高齢猫 はんぞう との暮らし 「ウイルス(感染症)対策☆」

d0098941_1951787.jpg

     子猫たちが退院 (一ヶ月の入院生活) し、我が家に来てから2日目☆ 昨年の夏の様子~

 高齢猫さんになると、病気や体の負担を軽減する為にワクチン接種をしなくなる事があると思うのですが
 (個体差もあるので、健康であれば高齢猫さんでもワクチンをしても大丈夫な場合があるとの事です!)
    はんぞうは、先生方の助言や体の負担を考えて、数年前からワクチン接種は止めています。


d0098941_20113558.jpg


        今回、瀕死の状態の子猫たちを保護して、一番大変だったのが感染症対策!!
子猫たちは、白血病&エイズは検査の結果大丈夫でしたが、感染症と同様に感染力が強く死亡率の高い「パルボウイルス」も心配でした(ワクチン未接種&免疫力の低い体への感染率ほぼ100%と言われてる)


d0098941_19543443.jpg

子猫たちは保護した時点で、真菌症(カビ/ 人間にも移り、人間から<水虫の一種>猫にも移ります)と
ダニで全身の皮膚の状態も酷く、皮膚はボツボツ、ザラザラで真っ赤に ただれていて、毛もほとんど生えていない酷い状態でした。(写真は治療中で、だいぶ良くなった状態です)ノミは、駆除できましたが、 はんぞう にも移ってしまう可能性があるので、面会時も病院では手袋を用意してくれたり、消毒して帰ってました。

ほぼ皮膚病も完治していて大丈夫だとの事だったので、気を抜いてしまい、うっかりサンダルで面会へ~
その時、くうーたん(まだ皮膚が痒そうでした)に乗られた方の片足がしばらくして痒くなり、真っ赤なボツボツが出来て酷くただれてしまい、治るのに一ヶ月かかりました(汗) はんぞう に移らなくて良かったです。


d0098941_20562050.jpg

そんな事もあって、感染症対策もいつもに増して強化☆ ( ↑ 何にでも興味のあるお年頃~ by くう~たん)

パルボウイルスは、環境しだいでは3年間も生存する場合もある感染力の強いウイルスで、一般的な消毒薬やアルコールには効かず、グルタルアルデヒド系消毒薬、塩素系消毒薬でないと有効ではありません。
今までは、キッチンハイター系を希釈して消毒をしていましたが、大好きな高齢猫さんブログで紹介されていた 『バイオウィルクリア』 (写真/左・詰め替えもできるボトルタイプ&中央は、詰め替え用)を知りました!!

全国の動物病院(人間の病院などでも)で使用されており、強力なウィルスもわずか5秒で活性化を99%以上抑制できる事が証明されています。ウィルスだけでなく様々な菌や真菌類でも瞬時に除菌するそうです。
  お得な希釈タイプもありましたが、少しでも時間が惜しい私には、そのまま使えてとても便利でした。
  赤ちゃんやペットが舐めても安心なところも使いやすかったです。肌が弱い私でも大丈夫でした~♪

     子猫たちは、病院で暮らしていたので、どんなウイルスに感染しているかも分らない状態!
子猫専用の部屋を作り、 はんぞ うとは隔離していましたが、感染が心配だったので、2回目のワクチン接種後(ワクチンの追加接種後、免疫防御の確立に、1~2週間かかる)ウイルスへの抵抗ができるまで、本当に心配で子猫部屋を出ると洋服も着替えて、全身消毒したり、食器も全て消毒したりで毎日大変でした。

そこまで厳重にする必要があるの?と思うかもしれませんが、大昔に子猫を保護した事から子猫を含む家の子もが次々に亡くなってしまった事があるのです。(子猫の歩き方が変だったので何かの病気ではないか心配になりましたが、先生が大丈夫だというので連れて帰ってしまいました。あまりにも無知過ぎました。子供だったからと言って許される事ではないと思います。勉強不足でした。(涙)ワクチンをしていても感染して多くの子が亡くなってしまう事もあるので、ワクチンの出来ない高齢猫さんは特に注意が必要かと思います。


d0098941_2056262.jpg

      真菌症に効果的な、コラジュフルフルの泡石鹸の詰め替え用(写真右)も買いました☆

  子猫たちの真菌症は、一見治ったように見えても根深く再発する事が多い厄介な皮膚病らしいです。
  再発や予防も兼ねて、コラジュフルフルで手を洗っていました!子猫たちは、再発せず良かったです。


d0098941_2143921.jpg

                 すかさず、私の側に来てくれる しーたん(白)~♪
     近い近い!!写真が取れないよ!? しーたんの写真が少ないのは、これが原因です(笑)

2回目のワクチン接種も終わり、1~2週間経てばウイルスに対する抗体が出来るので、安心と
ホットしたのも束の間・・・ワクチン接種した3日後の早朝に、 しーたん が吐いたのです!?(白い泡)
子猫は、誤飲、食べ過ぎなどの吐き戻し以外で吐くことはあまりありませんので、黄色い泡ではなかったものの、もしや パルボ では!? と、顔面蒼白な状態になりました~ emoticon-0107-sweating.gif

子猫たちは息絶え絶えの瀕死の状態から、ようやくここまでこれたのに・・・これから幸せになるのに・・・
又苦しい思いをしてしまうのか? はんぞう への感染は?もう頭の中がゴチャゴチャになりました(涙)


d0098941_22352849.jpg

              私のことをいつも じーっと見つめてくれる し~たん。

この日は、 ふたり とも少し元気がないように感じましたが、翌日からは元気すぎるくらいで食欲も旺盛(笑)
しかし、最近のウイルスは進化しており、パルボに感染していても無症状・(嘔吐・下痢等)な場合もあり
2回目のワクチン接種を終えた子猫が、数日後にパルボを発症してしまい(無症状)亡くなってしまっというケースもあるので、油断はできません!!元気&食欲旺盛だったものの、数日間は心臓バクバクでした。


d0098941_22405570.jpg

                  くうーたん 「しーたん、吐いたの??」

    今となっては笑い話ですが、大丈夫だと判断するまで本当に心身ともに しんどかったです(笑)
今更ですが、感染症対策はしていたものの、よく子猫たちは 脱走 しに来てたので、効果あったのか?emoticon-0141-whew.gif


d0098941_22414342.jpg

          こんなに可愛くて、愛おしい子を苦しめる事にならなくて本当に良かった。


家に帰るとすぐに はんぞう に会って抱きしめたいのはヤマヤマなのですが、強力なウイルスは、靴の裏や服について家の中に運ばれてもくるので、 はんぞう に会う前に洋服を着替えて、手を 『バイオウィルクリア』 で消毒、手洗い&うがいをしてからようやく会いに行きます!最近は、靴の裏や玄関も消毒しています。
動物病院を訪れた時は、特に念入りにします!!これだけしていても完ぺきではないのですが・・・ emoticon-0141-whew.gif
同じような悲劇は、繰り返したくないです。その後、子猫たちは、ようやく はんぞう と正式にご対面しました♪
[PR]
by tabineko-hanzou | 2016-01-15 21:29 | ♡ My cat family ♡ | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://tripcats.exblog.jp/tb/22772123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by daichanfukuchan at 2016-01-15 23:56
家で猫を飼っている際、外から猫を連れてくるのは
駄目ということと、どうしても連れてくる時は病院で診てもらってからでないといけないことは知っていましたが、そんなに大変だとは全くというほど
知りませんでした。
特に高齢の子がいる時は要注意なんですね。

あんちゃんを引き取った時は、夕方だったので、翌日病院へ行くことにして、念の為に即2階の部屋に入れて僅かの時間居て娘宅へ連れて帰ったんですけど。。

幸いなことに、ノミもついてなく、お腹に虫もいないし、後日した検査で白血病&エイズ他諸々全て
大丈夫でした。
ただ、早くに母猫から離したせいかどうかわかりませんが、容態が悪くなり2晩夜間動物医療センターのお世話になることにはなりましたけど。

怖い動物病院に連れて行きかわいそうな思いをさせたことなど、今となっては昔話みたいになりましたが、無事育って、今日たびねこさんのお話を聞いて
我ながら無知だったと反省しきりです。

はんぞうくんは、銀ちゃん、うちこさん、ちびちゃん2人もいなくなり寂しいでしょうが、穏やかに健やかに過ごしてくれるよういつも願っています。

たびねこさん、また色々教えてくださいね☆
Commented by Aqua_blueY at 2016-01-16 02:21
tabinekoさん、こんにちは!
外からの猫ちゃんを連れてくるときはやはり色んな検査が必要なんですね。家のミントはお腹の大きなお母さん猫が保護され
その子猫達の一匹でした。でも色んな病気のテストや予防接種はしていました。
高齢の猫ちゃんがいると特に心配ですよね〜!
とりあえず皆と無事対面できて良かったです!
Commented by fariotyan at 2016-01-16 12:20
たびねこさんのドキドキする気持ちが伝わってきます・

でも、一生懸命のお世話でしーたん、くうたんが見違えるほどに!
はんぞうちゃんもご対面もできて少しの間かもしれないけど
くーたんしーたんの若いエネルギーもらえたのかもしれないですね♪

Commented by time_rose_doll at 2016-01-16 23:37
以前バイオウィルを使ってて、今はバイオチャレンジ使ってますよ~
当時ボランティア宅に猫パルボが入って、
ワクチン前の子猫がバタバタ亡くなってしまって・・
パルボの怖さは聞いてましたが、あらためて実感しました(;_:)
そこからボラ仲間が全員バイオウィルを使い始めました。
そのうち、バイオウィルより強力なバイオチャレンジ(2倍希釈)を使い始めました。もちろん人やペットには無害です。
消臭効果は確かにあります。
パルボウィルスの除菌に関してもかなり効果があるようです。
私もニャンさまに何かうつしてしまうことが一番心配で、
多頭崩壊の家へ調査に行ったときなどは、帰ってきてからかなり神経質になってました(-_-;)
家でも保護猫がいるときは、日常的に使い、ケージを洗ったあとには念入りに全体にスプレーしてました。
今はニャンさまのトイレ周りに使ってます。
手の消毒などにも効果的です。
はんちゃんは高齢で免疫力が落ちてるし、ましてノーワクチンなら念には念を入れて正解だと思います。
バイオウィルが終わったら、バイオチャレンジ使ってみては~♪
Commented by tabineko-hanzou at 2016-01-17 18:18
*大福さん*

私も昔よく猫さんたちを保護していましたが、こんなにすぐに感染して亡くなってしまうとは思ってもいませんでした。
うちは、パルボより感染力の強くない白血病だったのですが・・・(検査していないのと、先生が適当だったので違うのかも?)
ワクチンしている子でも注意は必要ですが、免疫力の低い高齢の子や子猫は特に要注意です。
3年も生きつづけている程、強いウイルスなので、病院でも感染を恐れて診察してもらえない事もあるそうです!
人間が運んできてしまう可能性もあるので、怖いです。

仕方のない事ですが、はんぞう いつもさみしそうに見えます。
美味しい物を食べている時だけは、目が輝いているんですけどね^m^

Commented by tabineko-hanzou at 2016-01-17 18:23
* Aquaさん*

Aquaさん、こんにちは~^^

>外からの猫ちゃんを連れてくるときはやはり色んな検査が必要なんですね。
他に猫さんが居る場合は心配ですが、Aquaさんのお家は、ワンコさんだけなので猫パルボは大丈夫ですね^^
ノミや真菌症は移りますが、これは見て分るので問題ないと思います^^
ミントちゃんは、保護猫母さんから生まれた子なんですね^^
元気で立派に可愛く育ちましたね^^Aquaさんのお家の家族になれて良かったです♪

免疫力の低い高齢さんの猫ちゃんがいるお家は、心配だと思います。
皆無事で、本当に良かったです^^

Commented by tabineko-hanzou at 2016-01-17 18:29
*ちゃおみままさん*

子猫たちを早く退院させてあげて、我が家で ゆっくり過ごさせてあげたいと思うものの、感染が心配でドキドキでした!!
毎日子猫部屋に出入りする度に、消毒と部屋着の交換も大変でした~
しーたん&くうーたん!ホント見違えるほど変わりましたよね^^
子猫たちが、元気に回復して幸せになってくれて本当に良かったです♪♪

はんぞうも「くうーたん&しーたん」の若いエネルギーもらえたみたいで、しばらくは足取りも軽やか&真似してオモチャでも遊んでいました(笑)^^


Commented by tabineko-hanzou at 2016-01-17 18:38
*time_rose_dollさん*

time_rose_dollさん、今はバイオチャレンジ使ってるんですね~
バイオチャレンジの方が、お得だったので気になっていました^^
皆さんが使ってるなら、私も次回からバイオチャレンジ使ってみます♪
子猫たちが居た時は、大ボトル詰め替え用が1本、1週間持たなかったです(笑)

うちは、先生の話だと白血病だった?のですが・・・それから色々と勉強しまして、パルボの感染力の強さも怖いと思いました。
それからは猫を保護しても、里親さんが見つかるまでは
猫さんの居ないお家に預かってもらっていたりしました。

多頭崩壊の家へ調査に訪れられた事もあるのですね。
悲惨な現状を目の当たりにされたのでしょうね(;;)
何かあるよりは、神経質になるくらいで良いかもしれませんね~
私も外猫&野良猫さんと触れ合う機会が子供の頃から多いのですが
猫さんに自ら触れたりはしないです。感染の問題ではなくて、自分が猫なら知らない人に触られるの嫌だからなんですが、今は、はんぞうの事も考えてしまいます。
外で触れ合った時などは、洋服も全て塩素系の洗剤で洗って、念入りに消毒もします。


Commented by chigusano at 2016-01-17 22:02
今日の記事を拝見するまで 感染症のことについて
無知でした。 ワクチンを打っていればそれで 大丈夫と
気楽に思っていました。 すごく勉強になりました。
こういうことは お医者様でも教えてくれません。

タビネコさんの豊富な知識と 看護のおかげで
クータンと シータン 立派に成長したんだと
心から 感謝します。
Commented by yokko at 2016-01-18 13:55 x
こんにちは~。
はんちゃん 新潟はやっぱり雪が積もったよ~。
今年は積もらないって思ってたのになぁ。
でも はんちゃんがいたときの半分も積もらなくってね
今日は雨で全部消えちゃったよ。
東京は雪なのにねぇ。

Commented at 2016-01-18 13:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tabineko-hanzou at 2016-01-18 20:20
*chigusano さん*

私もです。以前は、感染症のことについて全く無知でした。
当時の獣医師さんは、獣医医師会でもとても偉い先生だったので
子供ながらに先生の言う事は間違いないと思ってしまいました。(涙)
やはり自分でも勉強は必要だと思いました。
私もまだまだ知らない事が多くて、勉強が必要です^^

Commented by tabineko-hanzou at 2016-01-18 20:24
*yokko さん*

yokko さん、こんばんは☆

yokko さん、新潟は雪が積もったんだニャ~
たびねこちゃんが、黒崎のWEBカメラで雪景色を見てたニャ(^m^)
はんちゃんが、新潟で最初に迎えた冬は、ドカ雪で凄いのなんのって!?
カルチャーショックの連続ーーー
たびねこちゃんは、時々雪の洗礼にあってたニャ(>m<)
雪景色懐かしいニャ~~~そろそろ岐阜でも降るかなぁ^^
Commented by tabineko-hanzou at 2016-01-18 20:24
*鍵コメさま*

こちらこそお手数おかけしてます。
携帯の方にメールしてみます^^

Commented by tabineko-hanzou at 2016-01-18 20:40
*↑鍵コメさま*

携帯の方にメール送りましたが、宛先不明で送れませんでした(><)
迷惑メール等の設定されてらっしゃるとかありませんでしょうか?


ご長寿猫 はんぞう(22才) との暮らし。旅と猫... 旅で出逢った世界の猫たち 路地裏さんぽ~  世界あちこち旅。 旅ごはん&ご当地グルメ☆


by たびねこ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

島ねこ
ヨーロッパの猫
アジアの猫
日本の猫
* クロアチアinアドリア海の島々
* チェコ便り~
ё 韓国食堂
ё(韓国旅・目次)
ё 台湾じかん
ё バングラデシュ 笑顔の旅
ё 素足のアジア
* Greek Islands
* 北の大地から~(北海道)
* 山形の旅
* ふくしま散策~
* 新潟さんぽ~
* 金沢&能登・ 合掌集落の旅
* 東京さんぽ (+近郊)
*焼き物のまち常滑さんぽ~
*愛知さんぽ
*岐阜さんぽ
* 京都ゆらり散歩 **
* ノスタルジック瀬戸内
* 四国散策
* 九州紀行
* 美ら島沖縄
★ カフェ 時間 ★
* かわいい看板 *
* かわいい窓 *
* DOOR *
*カワイイ建築*
雑貨&アンティーク&絵本+Book
+ たび あにまる +
☆旅で出逢ったワン子達☆
掲載&展示他のお知らせ&他
♡ My cat family ♡

タグ

(465)
(322)
(235)
(219)
(95)
(80)
(66)
(66)
(53)
(52)
(52)
(42)
(38)
(38)
(34)
(32)
(9)
(8)
(7)
(7)

+ My cat family×3 +

はんぞう (22才)
1994年9月東京都内の某神社で出逢う!(生後一ヶ月位)
自称猫好きおばさんに保健所に連れて行かれそうな所を保護。 
世界一愛し、愛されている仲♪

うち子(うっぴん・唯一の姫)
1994年10月26日、東京下町生まれ(1995年1月25日に家族になる)
出会い~母猫&飼主が育児拒否。痩せ、蚤&外耳炎でひどい状態。故ひらめ(前猫)に似ていたのと、見かねて引き取る。
~ 2009.6月30日、旅立ち ~
享年14才8ヶ月

銀志郎(呼び名・銀!ぎんた)
1996年・夏生まれ
田舎の祖母の家の蔵で生まれるが、すぐに祖母が永眠した為、母猫・子猫x3共に保護。
その後、母猫&子猫2匹一緒に里子へ。前猫のタイガーにうり二つの、銀は我が家の一員へ
~ 2014. 5月7日 旅立つ ~
享年 17歳9ヶ月

★ 姉妹ブログ 「猫と出逢う旅

☆ピックアップブロガー☆
↑ 念願叶いました♪

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

☆たびねこ Instagram

     mail →

野良にゃんblog
猫に逢いに行こう♪
猫旅食遊楽記
愛しいきもち
路上のルール
猫とパンクとソラリスと。
野良猫の安全地帯
雲と鮭、あるいは雨季の旅人宿

Photo blog
ほよりんぷーちゃん
blanc[che]
ココロトレール
Camera freaks a GO! GO!
Leave Me Alone

* Link*
アジアのかけら
お散歩ブログ
石垣島インドカレ-食堂 ムンドラ
つばめの武勇伝
田舎で暮らすくつかのコト
えこたび
“美しいぃ”が見えたっちゃ!
幻?の猫:はるみ
COUCOU, c'est moi!
のんたんち
川柳っぽい猫のブログ
おたっしゃくらぶ-高齢ネコの日々

素材やさん『chai*』

~ 日々ブログ ~
*たびねこ*Seaside Life and catx3(休止)


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~


+フジフィルム ウェブ美術館Premium Gallery+
受賞作品の販売して頂いています。

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ

+掲載写真集+

Camera Peopleみんなのまち

+ 掲載誌 +

女子カメラ 2009年 06月号 [雑誌]


女子カメラ 2009年 09月号 [雑誌]


どうぶつたちへのレクイエム


ねこたちのてんごく

お気に入りブログ

y.h.b-mutter
野良猫写真blog
黒・白/ 色  カメラ
がんばる猫
ココロのふるさと(光のス...
お局のショールーム日記@...
移動探査基地
NORIWORKS + mac
アジアのカケラ
Myanmar Eye
Let it be
めぐみのめ
もずくのきもち
路地裏  ~ Walk ...
☆ねこにはかなわぬ☆
one day
旅空日記(写真家・三井昌...
umi■neko
a stranger i...
猫山細道の雑記帳
またたび日和
無敵の霧子
Lush Life
* Colorful W...
大福日記
miccaの三日三晩
オトメカフェ**cog
子の日窯日記
couleur d'ai...
猫イズム
心はいつも。。。
いい日ゆめ旅
*地球旅行*
金平糖
大地はオレンジのように碧く
旅綴
ちまもの読書日和
ひとりごと
写真日記
ココロのふるさと*モノクローム
くらしのギャラリーちぐさ
ねこさんぽ
travel memo
Yucky's Tape...
おもしろ動物Cafe
オール電化生活!カノンと...
【bin】 世界中がおも...
LIFE IS PEAN...
猫の声がきこえる
田園都市生活
こはるびより。
marcoのほわわんスケッチ
Mawaru:f
ヒビ : マイニチノナン...
feering  自分らしく 
気ままに おひとりさま☆
ねこ旅また旅
konpeitouのかぞ...
ネコと文学と猫ブンガク
いつまでもお洒落でいたいから
サバとタラ
高円寺てげてげ日記…
幸福な時間
わたしのひだりめせかい
猫と出逢う旅 - たびねこ -
続・暮れゆく日々の足跡

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

最新のコメント

*ちゃおみままさん* ..
by tabineko-hanzou at 20:32
* きぃた さん* ..
by tabineko-hanzou at 20:30
*月 さん* こん..
by tabineko-hanzou at 20:27

記事ランキング

画像一覧

検索