高齢猫はんぞうとの暮らし 「穏やかな時間+瀕死状態の子猫たち(続)と母猫の愛」

d0098941_1448118.jpg

               一昨日の はんぞう ~ 気持ちよさそうに寝ています♪

    ここ数日は、時々頭の痛みはあるものの いつもに比べると はんぞう の体調が良いようです。
        久しぶりに訪れた穏やかな時間。 はんぞう が気持ちよさそうにしていると私も幸せ。


d0098941_14485740.jpg

                         今日の はんぞう ~

                 このまま穏やかな時間が長く続きますように・・・


d0098941_14582970.jpg



      ~ 瀕死の状態の子猫ちゃんたちの その後 ~  (保護した時の状況は、こちら →

             日曜日に保護した子猫ちゃんたちに面会に行って来ました!!
         病気の可能性が高いので、院内でも隔離して厳重に管理して頂いているよう。
       野良の受け入れを拒否されたり、嫌がられたりする病院も多いのにありがたいです。


d0098941_1562755.jpg

                    (6/23 保護から3日目~入院中の病院にて)

        わぁ~!回復は難しいかという状況だったのに、お座りも出来るようになりました。
                この小さい体で、あの状態から本当によく頑張りました!

      でもまだまだ健康状態も悪く、痛々しいです。白ちゃんの片目は摘出する事になりそうです。
        傷の深さや程度からして病気ではなく、カラスによるものではないか?との事でした。

   子猫たち、思っていたより小っちゃい!乳歯も少し生えていたので、もう少し大きいかと思ってました。
   生後2週間位かも?白ちゃんの方が手前の子より一回りも大きいです!?銀と はんぞう みたい!!
      白子猫ちゃんの体の方に合わせると、生後3週間位かも?と先生もおっしゃっていました~
            どちらにしてもまだお母さん猫のミルクが必要な大切な時期ですね。

   子猫ちゃんたち、両方とも男の子だそうです!?白ちゃんは勝手に女の子かと思ってました!!
と~っても仲良しな兄弟なんですって~♪ もっと元気になって広いところで走り回れるようになるといいね。

          まだまだ余談は許さない状態です。引き続き見守っていきたいと思います。

d0098941_15403564.jpg


          動物病院から戻ると・・・子猫ちゃんたちのお母さんかと思われる猫さんが
           子猫たちを保護した垣根のすぐ側の塀の上で、たたずんでいました(涙)


d0098941_15344396.jpg

暗いし遠いしで写真では分りづらいと思うのですが、左側の白っぽいのがお母さん猫
子猫ちゃんたちは、すぐ右にある垣根の下で倒れていました。

子猫を保護する少し前に、お母さんかと思われる(おっぱいがはっていた)クリーム色のガリガリの猫が
近くで なすすべもない というような感じで心配そうにウロウロしている様子を上のベランダから見ました。
遠くからでしたが、同じ色した痩せた猫さんなのでお母さん猫で、間違いないと思います。

昨夜の早朝には、子猫を探している声が聞こえました(涙) はんぞう が銀を探していた時と同じ声です。
死に別れも辛いけれど、生き別れも可哀想です。子猫たちの事が心配でたまらないのだと思います。

カラスに襲われた事から、カラスに狙われず雨にも打たれないようにと、お母さんなりに考えて、子猫を加えながら道路を超えて垣根の下に隠して、大切に育てていたのだと思います。胸がとても痛みました。
お母さん猫に「子猫たちは無事だよ!」と伝えてあげに行こうとしたのですが、大雨が降ってきてしまいどこかへ行ってしまいました。深夜も早朝もいるかな?と思って見に行ったのですが、猫さんは居ませんでした。
お母さん猫は、すごいガリガリです。生まれてきて一度でも美味しい物を食べたことがあるのかな?
元気になったら子猫たちに会わせてあげたい!お母さん猫も一緒に保護してあげるのが一番良いのかもしれないのですが、生粋の野良だと仲良くなるまで時間もかかるし、やはり先日も述べたように超高齢さんの
はんぞう への病気の感染も心配です。子供頃の私だったら迷わず保護していると思いますが・・・
(銀は、お母さん猫+子猫×3猫ファミリーで保護) お母さんと子猫を引き離してしまって良いのだろうか?

色々な経験を通して感じたのですが、何が正しくて良い事なのかは分らないし難しいです。
大昔、1匹の子猫を救いたくて保護しました。歩き方が変だったので心配でしたが、動物病院の先生が大丈夫だというので連れて帰った数日後、家の猫たちに病気が感染し旅立ってしまった事がありました。
私の無知さから取り返しのつかない事をしてしまいました。一つの命を救うどころか多くの命が。。。
それからも色々と考えさせられる出来事があり、とても慎重になり、よほどの事が無い限り保護する事はなくなりました。それからは、あれだけ感度の良かった捨て犬猫探知機もあまり感知する事がなくなりました。
心の中でシャッターを閉じてしまったのかもしれないです。多くの命を助ける事も大切だけれど、短命な子が多かったので、1つの命を長くまっとうさせてあげたいと強く思い はんぞう たちと暮らす事にしました。

今は、 はんぞう が最優先!!どうすれば一番良い事なのか今は分らないけれど
子猫ちゃんたちの回復と幸せを願い、お母さんに今度会えたら無事を伝えてあげたいと思います。

昨日は、お母さん猫の気持ちを考えると苦しくて胃も痛くなり夕飯をほとんど残してしまいました!
でも今日は夕飯作る手間がなくなりました!動物の事となるとメンタル弱弱でダメダメな たびねこ です。
                子猫ちゃんたちのその後の様子~ つづく・・・
[PR]
by tabineko-hanzou | 2015-06-24 19:54 | ♡ My cat family ♡ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://tripcats.exblog.jp/tb/21900631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふびらい at 2015-06-24 23:30 x
翔太を保護した後
母猫が声を出して探してる姿を見て
胸が張り裂けそうになったのを思い出しました
言葉が通じればどんなに良いか。

その一生を左右する行為
いろいろ悩んでしまいますよね
私にも何が正しいのか良く分かりません
この子達は辛い思いをした分
幸せなことが待っていると願って止みません。
Commented by chigusano at 2015-06-25 00:50
タビネコさんの 保護した子猫ちゃんと
その母猫に対する思い 私も
胸が張り裂けそうになりました。
佇んでいる母猫が頭の中を巡っています。
やるせない思いですよね。
タビネコさん!
よくぞ子猫ちゃんを保護して病院まで!ありがとうございまし
た。病院の方たちも優しくて ホッとしました。
命を取り留めたのですからこれからは元気に育ってくれますように。
Commented at 2015-06-25 10:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tabineko-hanzou at 2015-06-25 21:57
☆ふびらい さん☆

翔ちゃんを保護した後、母猫ちゃんが翔ちゃんの事を探していたんですね(;;)
本当に胸が張り裂けそうになりますよね。
翔ちゃんの場合は、保護しなければ亡くなってしまったでしょうし
足の事を考えると、お外で生きていくのは無理な状況でしたものね。

猫は六感があるので、ふびらいさんの想いは伝わっていると思います。

ホントそうですね~
一生を左右する事なので責任も伴いますし、いろいろ考えてしまいますね。
でも目の前で助けを求めている子をほっておくことはできないですよね。
翔ちゃん本当に良かった^^
この子たちにも幸せになってもらいたいです。
Commented by ねこばばあ at 2015-06-26 01:34 x
どんなに母ネコが不憫でも、あの時たびねこさんが保護してあげなかったら、2匹は死んでいたでしょう。
3年前にうき坊を保護した時のことを思い出しました。
あの子もあの日保護していなければ生きていなかった子です。
たびねこさんは2匹の命を救ったんですよ。
母ねこもいずれ諦めることでしょう。
本当は捕獲して避妊してあげるのがいいのかもしれませんが、
これはボランティアさんなど慣れた方でないとできないでしょう。
(避妊しないとまた可哀そうな子ネコが生まれてしまうので。)
あおいめ&じんのすけの母ネコは同時に捕獲し、避妊してリリースされました。
子どもたちはうちに来ましたので、突然引き離された訳ですが、
その後も母ネコは穏やかに暮らしていました。
死の縁から生き返ったうき坊も母ネコから引き離されたあおいめ&じんのすけも
今は(たぶん)幸せだと思っています。
因みにうき坊の名前は生きてて喜ぶ女の子という意味で『生喜姫』です。
最優先は はんぞう君ですが、2匹もしあわせになりますように!
Commented by tabineko-hanzou at 2015-06-26 19:13
* chigusano さん*

ちぐささん、こんばんは☆

母猫さんの思い・・・胸が張り裂けそうになりますね。
あれからお母さん猫に会えないのですが、元気でいてくれると嬉しいです。
全ての子たち(命)を救ってあげれないのも胸が痛みます。

瀕死の状態で倒れているのを発見した時は、かなり酷い状態だったので、無理かもと一瞬止まってしまったのですが
はんぞうの奇跡を想い出して、ただ助けたいという想いで走ってました!
その日はずーっと家に居たので、髪はボサボサだし、酷い姿を人様にお見せしてしまいました(@@;)
(ゴミ捨て行くときでさえ、眼鏡は外して着替えていくというのに・笑)

開院したばかりの病院だったのですが、先生も優しそうで良かったです。
後は、子猫たちの幸せと回復を祈るばかりです。
Commented by tabineko-hanzou at 2015-06-26 19:40
*鍵コメさま*

色々とありがとうございます。
同地域の経験が豊富な方のお話は色々と為になります!!

そうなんですよね!この子たちより状態が良い子たちでも、急変してまった子が大勢いました。
まだまだ安心は、できないですよね。
お母さんにはあれから見かけなくなりました。元気でいて欲しいです。

障害のある子はボランティアさんのところに残ることが多いのですね。そうですよね。
「一般の『猫好き』の方は、やはり見た目と若さを重視される方が多いよう」というのも分るような気がします。
色々と考えて頂いてありがとうございます。嬉しかったです。

ほんと!!1度失敗してしまったことがあるので里親さん選びには私も厳しいかも?です!
(妹の友達で優しそうな子だったので託したのですが、数年後に結婚して犬を飼うので、猫を人にあげた?捨てたのかも?(涙)激怒して「返してもらってきて!!」と言ったのですが、連絡がつかなくなりました」

譲渡した猫ちゃんたちも殺されちゃったんですね!!(涙)
逮捕されても、懲りないですね。酷過ぎる!!
動物虐待は、大した罪にならないので繰り返すことが多いのですよね。
面が割れているので、他人を使って譲渡なんていうのもあるんですよね!?
都内でも酷い虐待とかよくありました!
都会だと多いみたいですね。
新潟のボランティアの方々によると、新潟はほとんどないのだそうです。
都会だとストレスのはけ口を間違ってしまうのでしょうか?悲しい。。。

まずは、子猫ちゃんたちに元気になってもらいたいです!
もしかすると嬉しいお知らせができるかもしれないです。^^
Commented by tabineko-hanzou at 2015-06-26 20:17
*ねこばばあ さん*

瀕死の状態で、口パクで息もほとんどできていなかったので、もう亡くなってしまうと思ったのですが、はんぞうが何度も逝きかけては頑張って奇跡の回復をした時の事を想い出し無我夢中で走ってました!
とにかくこおいう状況の時は「助けたい!」という気持ちだけですね。
うきちゃんのお話読みました!元気に育ってくれて本当に良かったですね~
母猫さんはあれから会えなくなりました。元気でいてほしいです。
避妊手術では、1度悲しい経験をしているので、よほどの事がなければ保護して手術というのはしなくなりました。
母の会社で面倒を見ていた、白いモフモフ野良子猫ちゃんが居ました。
野良なので家に連れて帰ってからも威嚇がすごかったのですが、私と1日過ごしただけで翌日はものすごい甘えん坊さんに!
私を信じて甘えてくれたのに・・・私が保護して手術しなければ、もっと長生きしていたと思います。(避妊手術の失敗だそう)
その代わりに、同じく白いモフモフうち子さんを我が家で保護する事になったのですが。

子供の頃は、野良ちゃんと格闘しながら(血だらけになった事も)家に連れて帰った事も多いです。皆一晩でデレデレ~
子供だったからできたけど、今捕獲となると仲良くなって時間をかけないと難しいかもしれないですね。

あおいめ&じんのすけちゃんのママは、ねこばばあ さんのお家で幸せに暮らして居る事を感じ取って安心したのかもしれないですね^^猫は、六感すぐれてますから。
うきちゃんの名前は生きてて喜ぶ女の子という意味で『生喜姫』なんですね。
皆さん、お名前には大切な意味を持っている方が多いんですね。

子猫たち、嬉しいご報告ができるかもしれません^^
後は、子猫ちゃんたちにもっと元気になって、幸せになってもらいたいです!!
明日も面会に行って来ます~~~







ご長寿猫 はんぞう(もうすぐ23才) との暮らし。旅と猫... 旅で出逢った世界の猫たち 路地裏さんぽ~  世界あちこち旅。 旅ごはん&ご当地グルメ☆


by たびねこ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

島ねこ
ヨーロッパの猫
アジアの猫
日本の猫
* クロアチアinアドリア海の島々
* チェコ便り~
ё 韓国食堂
ё(韓国旅・目次)
ё 台湾じかん
ё バングラデシュ 笑顔の旅
ё 素足のアジア
* Greek Islands
* 北の大地から~(北海道)
* 山形の旅
* ふくしま散策~
* 新潟さんぽ~
* 金沢&能登・ 合掌集落の旅
* 東京さんぽ (+近郊)
*焼き物のまち常滑さんぽ~
*愛知さんぽ
*岐阜さんぽ
* 京都ゆらり散歩 **
* ノスタルジック瀬戸内
* 四国散策
* 九州紀行
* 美ら島沖縄
★ カフェ 時間 ★
* かわいい看板 *
* かわいい窓 *
* DOOR *
*カワイイ建築*
雑貨&アンティーク&絵本+Book
+ たび あにまる +
☆旅で出逢ったワン子達☆
掲載&展示他のお知らせ&他
♡ My cat family ♡

タグ

(466)
(329)
(235)
(219)
(95)
(80)
(66)
(66)
(54)
(52)
(52)
(42)
(38)
(38)
(34)
(32)
(9)
(8)
(7)
(7)

+ My cat family×3 +

はんぞう  (もうすぐ 23才)
1994年9月東京都内の某神社で出逢う!(生後一ヶ月位)
自称猫好きおばさんに保健所に連れて行かれそうな所を保護。 
世界一愛し、愛されている仲♪

うち子(うっぴん・唯一の姫)
1994年10月26日、東京下町生まれ(1995年1月25日に家族になる)
出会い~母猫&飼主が育児拒否。痩せ、蚤&外耳炎でひどい状態。故ひらめ(前猫)に似ていたのと、見かねて引き取る。
~ 2009.6月30日、旅立ち ~
享年14才8ヶ月

銀志郎(呼び名・銀!ぎんた)
1996年・夏生まれ
田舎の祖母の家の蔵で生まれるが、すぐに祖母が永眠した為、母猫・子猫x3共に保護。
その後、母猫&子猫2匹一緒に里子へ。前猫のタイガーにうり二つの、銀は我が家の一員へ
~ 2014. 5月7日 旅立つ ~
享年 17歳9ヶ月

★ 姉妹ブログ 「猫と出逢う旅

☆ピックアップブロガー☆
↑ 念願叶いました♪

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

☆たびねこ Instagram

     mail →

野良にゃんblog
猫に逢いに行こう♪
猫旅食遊楽記
愛しいきもち
路上のルール
猫とパンクとソラリスと。
野良猫の安全地帯
雲と鮭、あるいは雨季の旅人宿

Photo blog
ほよりんぷーちゃん
blanc[che]
ココロトレール
Camera freaks a GO! GO!
Leave Me Alone

* Link*
アジアのかけら
お散歩ブログ
石垣島インドカレ-食堂 ムンドラ
つばめの武勇伝
田舎で暮らすくつかのコト
えこたび
“美しいぃ”が見えたっちゃ!
幻?の猫:はるみ
COUCOU, c'est moi!
のんたんち
川柳っぽい猫のブログ
おたっしゃくらぶ-高齢ネコの日々

素材やさん『chai*』

~ 日々ブログ ~
*たびねこ*Seaside Life and catx3(休止)


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~


+フジフィルム ウェブ美術館Premium Gallery+
受賞作品の販売して頂いています。

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ

+掲載写真集+

Camera Peopleみんなのまち

+ 掲載誌 +

女子カメラ 2009年 06月号 [雑誌]


女子カメラ 2009年 09月号 [雑誌]


どうぶつたちへのレクイエム


ねこたちのてんごく

フォロー中のブログ

y.h.b-mutter
野良猫写真blog
黒・白/ 色  カメラ
がんばる猫
ココロのふるさと(光のス...
お局のショールーム日記@...
移動探査基地
NORIWORKS + mac
アジアのカケラ
Myanmar Eye
Let it be
めぐみのめ
もずくのきもち
路地裏  ~ Walk ...
☆ねこにはかなわぬ☆
one day
旅空日記(写真家・三井昌...
umi■neko
a stranger i...
猫山細道の雑記帳
またたび日和
無敵の霧子
Lush Life
* Colorful W...
大福日記
miccaの三日三晩
オトメカフェ**cog
子の日窯日記
couleur d'ai...
猫イズム
心はいつも。。。
いい日ゆめ旅
*地球旅行*
金平糖
大地はオレンジのように碧く
旅綴
ちまもの読書日和
ひとりごと
写真日記
ココロのふるさと*モノクローム
くらしのギャラリーちぐさ
ねこさんぽ
travel memo
Yucky's Tape...
おもしろ動物Cafe
オール電化生活!カノンと...
【bin】 世界中がおも...
LIFE IS PEAN...
猫の声がきこえる
田園都市生活
こはるびより。
marcoのほわわんスケッチ
Mawaru:f
ヒビ : マイニチノナン...
feering  自分らしく 
気ままに おひとりさま☆
ねこ旅また旅
konpeitouのかぞ...
ネコと文学と猫ブンガク
いつまでもお洒落でいたいから
サバとタラ
高円寺てげてげ日記…
幸福な時間
わたしのひだりめせかい
猫と出逢う旅 - たびねこ -
続・暮れゆく日々の足跡

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

最新のコメント

*sarusaM1 さ..
by tabineko-hanzou at 21:26
* ねこばばあ さん* ..
by tabineko-hanzou at 21:19
*ちゃおみままさん* ..
by tabineko-hanzou at 21:17

記事ランキング

画像一覧

検索