますが
今から3年前に、乳腺腫瘍(癌)になりました。

先生によっても色々な意見があり「腫瘍が大きくなってから取ればいい」(←他に何の説明もなし)
知人の獣医や多くの医師は「猫の乳腺腫瘍は、ほぼ悪性で手術しても爆発的に再発する場合がほとんど。
術後の予後も悪く進行も早めてしまい、痛い思いをさせるだけ可愛そう」という手術反対意見が大半!

手術をしない場合は自壊(腫瘍が皮膚を突き破り出てきてしまう)してしまう可能性があります。
乳腺腫瘍の手術の成功の可能性はわずか数%!(この当時で)
当時、色々調べたり勉強をして悩み抜いた結果、奇跡的に米粒大の大きさで発見できたのと
お告げのような不思議な夢を見たのと、勘ですが確信があったので手術に踏み切りました。
(幸い滞在している福岡に、腫瘍専門の先生が居ました!全国でも少ないです)
当時11歳の高齢で、全身麻酔のリスクもありましたが、数%の可能性にかけて・・・
ただ初期の手術で成功した場合でも、余命は3年です。
(それ以上長生きできたケースは、世界のデーター上では、無いそうです)


d0098941_16382228.jpg

          胸半片面を全部削ぎ取る大手術でした。手術後、心配そうに見守るギンタ


d0098941_16394429.jpg

     普段は仲が悪いのに(うち子さんが無神経な銀を嫌ってます・笑)毎日寄り添っていました。

               1ヶ月位は痛みも凄くて痙攣したり、見ているのが辛い程で
              きつかった介護服もブカブカになるほど、激痩せてしまいました。


d0098941_16424211.jpg

            安らかに寝ている姿や毎日の消毒の時 (通常は激しく嫌がるそうです)
           嬉しそうにゴロゴロしながら、お腹見せてくれる時がホットする瞬間でした。



d0098941_12271589.jpg


あらから3年が経ち、余命の日が近づいてきました。
乳腺腫瘍は、その後問題なかったのですが、昨年春・脇の下に小さなしこりを発見!
先生も気づかない程度の しこり です!3年前の大手術の時に、次に腫瘍が出来たり、再発時は
手術はしないと決めていたのと、高齢で再手術のリスクが高すぎるという事で様子見に・・・
(現在、体に優しい代替・免疫療法・漢方&サプリメント・マッサージ・手作り食などのみ、
動物にはほとんど効かないと言われている、抗癌剤の治療他はしていません)

腫瘍は、夏を過ぎた頃から少しづつ成長を始め、私が旅冬眠を決めた11月の
瀬戸内の旅が終わってからは待っていましたとばかりに急成長してしまいました。
現在の腫瘍の大きさは体の3分の1程度(頭の大きさ位)にもなり体のバランスも取りずらい状態です。
腫瘍は肋骨まで押してしまい、体もガリガリに痩せてしまっています。
自壊もせず巨大な腫瘍があるのに、元気で生活できている事は先生も驚いています。

病は気からとも言うので、昨年秋頃・運動兼楽しみを持って生きて欲しいという願いから
仕掛けた海散歩が効となり?今では毎日深夜・早朝問わず何度も海辺散歩を催促される位です(笑)
生きがいがあるからなのか?今までは見たことがないくらい元気に毎日ワンコのように海辺を走ってます。
体は辛いのだと思いますが、彼女は今までで一番幸せそうな表情しているのが救いです。

ところが、先週の金曜日に体調が悪いようでテレビ下こもってしまったのです!
しかし数時間後には食欲が戻り、散歩も催促されたので少し安心していました。
翌日深夜、私はなんだか寝付けず30分おきに起きてしまっていましたが
テレビ下で静かに寝ている様子がしたのでそっとしといてあげたのですが・・・
(寒くなってきた11月からは、うち子さんたちと一緒にリビングの床で雑魚寝してます)

朝テレビ周りを見て驚きました!吐血した後があり周りに血ぶきが沢山飛び散ってます。
猫歴長い私ですが、吐血を見るのは初めての事でかなり動揺してしまいました。
病院に電話した所、胃が切れてるか?腫瘍が内臓圧迫して内臓損傷の可能性もあり
どちらにしてもあまり良い状態ではない可能性があるとの事。
しかし本人の食欲があり元気があるとの事でしばらく様子を見る事になりました。
その後1度激しく吐いたり、数時間体調が悪くなったのですが今は元気にしています。
吐血について色々調べたのですが、緊急性があるものが多く、翌日亡くなったりする場合も多いのに
元気にしているのが不思議だし、感謝しています。


d0098941_17241727.jpg

         (↑ひだまりでポカポカ光合成中~♪ 先月・針生検の為、包帯グルグルです)

色々調べたり聞いた結果、針生検(骨髄まで針を刺し細胞を取り悪性か判断する検査)は
結果が出ない事がほとんどで意味がなく、体に負担がかかるだけという事が多いらしいので
何度もお断りしていましたが「何か方法があるかもしれないし」の言葉に負けてしてしまい
検査を依頼してしまいましたが、その後元気になるまで10日間もかかってしまいました。
やはり結果は分からず、痛い思いさせただけの可哀想な事をしてしまいました。
獣医さんの治療方針も三種三様なので、やはり言われるままの治療ではなく
家族も勉強し、参加する治療も大事だと改めて思いました。

癌になる原因は一概に言えなくて、原因として言えるのが

「ワクチンの過剰摂取」 ← 現在欧米では、3年に1度が推奨れています。

「食生活」 ← 獣医師推薦のカリカリであっても凝固材を用いている為。
         (元々猫は新鮮な生肉が主食でした。)

「ストレス」「電磁波」「タバコなどの室内汚染」「遺伝」「老化」色々な要因が考えられるそうです。

昔は、癌になる子はいなかったそうですね。
動物達に辛い思いをさせない為にも予防も勉強も大切だと実感しました。


d0098941_12355915.jpg


          その後ですが、吐血から5日経ちましたが今の所は元気で、お散歩もしています!
               今後も、慎重に観察する必要があると思います~ドキドキです。


d0098941_18311971.jpg

        ↑ パソコンをしてると物凄い勢いで飛び乗ってきて、キーボードを枕に寝ています。
        キー頻繁に押されてしまう(汗) 普段は腫瘍がじゃまして辛い体制で寝ているのに
           気持ちよさそうに熟睡している為、ここで一緒に寝ることもシバシバ(笑)



d0098941_12394627.jpg


旅ブログなのに愛猫の うち子 さんを登場させたのは、旅へ行かないの?かとの問合わせが
あったからだけじゃなく、3年前や現在もうち子さんが病気になった時、いつまで生きられるのか?
どのような経過を辿るのか?知りたいことが山ほどあり藁おもすがる気持ちで
同じ病気の猫ちゃんの、闘病日記を読ませていただいたり、治療を参考にさせてもらいました。
感謝の気持ちも込めて、同じ病気を抱える方のお役に立てればと思いました。

乳腺腫瘍は、進行具合にもより異なりますが、数ヶ月~1年以内で亡くなってしまうケースが
非常に多い不治の病ですが、うち子さんのように長生きできているケースもあるという事を
知ってもらえ、少しでも介護されている方の励みにもなると嬉しいなと思いました。
現在14才と5ヶ月、本音は余命記録塗り替えて、まだまだ長生きして欲しいのですが
苦しんでまで延命したり、私の為にがんばって欲しくないので
できれば最後の方まで今まで通り楽しく過ごして欲しいと願うばかりです。
3年かけて覚悟してきたけど、その時が来たら耐えられるのかな?

5月には恒例の韓国旅できたらいいなぁと思い、船も予約済みでしたが、キャンセル予定です。
でも大丈夫!チェコ旅も途中ですし、まだまだ紹介していない国も沢山ありますから(笑)
フィルム写真時代も含めるとそれは物凄い数になるかと・・・
私にとって猫が居ないと生きていけないけど、旅は無くても生きていけます。


                         来週からは気分変えて「チェコ一人旅」の続編紹介します。

[PR]
by tabineko-hanzou | 2009-03-13 20:40 | ♡ My cat family ♡ | Trackback | Comments(48)
トラックバックURL : http://tripcats.exblog.jp/tb/9459253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saochan7k at 2009-03-13 21:49
たびねこさん、こんばんは。
うち子さんの病気と闘う姿、けな気で心打たれました。
小さな体で必死に戦っているのですね。
それを支えてくれる家族がいるので幸せですね。
私も昔飼っていたうさぎが子宮癌のような病気にかかって
手術したことがあったので、少なからずお気持ち察します。
たびねこさんの愛情を生きる力に変えて日々一生懸命生きているんですね!大切にしてあげてください^^
Commented by 美詩 at 2009-03-13 22:47 x
人間も猫も長く生きていると病気にもかかりやすくなるわけで・・・
それぞれ色んな病気と闘っているんですねぇ
3年生きた。ということは人間でいえば10年ぐらい生きたって事ですよ!
これ以上、苦しい思いや痛い思いはさせたくないですね(T_T)

癌になる原因
なるほどね!ワクチンの過剰摂取とかドライフードもそうなのね?
良かれと思ってしていた事が、実は・・・って事があるんだね~。ドキッ!
ギズモは18歳の時に、前足に出来たシコリ(癌)の手術したんだよ~
高齢で手術に耐えられるかどうか・・・心配だったけど、癌を放置しても
可哀想だったから思い切って手術して、助かって やれやれ と思った
翌年に トドメの腎不全
長生きするのも大変だな~!って、つくづく思いました(涙)
*たびねこ*さんも、うち子さんとの残された時間を大切にね(-人-)


Commented by にゃプチーノ at 2009-03-13 23:17 x
うち子さん、病気と闘っていたのですね(><)
たびねこさんの愛情イッパイ受けて頑張ってるんだと思います。
うち子さんはこれだけ愛されて幸せ者です。
うち子さんとの時間を大切に毎日過ごして下さいね。
Commented by daichanfukuchan at 2009-03-13 23:27
うち子さんの具合が悪いのは聞いていたので、
心配していたのですが、そんなに大変とは知りませんでした。
そんなに大変な時にいつもコメントをいただいて申し訳なく思いました。

でも、うち子さんは健気ですねえ。
tabinekoさんの愛情をいっぱいもらって、
頑張っているのがよくわかります。

銀ちゃんはふくちゃんによう似ていますね。
だいちゃんが昨年夏に具合が悪かった時に、
傍から離れず心配して食欲までおちたのですが、
銀ちゃんと重なって見えました。
家族なんですよね。
本当に優しい銀ちゃんですね。

うち子さんの痛みが少しでも和らぎますように
心から願います。
Commented at 2009-03-13 23:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-03-14 00:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-14 01:18
*saochanさん*

こんばんは~☆

大手術後しばらくは見ているのが辛くて手術が本当に良かったのか?
すごく考えましたが、今大きな腫瘍があるのに元気な姿を見ると救われます。

うさぎさんも癌になってしまう事があるだなんて・・・
生きているもの全て病気とは無縁ではないのですね。
小さいのにがんばりましたね。
うち子さんは、今は何しても怒られないし自由に好きなことができるし
毎日お散歩もできるので今がすごく楽しそうで生き生きしています。
Commented by やみくろ at 2009-03-14 01:20 x
家族だよね。
たびねこさんにいっぱい愛されているうち子さんは幸せだろうね。
愛されているから、うち子さんも生きたいと思ってがんばっているんだろうね。
Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-14 01:34
*美詩 さん*

本当にね、人間も猫も長く生きていると病気にもかかりやすくなりますね。
3年ってホント凄い事だと感謝しています。
同じ病気の子達の経過を見ると、手術してもすぐに再発してしまう子がほとんどで
手術しない場合も腫瘍が自壊してしまい、その後数ヶ月
又は長くても1年以内には亡くなる子がほとんどみたいです。
そんな中もう少し長生きしてというのは欲張りな事なのかもしれないですね。
今まで元気なのが救いでしたが、
吐血してしまったので覚悟が必要かもしれないです。
可能性低いけど、たまに好転反応で吐血する場合もあるみたいなので
そちらだったらいいのに。
今ワクチンの過剰摂取は問題になってますね。
でも日本ではやはり病院の収入源なので、
3年に1度と言っている病院が少ないのが現状です。
でも外に出る猫ちゃんだとどちらがリスクが高いか?という話にもなりますね。
ドライフードには凝固材が入っていて、
特に癌の子にあげるのは避けたほうがいいみたい。
人間でもそうですよね、栄養があるからと言って栄養食(固めたの)
みたいなのしか食べないと気が落ちるそうだし・・・
Commented by niya96 at 2009-03-14 01:37
こんばんは。

うち子さんとの濃厚な時間をすごされてるかな。
一昨年の暮れに、先代のネコ(クロスケ)を顎のガンで亡くしました。
発症から3ケ月であっという間でしたが、それまでの12年を超える
くらい貴重で濃い時間をすごせました。  島行きとかも延期でした。

tabineko-hanzou さんと うち子さんと幸福な時間を祈ります。
Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-14 01:40
*続・・・美歌さん*

でも先日話した実家の三毛さん、ドライフードや何でも食べていて
(獣医師推薦のじゃなくてたぶん安いやつ)
人間にも懐かず、付かず離れずみたいな生活していたけど
20歳以上生きたからね!一概に言えないと思います。

ギズモちゃんは高齢で手術したって言ってたね。
術後の病理検査の結果はやはり悪性だったのかな?
足のシコリなら状況にもよるけど私も手術すると思う。
うち子さんの乳腺腫瘍は↑で書いたようにかなりやっかいな癌なんです。
必ずしも手術がいいとは限らないの。
前回の手術後の予後からして2回目は考えていなかったけど、
どちらにしても今回の腫瘍は肋骨ごと取らないといけなくてとても無理だそうです。
腎不全・・・3年前はんぞうが宣告された不治の病です。
あの時は、うち子とはんぞうが一気に病気になりどん底でした。
でも奇跡が起きて(不思議な夢を見た)はんぞうの病も
うち子さんの術後の爆発的再発の癌も消えたのです。
もう奇跡は無理なのかな・・・欲張りだよなぁ・・・


Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-14 01:54
*にゃプチーノ さん*

そうなんです、2年間位は病気の事忘れてしまう位良く食べていたので
かなり太ってました(**)
食欲旺盛ぶりは、数多くの動物の面倒を見ているペットシッターさんも驚く程で(笑)
後どれくらい時間が残っているのか不安なんですが、
最後まで楽しく生きてくれるといいなぁ~と思っています。
Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-14 02:02
*大福さん*

ものすごく食欲もあるのですが食べても
腫瘍が大きすぎて栄養を全部取られちゃうみたいです。
病気なのに元気に生き生きとしてくれているので助かります。
コメントはとんでもない、こちらこそいつもありがとうございます。
普段は辛そうにしていないのと、私がパソコンしていると写真みたいに
横になって眠るのが今楽しいみたいなので私も遠慮なくパソコンしてますから(笑)
忙しく何かしていないと色々マイナスに考えてしまうのでよくないみたいです。
よく相談され役でアドバイスでは前向きになれるように色々話したりしているので
「いつも前向きでいいなぁ~」と言われているので本当のとこは内緒ですが(^^;)
ふくちゃんと銀似てますよね(^m^)毛色も♪
ただ、ふくちゃんの方がおりこうさんで美猫さんですが(笑)
だいちゃんの時も心配でしたよね。
すぐによくなって良かったです。
うち子さん今はあまり痛みが無いのか、
慣れてしまっているのかも?しれないと先生がおっしゃってました。
Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-14 02:08
*鍵コメMさま*

我が家は日が当たらない家でかわいそうな事しています。
玄関先には、日だまりができるので日向ぼっこさせ中です(^^)
こちらこそお声かけていただいてありがとうございます。
こんな事情で行けなくてすみません。
又いつか機会があるかもしれないですね(^^)
又お声をかけてくださいね。
Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-14 02:11
☆鍵コメさま☆

ありがとう!
気を使わせちゃってごめんなさい。
気を使わせるのが申し訳なくて
最初はコメント欄閉じようと思っていたのですが・・・
お気持ちだけで、コメントなくて大丈夫です。
いつもありがとう。
Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-14 02:14
☆ やみくろ さん☆

コメントありがとう。
そうなの私の大事な家族。
人には猫に対する愛情が異常だとか言われることもあるんだけど
私にとっては子供の頃から1番大事な家族なんです。
ちゃんと、うち子さんを愛せてるかな?幸せかな?
幸せに思ってくれているといいな・・・
まだまだ沢山お散歩行きたいなぁ~
Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-14 02:19
☆ うみねこさん☆

こんばんは~☆

そうですね、元々東京を離れて福岡に来ることの理由の1つに
猫と過ごす時間を沢山作りたいというのも理由に含まれていて
その通り旅に出ている以外の空いている時間はほとんど猫達と過ごせました。

実は昨日お声かけていただき、うみねこさんのブログを見て
先代のクロスケちゃんの事を知りました。
ガンだったんですよね。
クロスケちゃん、がんばりましたね。
「それまでの12年を超えるくらい貴重で濃い時間をすごせました。」という言葉に
じーんときてしまいました。

Commented by chimamotto at 2009-03-14 10:27
うち子さん。少しでもtabinekoさんと一緒にいられる時間が長くなるといいですね。
ペットって家族そのものだなと文章をよんでつくづく思いました。
うち子さんとの時間、大切に過ごして下さいね。
Commented by KAORU at 2009-03-14 11:53 x
ロイの前に飼っていた ロシアンブルーMixのマヤ(♀)が乳腺腫瘍でした。 家内の連れ猫だったので、正式な年齢はわからず仕舞でしたが、12歳くらいでした。
しこりを発見して、手術。 この手術も行うか行わないか選択を迫られたのですが、あまり効果が期待できないもののやれるだけのことは と思い、踏み切ったのですが、リンパ系に広がっていたのが分かったまででした。 
マヤはそれから4ケ月後に亡くなったのですが後半2ケ月くらいは食欲がガタっと落ちて、獣医師も「とにかく食べさせてください」とのことでした。

悲しい出来事ではありますが、ネコを飼っている以上、最期を看取る時がどんな形であれやってきますので、残されたうち子ちゃんとの時間を大切に、そして認識なさっているかとは思いますが、食欲の変化には充分気をつけてください。
Commented at 2009-03-14 12:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by berrypafe at 2009-03-14 12:44
うっちゃんが大病って事は知ってたんですけど、改めて詳細を知って何と言葉をかけたらよいのか・・・。先日、ミリオンダラーベイビーという映画で取扱われているテーマ、「延命」について話をしていたんだけど、愛しているからこそ、苦しみを長続きさせたくない、という意見と、愛しているからこそ、生き残る側のエゴで何としてでも延命させたい、という意見で考え込んでいたばかりです。・・・私は前者の意見ですが。こんな事を考える時、常にユイとハルが目の前に浮かんできます。考えるだけで辛くて涙が出ます。たびねこさんは、今、現実にそれを目の前にしている一番辛い状況ですよね。うっちゃんの為に、明るく接しよう、努めよう、とするたびねこさん家族、そして、きっとそれにこたえようとしているうっちゃん。本当に、うっちゃんが、幸せな余生をおくれますように。実家のくーちゃんが白血病になった時、余命3年と言われて、もう4年生きてます。メチャメチャ元気です。だから、うっちゃんだって、4年、5年と元気に生きる可能性は充分にあるのだから。期待はいつも最後まで持っていたいです。私にもいつか来る「この日」に向かって、きちんと考えておきたいです。
Commented by ほよりん at 2009-03-14 18:03 x
家族に病気の人(一緒に生活している動物も同じ)がいると大変ですよね。。。
私も人でも動物でも経験あります・・・

うち子さんはお散歩が好きなようですね♪
好きなこと楽しいことして、少しでも痛みを忘れられる時があるといいですね

うち子さん、がんばって!
陰ながら、心の中で祈ってます。
Commented by みむら at 2009-03-14 22:50 x
ガン…なんですね…
でも写真からは苦しそうな感じは伝わってきません。
きっとうち子さんもたびねこさんといられて幸せなんだと思います。
出会ったときから別れは必至だけど、それまでに色々な思いでを作れるというのは素敵なことです。
残りの時間がどれだけあるのかわからないけど、その時が来てもお互い悲しいだけの別れじゃなくて、幸福感や感謝の気持ちに包まれたものであってほしいものです。
Commented by ふびらい at 2009-03-15 00:26 x
うち子ちゃんのお顔を見ればわかります
体は辛いけどとっても幸せだってこと。
銀君の姿にも心打たれます
たびねこさんを通じてしか知りませんが
今まで銀君のこと誤解していたようです
ごめんね
そしてこれからもしっかりうち子ちゃんのこと見守ってあげてね。
Commented by 静流 at 2009-03-15 08:00 x
うち子さんの事、初めて知り胸が痛くなってしまいました。でも、たびねこさんが飼い主で良かった。うち子さんはきっと、たびねこさんだったから頑張って生きようという気持ちになっていると思います。私は13年前に自分の無知のせいで4ヶ月の子猫を亡くしています。一生償っても償いきれないけど、これからずっと後悔しない生き方をすると誓いました。たびねこさん頑張って!うち子さん頑張って!
Commented at 2009-03-15 09:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by noriworks at 2009-03-15 10:09
たびねこちゃん
パソコンの調子が悪く、何度か送ってたらごめんね

macさんの時は、たびねこちゃんからのメッセージがとても
嬉しくて、何度も何度も読み返しては泣きました
何もわからず、どうしていいのか途方にくれていた私には
こんなにも力強いコメントをくれた、たびねこちゃんに
どうしても会って、お礼が言いたいと思っていたのです
それなのに、京都旅の件はごめんね
22日に日帰りで、お先にAKIちゃんに会ってきます
たびねこちゃんにもうち子さんにも何もしてあげれないのが辛いです


Commented by rose7win at 2009-03-15 21:17
うちねこちゃん、癌なんですね。。
うちも祖父母宅や実家で猫や犬を飼い続けているので
病気は何度か経験しました。
ほんとに切ないですよね。
一瞬一瞬、一緒にいられる時間を大切に!!
と思って過ごしたのを思い出します。
実家の猫も高齢なので人事ではないですー(>_<)
Commented at 2009-03-16 12:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-16 20:00
* chimamotto さん*

自分も含めて命あるものはには、
いつか終わりが来ると分わかっていても
少しでも一緒に長く居れたらいいのにと思ってしまいます。
私にとって1番大事な家族ですね・・・
こんなに長く一緒にいるのも初めてです。
こちらに来てからの猫達と過ごす時間は、ものすごく多く
3年は、10年以上の時間を越えた密度になりました。

Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-16 20:22
☆ KAORU さん☆

ロイちゃんの前にロシアンブルーMixのマヤちゃんという猫ちゃんが居らしたんですね。
周りに猫と暮らしている人や友人も少なく
最初は、乳腺腫瘍という病気がどのような病気かも知りませんでした。
身近にうち子さんと同じ病気の猫ちゃんと暮らした事のあるKAORUさんが居たとは!?
乳腺腫瘍は本当に難しい病気ですよね。
マヤちゃんは、最後までがんばったのですね。
人・動物、別れは本当に悲しいです。
相手を思う深さの分だけ悲しみも深いものになります。
だからこそ残された時間を大切にできたらと思っています。
そうですね、食欲の変化は大事ですね。
今まで多くの猫を見送ってきましたが、まず食欲が無くなり・・・という事が多いです。
後、呼吸や動作の変化だったり・・・
食欲の少しの変化で見つけられる病気もありますからね。
うち子さんは、どんなに具合が悪くても痛くても産まれてから1度も
食べない事がないくらいご飯命なんです(^^;)(笑)
出来るだけ美味しく食べてくれるようにご飯にも色々工夫はしているのですが・・・
最後の方まで食べてくれるのを祈ります。

Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-16 20:33
*鍵コメSさま*

こんばんは。

そうなんです(笑)
我が家の猫達は、甘えん坊だし未だ走り回っているので
高齢には見えないですよね(^^)
昔、猫は10歳超えると遊んだりもしないで
ずーっと寝てばかりいるのだと思ってました。

うち子さん普段は銀が嫌いなんですが
(銀はしつこくするし、何でも奪うし無神経なんで数年前から)
この時は痛みがひどくて、私が寄り添えない時は銀の側にばかり居ました。
さすがに銀も分かるみたいで、この時は黙って寄り添ってあげていました。
そうですね、ずーっと一緒に暮らしていると猫じゃなくて家族ですね。
子供の頃から猫が一番の家族です。

へへ・・・九州は楽しい・面白い・美味しい!!!
残りの時間出来るだけ満喫したいです♪

Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-16 20:53
*べりさん*

「延命」・・・難しいですね。
うち子さんや銀に関してはちゃんと看取ってあげたいと思っているので
べりさんと同じ前者なんですが、はたしてはんぞうでもそう思えるのか?
はんぞうに関しては酷いペットロスを救ってもらったのが原因?
世界一愛しているし、居ない人生が考えられないんです。
こんな事書くのはどうかと思うんですが、本気で私が先に逝きたいと昔から思っていました。
はんぞうに関しては後者になる可能性が大です。

>一番辛い状況ですよね。
↑そうでもないです。
今まで沢山の猫を見送ってきましたが、いつも突然でお別れもいう時間もなく
何もしてあげれなかったから・・・
今うち子さんは病気だけど出来る限り色々してあげられました。
具合が少しでも悪いと心配でたまらなくて、
他の部屋に隠れてグズグズ泣いたり落ち込んでいますが
うち子さんが楽しく生きててくれているから幸せです(^^)
くーちゃんが白血病になったのは確か?うち子さんの病気が発覚した後だから
同じ4年目に入りますね。
くーちゃん本当によかった(^^)
私、前猫は白血病で2匹1日違いで続けて亡くしたんです。
Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-16 21:09
* ほよりんさん *

そうなんですか・・・ほよりんさん体力も精神的にも大変だったですね。
私は、うち子さんがまだ元気にしてくれているので大丈夫ですが、
我が家の寝室が異常に寒くて風邪引かせちゃうといけないので
(12歳過ぎてからは皆すぐに風邪引いちゃうんです)
11月からは一緒にリビングの床で雑魚寝してるのですが、
うち子さんが寝返り打ったりしただけでその都度起きてしまい
異変が無いか?毎日ドキドキ心配でほとんど眠れません。
でも朝起きて「ニャーン」と元気な声を聞くと安心します(^^)
この状態が何年も続くと体力的にも精神的にも
だんだんきつくなるんだろうと思います。

うち子さんは、お散歩が大好きです♪
今は寒いので海散歩には連れて行かず、
玄関周りを勝手に行き来してもらってます(^^)
彼女にとっては大冒険みたいで毎日目輝かせています。
好きなことをしていると痛みを忘れられる時間があると何処かで聞いたことがあって
食べる以外にも何か生きがいできないかなと思い
興味がありそうだったので仕掛けてみました。
Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-16 21:20
☆ みむら さん☆

動物には昔は見られなかったガンですが、環境の変化や
寿命が延びたことにより最近では珍しい病気ではなくなってしまいました。

今はたまに辛そうにしていますが、(今年に入って2回)
普段はすごく楽しそうに生活をしています。
以前はボーットしていたり、食べる以外には何も興味しまさない子でしたが
海散歩をきっかけに、生きがいが出来たのがよかったのか?毎日楽しそうで
目を輝かせながらお外の催促を頻繁にされます(笑)
何にでも興味を示すようになり子猫の時が再び戻ってきたようです。
ガリガリに痩せていますが長毛なのも幸いで、目立たなくしてくれています。
ホントですね(; ;)出会ったときから別れは必至ですよね。
自分も生きている以上は避けられない事ですね。
今まで私が関わる猫は皆短命で、とても申し訳なく思っていました。
妹にも「あんたが拾ったり育てた猫は皆早死にするよね」「なんで?」
「猫にとってもいいんだか?悪いんだか?」と言われていたくらいなので
長生きをしてくれて本当に感謝しています。
Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-16 21:31
☆ ふびらい さん☆

うち子さん、毎日生き生きとしていてお顔は子猫の時のようなんですよ!?
おめ目くりくりで天使みたいな顔なんですが、
イマイチ写真撮る時はいい表情のが撮れなくて・・・(^^;)
今まで食べ物以外にはあまり興味を示さず、ぼ~っとしてましたが
生きがいを持つとこんなに生き生きするものなのですね。
体は普通の状態ではありませんが、今が一番幸せそうです(^^)

>今まで銀君のこと誤解していたようです
↑イエイエ誤解じゃありません(笑)
猫とは思えない無神経ぶりは健在でいつも皆に怒られています(笑)
本人は悪気は全く無いみたいですが(^^;)
でもさすがに大手術後はすごく痛いのがわかるみたいで黙って寄り添っていました。
大昔、銀がまだ子猫の頃(体はでかい・笑)、前猫の事ですごく攻められ私が初めて猫の前で号泣してしまった事があるのですが
その時私の膝に来て出てくる涙を次から次へと手で触ってきました。
分かってて拭ってくれたのか?
涙が落ちるのが不思議で手で触り続けていたのかは分かりませんが
銀の行動がおかしくて笑ってしまいました。
Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-16 21:47
* 静流さん*

以前「なんくる」のコメントで書かせていただいたのですが、
写真展をお断りした一番の理由はうち子さんの事がかなり占めていました。
その節はあまり詳しくお話していなくてごめんなさい。

私も子供の頃も含めると何回かあります。
今居る子達の前猫達は、私の無知のせいで沢山苦しめた末亡くなりました。
私も一生償っても償いきれないです。
長い年月経ちましたが、良い想い出はほとんど思い出されず
辛い思い出のみ思い出されます。
でもこれからの命やがんばっている命をその子達の分まで
少しでも後悔しないように勉強したり
色々してあげれるといいなと思っています。


Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-16 21:52
*鍵コメちゃん*

ありがとう(^^)
血が沢山あった時は頭真っ白になり、あまり考えられずに
急に急いで結果出してしまってごめんなさい。

普通の日なんて無いとわかっていても
毎日の日常で忘れかけてしまうのだけど
うち子さんが1日1日はとても大切な日だと言うことを
思い出させてくれます(*^^*)
Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-16 22:07
ё noriworks ちんё

macさんの時は、私も驚いてしまい眠れませんでした。
>何もわからず、どうしていいのか途方にくれていた私には
↑私も最初にうち子さんとはんぞうが不治の病と宣告された時同じでした。
だから気持ちが理解できました。
お礼だなんて!!
私もいつもmacさんには笑顔もらってますから(笑)
イエイエ京都旅の件は、私の方がごめんなさい。
花灯路の模様楽しみにしてまーす♪

うち子さんは先生に写真見せたところ吐血じゃなくて、
鼻から出た可能性が高いみたいです。
口の周りも汚れていなくて血しぶき状に飛び散っていたから・・・
鼻の腫瘍や肺からの可能性もあり深刻な状態も考えられるそうですが、
かと言ってレントゲンとったりしても原因が特定できない可能性もあり
特定の治療法も無いため、病院のストレスを考えて様子を見ることにしました。
でも、本人は元気で毎日楽しそうにしてくれています(^^)


Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-17 01:01
*roseさん*

最初先生から「癌」と聞いた時は、驚きというか絶望というか何と言えない感じでした。
しかし、本人の前で泣くわけにもいかないし
いつまでも落ち込んでいられない!絶対にすぐには死なせない!・・・と
ありとあらゆる本読んだり病気について沢山勉強しました。
そのんな意気込んだ私の姿を見て恐くて、
がんばらなくちゃと思ったのかもしれないですね(^^;)
人も動物も病気をしたり。別れが来るのは避けられずほんとに切ないですね。
平凡に過ごしている日常こそが奇跡、一緒にいられる時間を大切にしたいです。
実家の猫ちゃんも高齢なのですね。
我が家は3匹とも高齢です(><)
お互いに少しでも健康で長生きして欲しいですね。



Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-17 01:17
☆鍵コメMちゃん☆

久しぶり~☆その後も元気にしてますか?

そんな事ないよーーー自分を削ってでも与えてるという感じではなくて
自分がしてあげたくてやっているの。
今まで私が保護したり、関わる猫ちゃんは皆短命でした。
オバケや前猫が続けて4匹死んだ時(その年は10匹弱の子が亡くなりました)
心の準備も何も出来ないまま、皆急に亡くなってしまっていたのに比べれば
うち子さんはこんなに長生きしてくれて、がんばってくれて
出来るだけの事をさせてもらえて感謝しています。
その時が来た時、後悔はするだろうけど少しでも悔いが少なくなるように
そしてうち子さんに、この世は楽しかったと思ってもらえたらいいなぁ・・・
今まであまり欲求とかしたことが無い子だったのに
あれが食べたいとか、外に出たいとか色々言ってくれたり
楽しそうにしてくれているのが私も嬉しいです(^^)
Mちゃんも体に気をつけて☆
Commented by なみちゃんへ at 2009-03-19 21:19 x
いつも密かに観てますよ!
コメントは入れたこと無かったけど、
うっちゃんの事であまりにもショックで初めてコメントを入れました。

なみちゃんとは時々しか会わなかったけど、猫好きだから
よく、遊びに行ってたけど、その時、まだ小さかったから、
白いネコとか灰色のネコって名前覚えられなかったけど(A
嫌がってたけどよく遊んだコトを覚えてます(∀
こんな病気に罹ってたなんて知らなかった(A;
めちゃくちゃショックです(;A;

おかあさん、このブログ観てないけど、
私が見つけて、うっちゃんの事を言ったら、
凄いショックをうけています・・・。
おかあさん、超号泣しています(;A;
かなり落ちてます・・・・。連絡したくない位に・・・。
あまりにも、ショックでうっちゃんの昔の話をしています(A

私もうっちゃんと遊んだ事あったから、
コメントを書かずに居られませんでした。

1日でも長く、長生きしてほしいです(;A;)
Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-20 02:11
# ゆっちん #

最初の部分だけ読んだ時、のりりんかと思っちゃった(笑)
いつも見に来てくれてありがとう♪
のりりん譲りのするどい突っ込みしていいからね(^^;)

ゆっちんに初めて会ったのは3歳の頃だよ!?覚えてるかな?
あんなに小さかったのに、あらから何年?大きくなったね(^^)
白い猫(うっぴん) 灰色の猫(銀)・・・・ 茶色の猫は?⇒ はんぞうもよろしくね(笑)

おかあさんだって(^m^)のりりんが見たら驚くね(爆)
のりちゃんに泣かないでと伝えておいてね。
うっちんは、吐血じゃなくて鼻から多量に出血し飛ばした可能性が高いそうです。
あまり良い状態じゃない可能性が高いのだけど、血出したとは思えないくらい
毎日沢山食べて、お散歩の催促して元気にしてます。
苦しそうで見ていられないとかいう状態じゃないので安心してね。
体は辛いのかもしれないけど、毎日楽しそうにしてるよ。
可能性は低いけど好転反応とかならいいのにと思ってます。
Commented by tabineko-hanzou at 2009-03-20 02:15
続・・・#ゆっちん#

人・動物問わず大好きな人との別れは辛いね(; ;)
1日でも長く一緒に居られるといいなと願っています。

ゆっちんは、のりりんと親子2人旅したり素敵な経験沢山してるね。
今年もどこかに行くのかな?
昨年の春休みはトルコだったよね?いいないいなーーー
私がゆっちん位の頃は海外なんて夢の又夢の話だったよ~☆
私もいつかトルコ行きたいんだ♪
今度色々お話聞かせてね(*^^*)

ゆっちんが行きたがっていたパラオは、少しだけしかupしてないけど
←左のタグのパラオを押すと見れます。
良かったらパラオ感じてみてねん(^^)☆



Commented by ゆっこ at 2009-04-28 13:30 x
はじめまして。

猫 乳腺腫瘍で検索していたところこちらの記事にいきつきました。
私ももうすぐ15歳になる猫がつい最近乳腺腫瘍であることがわかりました。
高齢であることと手術をしても根治の可能性が薄いこと、すでに1.5センチほどの大きさになっていることなどから手術はしない方針でいこうと考えています。
それでもやはり手術した方がいいのではと毎日悩んで夜も眠れないほど辛いです。
そんな時にたびねこさんの記事をみつけうち子さんが幸せに過ごせるよう様々な工夫をなさっているのを見て、私もくよくよ悩むよりもうちの子が最後まで幸せに過ごせるよう精一杯努力することが必要だとわかり、少し元気がでました。(^^)
たびねこさんにたくさんの愛情を注いでもらってるうち子さんは幸せですね。
私もうちの子にこの家に来て良かったと思ってもらえるよう元気だしてがんばりたいと思います。
Commented by tabineko-hanzou at 2009-04-28 21:10
*ゆっこさん*

はじめまして、コメントありがとうございます。

猫ちゃんが、乳腺腫瘍になってしまわれたのですね・・・
手術した方がいいのでは?と毎日悩んで夜も眠れないほど
辛いお気持ちものすごく良く分かります。
当初私も毎日悩んで悩んでどの選択が良いのか
ものすごく考えたり落ち込んだりもしました。
どの選択を取っても後悔すると思うので
今出きる限りの事をしてあげたいと思い今に至ります。
私は最初の時は、手術を決断し良い方向に向かいましたが
今回は手術という方法を選びませんでした。
ゆっこさんの猫ちゃんのように、腫瘍が少し大きいのと15歳という年齢であれば
私も体に優しい治療法を選択していたと思います。
手術をしないとなると腫瘍が大きくなった際の自壊の可能性も高くなるかと思います。
うち子さんも現在自壊はしていないんですが、頭より大きく腫瘍が成長中です。
普通だと5センチ程度で自壊する可能性が高いらしいです。
腫瘍が大きくなるのを遅らせたりする方法もあるかもしれないですね。
続)
Commented by tabineko-hanzou at 2009-04-28 21:31
色々勉強し癌に良いと言われている物を出きる限り試してきました。
一部手作り食・サプリメント(メシマコブ等)・ホメオパシーなど・・・
後は生きがいを持たせたりストレスを与えないように注意しています。
効果があったのかな?と感じられたのは、既に動物病院でも
薦められているかもしれないですが「 D-フラクション 」マイタケエキスでした。
人間の癌にも効果がある事が確認されているようです。
効果があるかどうかも分からずに、これを2ヶ月切らしてしまった時
腫瘍がものすごく急成長してしまいました。
偶々かもしれないんですが、効いていたような気がします。
サプリ系は高いものもあるので、出きる範囲の事でよいのではないかと思います(^^)
今は色々試していなくてシンプルです。
当初はどうしても助けたくて色々勉強したり、いろんな物を試したりと
猫達にとっても私の気迫が恐かったんではないかと思います(^^;)
続)
Commented by tabineko-hanzou at 2009-04-28 21:33
今も心配で一喜一憂な毎日ですが、勘がいい猫達に悟られないように
できるだけ普通の日常と変わらないような生活を心がけています。
おかげさまで本人(猫のうち子)病気と思っていないようで
色々やらかしてくれてハラハラします(笑)
ゆっこさんも元気だしてくださいね。
そしてお互いに少しでも長く一緒に居れますように・・・
ゆっこさんの家の猫ちゃんとうち子さんは同じ年みたいですね(*^^*)





ご長寿猫 はんぞう(23才) との暮らし。旅と猫... 旅で出逢った世界の猫たち 路地裏さんぽ~  世界あちこち旅。 旅ごはん&ご当地グルメ☆


by たびねこ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

島ねこ
ヨーロッパの猫
アジアの猫
日本の猫
* クロアチアinアドリア海の島々
* チェコ便り~
ё 韓国食堂
ё(韓国旅・目次)
ё 台湾じかん
ё バングラデシュ 笑顔の旅
ё 素足のアジア
* Greek Islands
* 北の大地から~(北海道)
* 山形の旅
* ふくしま散策~
* 新潟さんぽ~
* 金沢&能登・ 合掌集落の旅
* 東京さんぽ (+近郊)
*焼き物のまち常滑さんぽ~
*愛知さんぽ
*岐阜さんぽ
* 京都ゆらり散歩 **
* ノスタルジック瀬戸内
* 四国散策
* 九州紀行
* 美ら島沖縄
★ カフェ 時間 ★
* かわいい看板 *
* かわいい窓 *
* DOOR *
*カワイイ建築*
雑貨&アンティーク&絵本+Book
+ たび あにまる +
☆旅で出逢ったワン子達☆
掲載&展示他のお知らせ&他
♡ My cat family ♡

タグ

(466)
(361)
(235)
(219)
(95)
(80)
(66)
(66)
(55)
(52)
(52)
(42)
(38)
(38)
(34)
(32)
(9)
(8)
(7)
(7)

+ My cat family×3 +

はんぞう  (23才)
1994年9月東京都内の某神社で出逢う!(生後一ヶ月位)
自称猫好きおばさんに保健所に連れて行かれそうな所を保護。 
世界一愛し、愛されている仲♪

うち子(うっぴん・唯一の姫)
1994年10月26日、東京下町生まれ(1995年1月25日に家族になる)
出会い~母猫&飼主が育児拒否。痩せ、蚤&外耳炎でひどい状態。故ひらめ(前猫)に似ていたのと、見かねて引き取る。
~ 2009.6月30日、旅立ち ~
享年14才8ヶ月

銀志郎(呼び名・銀!ぎんた)
1996年・夏生まれ
田舎の祖母の家の蔵で生まれるが、すぐに祖母が永眠した為、母猫・子猫x3共に保護。
その後、母猫&子猫2匹一緒に里子へ。前猫のタイガーにうり二つの、銀は我が家の一員へ
~ 2014. 5月7日 旅立つ ~
享年 17歳9ヶ月

★ 姉妹ブログ 「猫と出逢う旅

☆ピックアップブロガー☆
↑ 念願叶いました♪

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

☆たびねこ Instagram

     mail →

野良にゃんblog
猫に逢いに行こう♪
猫旅食遊楽記
愛しいきもち
路上のルール
猫とパンクとソラリスと。
野良猫の安全地帯
雲と鮭、あるいは雨季の旅人宿

Photo blog
ほよりんぷーちゃん
blanc[che]
ココロトレール
Camera freaks a GO! GO!
Leave Me Alone

* Link*
アジアのかけら
お散歩ブログ
石垣島インドカレ-食堂 ムンドラ
つばめの武勇伝
田舎で暮らすくつかのコト
えこたび
“美しいぃ”が見えたっちゃ!
幻?の猫:はるみ
COUCOU, c'est moi!
のんたんち
川柳っぽい猫のブログ
おたっしゃくらぶ-高齢ネコの日々

素材やさん『chai*』

~ 日々ブログ ~
*たびねこ*Seaside Life and catx3(休止)


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~


+フジフィルム ウェブ美術館Premium Gallery+
受賞作品の販売して頂いています。

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ

+掲載写真集+

Camera Peopleみんなのまち

+ 掲載誌 +

女子カメラ 2009年 06月号 [雑誌]


女子カメラ 2009年 09月号 [雑誌]


どうぶつたちへのレクイエム


ねこたちのてんごく

フォロー中のブログ

y.h.b-mutter
野良猫写真blog
黒・白/ 色  カメラ
がんばる猫
ココロのふるさと(光のス...
お局のショールーム日記@...
移動探査基地
NORIWORKS + mac
アジアのカケラ
Myanmar Eye
Let it be
めぐみのめ
もずくのきもち
路地裏  ~ Walk ...
☆ねこにはかなわぬ☆
one day
旅空日記(写真家・三井昌...
umi■neko
a stranger i...
猫山細道の雑記帳
またたび日和
無敵の霧子
Lush Life
* Colorful W...
大福日記
miccaの三日三晩
オトメカフェ**cog
子の日窯日記
couleur d'ai...
猫イズム
心はいつも。。。
いい日ゆめ旅
*地球旅行*
金平糖
大地はオレンジのように碧く
旅綴
ちまもの読書日和
ひとりごと
写真日記
ココロのふるさと*モノクローム
くらしのギャラリーちぐさ
ねこさんぽ
travel memo
Yucky's Tape...
おもしろ動物Cafe
オール電化生活!カノンと...
【bin】 世界中がおも...
LIFE IS PEAN...
猫の声がきこえる
田園都市生活
こはるびより。
marcoのほわわんスケッチ
Mawaru:f
ヒビ : マイニチノナン...
feering  自分らしく 
気ままに おひとりさま☆
ねこ旅また旅
konpeitouのかぞ...
ネコと文学と猫ブンガク
いつまでもお洒落でいたいから
サバとタラ
高円寺てげてげ日記…
幸福な時間
わたしのひだりめせかい
猫と出逢う旅 - たびねこ -
続・暮れゆく日々の足跡

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

インスタで知った時にビッ..
by AKI at 10:08
たびねこさん、はじめまし..
by ゆき at 12:33
はんぞうちゃん、旅立たれ..
by sarusaM1 at 20:41

記事ランキング

画像一覧

検索