高齢猫さんとの暮らし~ 「衣替え」

d0098941_14172130.jpg

銀の四十九日を過ぎた頃、金色の骨壺袋から(金色が苦手)衣替えをしました。
新潟の長い冬を越して待ちに待った春が来たのに、春を感じる事が出来ずに逝ってしまったので
桜の模様で銀のトレード色の水色の骨壺袋にしました。でも銀には少しシンプル過ぎたかもなぁ~?
お骨になって骨壺に入っても 銀 と うち子さん の生前の体の大きさの違いを物語っています!?

福岡から東京へ戻って来て、落ち着いたら うち子さん の納骨をしようと思っていたのですが
急に新潟行きが決まり、慌ただしい中で納骨をするのはためらわれ、結局今もまだ納骨できずにいます。
猫たちのお墓は都内にあり、そのお墓に納骨しようと思っていましたが、最近お墓について考えています。
私自身が、自分のお墓は無くてもいいと思っているのもあり(海や樹木草とかで自然と一体になりたいです)
私が旅立った後は、猫たちのお墓を守る人が居なくなるからです。将来、無縁仏になってしまうくらいなら
自然に帰して(土や海など)あげたいと思うようになりました。しばらく東京へは帰れなくなりましたので
後悔しないように、お墓に納骨するのか?どうするか?もう少しよく考えてから決めるつもりでいます。


d0098941_14172866.jpg

   何事に対しても大らかだった銀は、「銀ちゃんは、何でもいいよ~♪」って言ってくれていそうです。

                       今日は、銀の5回目の月命日です。


d0098941_14432339.jpg



      新潟は、急に寒くなりました!最低気温が15℃無い日もあるので、昨年より早いですが
新潟滞在してから恒例のモコモコおくるみも登場♪♪ 寄り添って温めてくれる銀が居ないとより寒そうです。


d0098941_14173456.jpg

台風などでここ数日お天気が悪かったので(人間と同様に低気圧だと脳に負担がかかるようです)頭も痛くて調子の悪い日が続いていましたが、今日は久しぶりに太陽が見れたので、日向ぼっこして嬉しそう♪♪


d0098941_14174121.jpg

                       「おひさま気持ちよかとです~♪」

銀が旅立ってから消衰しきってしまった はんぞう は、ベランダに猫草を食べには行くものの お散歩はせずに戻ってきてしまっていたのですが、今日は、すごく久しぶりに お散歩 をしていたので嬉しくなりました♪♪♪

  しかもベランダの隙間から首を思いきり出して、遊びたそうに興味津々に外を眺めていました~ emoticon-0136-giggle.gif
      高齢になっても変わらず好奇心旺盛なところも長生きの秘訣なのかも?しれないですね。
[PR]
by tabineko-hanzou | 2014-10-07 19:59 | ♡ My cat family ♡ | Trackback | Comments(17)
トラックバックURL : http://tripcats.exblog.jp/tb/21185923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふびらい at 2014-10-07 23:39 x
難しい問題ですね
私ははなちゃんの時は実家に埋葬しましたが
小次郎のお骨は埋葬できずにいます
私が眠る時には一緒に眠れたらとの思いもありますが
うちのお墓には父が眠っているので迷惑かな?
とも思います(父はあまり猫が好きではありませんでした)

段々と寒くなってきますね
はんぞう君ができるだけ暖かに暮らせることを願います。

Commented by mutekinokiriko at 2014-10-08 12:43
銀ちゃんとうち子ちゃん、綺麗な骨壷袋に入れてもらえて幸せですね。
写真の銀ちゃんはとても穏やかで、きっと天国でも大らかに見守ってくれていて、はんぞうくんもそれが分かっているのかも知れませんね。
遺骨については、私もどうすればいいのか考えなくては…とはっとしました。
うちは実家に全てあるのですが両親がいなくなったらどうすべきか。悩みます。
私も自分の骨は自然界に葬ってもらいたい派です。
Commented by chigusano at 2014-10-08 21:45
はんぞうちゃん ベランダお散歩出来たのね~~♪ よかった~!
今のうちに いっぱい太陽を貯めておかないとね。

私が亡くなったら お葬式は身内だけでひっそり。
もしくは お葬式なくてもいいわ~! 
お墓も要らないと 思っているの。
海に 骨をまいてもらえば それが一番嬉しい!

Commented by NORIWORKS at 2014-10-08 23:48 x
本当に深刻な問題ね
私も自然に帰りたい派~!海希望!
結婚して見知らぬご先祖と同じお墓は辛いはず
今からしっかりノートに書き留めようと思ってたとこ!

そう思うと、mac さんは自然な流れで実家近くに埋葬したので、とてもよかったなと思っています

骨壺の袋、銀ちゃんへの愛が感じられて素敵やなぁ
Commented by fariotyan at 2014-10-09 18:43
銀ちゃんのお顔ほんとうに、おおらかな優しいお顔してますね♪

私もみんなのお骨の骨壺袋は変えました^^色とりどり(笑)

うちの子たちも先日のお彼岸に納骨しようと思ったんですが
お寺が納骨できないというので止めました・・・
自分たちも含め色々考えなくてはいけないことですね

はんぞうちゃん♪今のうちにいっぱいお日様浴びておこうね~
Commented by fariotyan at 2014-10-09 18:46
ごめんなさい^^付け加えます
立ち合いの納骨ができないと言われちゃいました・・・・

Commented by めぐぴー at 2014-10-10 06:57 x
おはようございます^^
東京もだいぶ寒くなりましたが、今日はまた暑くなるそうです^^;

骨壺袋、銀ちゃんにとってもよく似合う色で素敵です!
クリスチャンなので、マリア様の像が置いてあるのが目に留まりました^^

はんぞうちゃんが健やかに過ごせる日々がたくさんありますように♪


Commented by 虎のしっぽ(なりひら) at 2014-10-10 12:36 x
たびねこさん
 銀ちゃんが亡くなって約半年が過ぎたんですね。でも、いい雰囲気の祭壇で、銀ちゃんも喜ばれていることでしょう。時々、9歳の「トム&もも」も歳をとったなあと思うことがあります。
Commented by tabineko-hanzou at 2014-10-10 17:35
☆ふびらい さん☆

以前は、都内の猫たちのお墓に埋葬しようと思っていましたが
お墓の中にいる子たちと うち子さん とは全然知らない同士ですし
お墓守が出来ずに(管理費が払い続けられなくなったり、子孫がいない為)お墓をつぶしてしまう方が多いというドキュメンタリーを見て、最近色々と考えさせられるようになりました。
私自身、現在都内におらず(今後もアチコチ移動するかもしれないので)お墓詣りにも中々訪れる事ができずに放置してあるような状態なのも、心苦しいです。
そのような場所に うち子さん&銀を納骨しても良いものか?
土に返したいものの、埋葬する土地もないので難しいです。

はなちゃんは、実家に埋葬されているのですね。

>私が眠る時には一緒に眠れたらとの思いもありますが
↑ 私も自分のお墓が出来るのであれば、一緒に埋葬して欲しいので悩みます。
>うちのお墓には父が眠っているので迷惑かな?
↑うちの母親は、何十年も酷い猫嫌いでしたが変わったので
小次郎君とお墓に一緒に入っているうちに仲良くなるかもしれないですね?^m^

そちらはも寒くなってきましたか?
翔ちゃん&ふびらいさんも暖かく過ごせますように・・・
Commented by tabineko-hanzou at 2014-10-10 17:45
* mutekinokiriko さん*

骨壺袋~元気な銀には、少しシンプル過ぎました(^^;)
うち子さんの時は、何種類か選べたのですが
銀の時は、金色の骨壺袋のみで(><)銀なのに金とは!?

銀の写真を毎日見ては、朝晩お祈りして、はんぞうの事を見守ってくれてくれるようにお願いしています。
毎日同じ願いされて聞き飽きたかも?(汗)

遺骨どうしましょう・・・猫たちのお墓も・・・私が家族(子供とか)居れば
考えなかったかもしれないのですが、今後家族ができるとも限らないしなぁ~
それを考えると、自然に帰してあげた方が良いのかな?なんて。
でも私の願いが叶わず、自分のお墓が出来てしまうのであれば
猫たちと一緒にお墓に入りたいという想いもあり迷っています。
うち子さん、長年オブジェのようにチェストの上に置かれ、お骨になってからも
あちこち 引越しまでして嫌じゃないかな?とか・・・色々考えてしまいます、。
Commented by tabineko-hanzou at 2014-10-10 17:51
* chigusano さん*

はんぞう、久しぶりの ベランダ散歩でした♪♪
嬉しくて嬉しくて、記事にしてしまいました(笑)
今までは当たり前の事でしたが、あたりまえでない今本当に嬉しくて^^

私もお葬式もなくて大丈夫です。
お墓は残された人たちの物だと思うので、家族の居ない私にはあまり必要ないかと^^
chigusano さんも お墓も要らない&海に散骨派なのですね。
chigusano さんの お墓 がないとご家族の方々は寂しがるかもしれないですね。
Commented by tabineko-hanzou at 2014-10-10 17:59
ё NORIWORKS ちんё

お墓守りが出来ずに(老後になり管理費が払えない&子孫がいない等)
お墓つぶしてしまう人が多いらしく、ドキュメンタリーで見て色々考えさせられてしまった。
まだそんな事かんがえるには、早いかな?(笑)
でも年取るのは、あっと言う間だよね。頼める家族が居ないので考えてしまう。

沖縄の海で散骨っていうのも出来るみたいだよ。
日本海葬もできるらしくて少し考えてしまった。
うち子さんも、見知らぬ猫さんたちと一緒にお墓に入るの嫌じゃないかな?とか考えているうちに時が経ちすぎてしまって・・・^^;

mac さんは、実家近くに埋葬できて本当に良かったね^^
実家に帰れば、いつでも会えるしね♪
まだ実家にいるのかな?macさんと、毎日いっぱいお話できたかな?

骨壺の袋、元気な銀には少し地味すぎたよ(笑)
Commented by tabineko-hanzou at 2014-10-10 18:08
* fariotyan さん*

銀、怒られても根に持たないし、ほんとうに、おおらかな子でした(笑)
おおらか過ぎて、うち子さん&はんぞうにもよく怒られてましたが(^^;)

fariotyan さんも みんなの お骨の骨壺袋は変えられたんですね^^
うち子さんの時は何種類かの中から選べたので
当時のままなのですが、銀の時は金色のみで(><)
銀なのに金って(汗)----!?嫌ーーー

fariotyan さん、納骨されるっておっしゃってましたものね。
いよいよと思ったのに、立ち合いができないとは!!
納骨って、タイミングもありますよね。もう少しお家に居たいのかな?

猫たちのお墓を託せる家族が居ないので、自分が旅立った後は
お墓は、どうなるんだろう?と色々考えてしまいました。

はんぞう やっぱり お日様は気持ちが良いみたいです♪♪
Commented by tabineko-hanzou at 2014-10-10 18:24
*めぐぴー さん*

お墓は残された人たちのものだ思うので、私の場合は必要ないかと思うのですが
今後家族が出来たり、私の希望とは反対に自分のお墓が出来てしまったとしたら
その時は、猫たちとお墓に一緒に入りたいので今後どうしようか?悩みます。
うち子さん&銀には迷惑かもしれないですが、後悔しないようにもう少しゆっくり考えてみます。
骨壺袋、元気印の銀には少し地味すぎました^^;

めぐぴーさんは、クリスチャンなのですね。
私はクリスチャンではないのにおこがましいのですが、マリア様や十字架が好きで(教会等も)
旅先の教会や聖地等で出合った、マリア様のイコンや色々な物が飾ってあります。
木彫りのマリア様は、ドイツの壁画の村で作られていて、色々なお顔のマリアさまがいらしたのですが、このお優しそうなマリア様に一目ぼれしました。
何故か?教会や聖地に導かれる事が多く、よくシスターにも話しかけられたり、ロザリオ頂いたりと縁があって。。。
マリア様の絵が描かれている祭壇?みたいなのもあるのですが、イタリアの聖地アッシジの教会で購入しました。
毎日、その祭壇に向けて銀を想いながらの朝晩のお祈りも欠かしません。
Commented by tabineko-hanzou at 2014-10-10 18:24
*虎のしっぽ(なりひら) さん*

銀が亡くなってそおそろ半年も経ってしまうんですね~
家が静か過ぎていますが、いまだに銀が居なくなってしまった実感がわきません。

「トムちゃん&ももちゃん」まだまだ9才とお若いですね~^^
でももう高齢猫さんの仲間入りになるのですよね。
はんぞうは、新潟滞在2年目(18歳くらい)になるまでは衰えは感じませんでした。
「トムちゃん&ももちゃん」は、はんぞうの半分の年なので
まだまだ元気いっぱいでいて欲しいです^^b
Commented by めぐぴー at 2014-10-10 21:41 x
これは木彫りのマリア様なんですね!
たぶんイエス様はクリスチャンと、そうじゃない人の区別はしてない(全ての人を愛してくれている)と思うので、クリスチャンじゃない人がそういうものを持ってるのも全然おかしなことではないし、むしろ嬉しいです^^

ということは、私がたびねこさんと出会ったのも、もしかするとそういうご縁があったのかもしれませんね♪
なんだか不思議^^

お骨のこと、お墓のこと、本当に難しい問題です。
私も、ふつーに子供とかいて、入るお墓も決まっていたら、いろいろ悩んだりしなかったかもしれませんが、うちも無縁仏になりそうで、悩みます。
今、独身ですけど、長い人生何が起こるかわからないですしね、ゆっくりじっくり考えて決めましょうね、お互い^^
Commented by tabineko-hanzou at 2014-10-17 12:40
* めぐぴーさん*

めぐぴーさん、こんにちは。

ホント、そおいうご縁なのかもしれないですね^^

お墓の問題難しいですよね・・・
まだ考えるのは早いかなぁ~と思いつつ自分もいつ旅立つか分らないしなぁ~~~
将来家族が出来るかも?しれないしとか(笑)^^

うち子さんもお骨になってまで、何度も引越しする事になろうとは
思ってもみなかっただろうなぁ~
そろそろ落着きたいと思っているかもな?なんて思ったりもします。


ご長寿猫 はんぞう(22才) との暮らし。旅と猫... 旅で出逢った世界の猫たち 路地裏さんぽ~  世界あちこち旅。 旅ごはん&ご当地グルメ☆


by たびねこ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

島ねこ
ヨーロッパの猫
アジアの猫
日本の猫
* クロアチアinアドリア海の島々
* チェコ便り~
ё 韓国食堂
ё(韓国旅・目次)
ё 台湾じかん
ё バングラデシュ 笑顔の旅
ё 素足のアジア
* Greek Islands
* 北の大地から~(北海道)
* 山形の旅
* ふくしま散策~
* 新潟さんぽ~
* 金沢&能登・ 合掌集落の旅
* 東京さんぽ (+近郊)
*焼き物のまち常滑さんぽ~
*愛知さんぽ
*岐阜さんぽ
* 京都ゆらり散歩 **
* ノスタルジック瀬戸内
* 四国散策
* 九州紀行
* 美ら島沖縄
★ カフェ 時間 ★
* かわいい看板 *
* かわいい窓 *
* DOOR *
*カワイイ建築*
雑貨&アンティーク&絵本+Book
+ たび あにまる +
☆旅で出逢ったワン子達☆
掲載&展示他のお知らせ&他
♡ My cat family ♡

タグ

(465)
(322)
(235)
(219)
(95)
(80)
(66)
(66)
(53)
(52)
(52)
(42)
(38)
(38)
(34)
(32)
(9)
(8)
(7)
(7)

+ My cat family×3 +

はんぞう (22才)
1994年9月東京都内の某神社で出逢う!(生後一ヶ月位)
自称猫好きおばさんに保健所に連れて行かれそうな所を保護。 
世界一愛し、愛されている仲♪

うち子(うっぴん・唯一の姫)
1994年10月26日、東京下町生まれ(1995年1月25日に家族になる)
出会い~母猫&飼主が育児拒否。痩せ、蚤&外耳炎でひどい状態。故ひらめ(前猫)に似ていたのと、見かねて引き取る。
~ 2009.6月30日、旅立ち ~
享年14才8ヶ月

銀志郎(呼び名・銀!ぎんた)
1996年・夏生まれ
田舎の祖母の家の蔵で生まれるが、すぐに祖母が永眠した為、母猫・子猫x3共に保護。
その後、母猫&子猫2匹一緒に里子へ。前猫のタイガーにうり二つの、銀は我が家の一員へ
~ 2014. 5月7日 旅立つ ~
享年 17歳9ヶ月

★ 姉妹ブログ 「猫と出逢う旅

☆ピックアップブロガー☆
↑ 念願叶いました♪

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

☆たびねこ Instagram

     mail →

野良にゃんblog
猫に逢いに行こう♪
猫旅食遊楽記
愛しいきもち
路上のルール
猫とパンクとソラリスと。
野良猫の安全地帯
雲と鮭、あるいは雨季の旅人宿

Photo blog
ほよりんぷーちゃん
blanc[che]
ココロトレール
Camera freaks a GO! GO!
Leave Me Alone

* Link*
アジアのかけら
お散歩ブログ
石垣島インドカレ-食堂 ムンドラ
つばめの武勇伝
田舎で暮らすくつかのコト
えこたび
“美しいぃ”が見えたっちゃ!
幻?の猫:はるみ
COUCOU, c'est moi!
のんたんち
川柳っぽい猫のブログ
おたっしゃくらぶ-高齢ネコの日々

素材やさん『chai*』

~ 日々ブログ ~
*たびねこ*Seaside Life and catx3(休止)


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~


+フジフィルム ウェブ美術館Premium Gallery+
受賞作品の販売して頂いています。

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ

+掲載写真集+

Camera Peopleみんなのまち

+ 掲載誌 +

女子カメラ 2009年 06月号 [雑誌]


女子カメラ 2009年 09月号 [雑誌]


どうぶつたちへのレクイエム


ねこたちのてんごく

お気に入りブログ

y.h.b-mutter
野良猫写真blog
黒・白/ 色  カメラ
がんばる猫
ココロのふるさと(光のス...
お局のショールーム日記@...
移動探査基地
NORIWORKS + mac
アジアのカケラ
Myanmar Eye
Let it be
めぐみのめ
もずくのきもち
路地裏  ~ Walk ...
☆ねこにはかなわぬ☆
one day
旅空日記(写真家・三井昌...
umi■neko
a stranger i...
猫山細道の雑記帳
またたび日和
無敵の霧子
Lush Life
* Colorful W...
大福日記
miccaの三日三晩
オトメカフェ**cog
子の日窯日記
couleur d'ai...
猫イズム
心はいつも。。。
いい日ゆめ旅
*地球旅行*
金平糖
大地はオレンジのように碧く
旅綴
ちまもの読書日和
ひとりごと
写真日記
ココロのふるさと*モノクローム
くらしのギャラリーちぐさ
ねこさんぽ
travel memo
Yucky's Tape...
おもしろ動物Cafe
オール電化生活!カノンと...
【bin】 世界中がおも...
LIFE IS PEAN...
猫の声がきこえる
田園都市生活
こはるびより。
marcoのほわわんスケッチ
Mawaru:f
ヒビ : マイニチノナン...
feering  自分らしく 
気ままに おひとりさま☆
ねこ旅また旅
konpeitouのかぞ...
ネコと文学と猫ブンガク
いつまでもお洒落でいたいから
サバとタラ
高円寺てげてげ日記…
幸福な時間
わたしのひだりめせかい
猫と出逢う旅 - たびねこ -
続・暮れゆく日々の足跡

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

最新のコメント

*ちゃおみままさん* ..
by tabineko-hanzou at 20:32
* きぃた さん* ..
by tabineko-hanzou at 20:30
*月 さん* こん..
by tabineko-hanzou at 20:27

記事ランキング

画像一覧

検索