高齢猫さんたちとの暮らし 「はんぞうの異変!?(続)/呼吸が苦しそう☆」

d0098941_16131580.jpg

                  「 はんぞう の頭の中では、何が起こっているの?」



d0098941_16315719.jpg


     3/30 はんぞう に突然起きた頭の激痛と発作のようなもの 詳しくは、前回の記事で →
病院へ行った後も様子を見ていましたが、色々な症状は強くなるばかりで、頭の激しい痛みで倒れかかってしまう事も(その後も激しい痛みに時々見舞われるものの、1度目のような酷い発作は起きていません)。


d0098941_12304560.jpg

4/2 頭の痛み?で「ニャニャー」泣きながら徘徊する事も多くなり、寝付けず不安で私をよく呼びます。
眠れるまでは、生活音や気配をさせないように息を殺して見守る毎日。銀も中々寝付けないようになり・・・


d0098941_12312652.jpg

    現在もそうですが、寝むれている時が一番ホットします。気持ち良く寝れているのだと良いなぁ~


d0098941_12381110.jpg

1週間後の 4/6 痛みや各症状は相変わらずで、辛そうに床に伏せる事が多くなり、呼吸が早く何度か大きく肩で息をします(現在も毎日変わらず・涙)。鼻が強い息で、フゥーフゥとピクピクする事も時々あります。
猫の呼吸は、平常時で1分間におよそ20〜30回だそうなのですが、50回を超えてしまう事も・・・


d0098941_12461750.jpg

翌日、am 2時頃!私の隣で寝ていなかったので気配で気づき(はんぞうが病に倒れてからは、隣に寝て居ないと、気配で飛び起きれるようになりました)飛び起きると、辛そうにリビングの床で伏せていました。
何度も何度も寝返りをうったり、場所を変えても結局、お昼を過ぎても眠れず・・・不安で私のお膝の上へ。


d0098941_12463067.jpg

 私が少しでも見えないと不安で、か細い声で泣きながら、手(前足)で「来てきて~」と手招きします(涙)


d0098941_12464079.jpg

   私に ぴったり くっついていると安心するよう!可愛くて普段ならギューとしたいところですが我慢。


d0098941_1304873.jpg

  はんぞうグッタリ!夜になりようやく1時間くらい眠れたでしょうか?寝ながらも時々足が突っ張ります!
      はんぞう&銀の辛そうな様子を見守り続け、何度胸がつぶされそうになったでしょう。。。

           ↑ はんぞうが床で寝ていたので、私も邪魔しないように近くで雑魚寝。
              朝起きると、ナント隣にチョコンと はんぞう の姿が~(嬉)


d0098941_1331953.jpg

     翌朝の 4/8 気持ちよさそうに日向ぼっこ。 銀は、大好きな日向へ行くものの辛そうな様子。


d0098941_1332779.jpg

          手が八の字に開いているのは、高齢猫さんならでは?そんな姿も愛おしい。


d0098941_1341287.jpg

         中々寝付けず、キャットタワーにこもる事も・・・しばらくすると寝れた様子でホッ。
              (銀も同じく辛いようで、時々キャットタワーにこもっていました)


d0098941_13175774.jpg

              毎日毎日、呼吸が早いのがとても可哀想で見ていられず・・・
以前(リンパ節の腫れ・胸水がたまり&肺からは出血していて肺を圧迫している為に呼吸困難になり手の施しようの無い末期の状態と言われる)と同じ状況なのでは?と不安になり、たまらず病院へ駆け込みました。

4/8 前回病院を訪れて10日位しか経っていないので先生も驚いた様子。 (体重少し減)
以前と同じような状態でないか?レントゲンを撮っていただくも異常が見られませんでした。
同じ状況でなくて安心はしたのですが、「では何が原因なのでしょう?」他の症状も強く見られるのは?
「全ての症状が経過も長く、原因も特定できないので分らない」との事でした。
( ↑ 以前、可能な限り検査はしているのですが、原因が分らず)

「もし脳腫瘍から来ているのであれば、脳圧を下げる薬を投与すれば症状が緩和されますか?」と聞くと
「脳腫瘍と確定診断出来ての事ですか?ご希望であればいくらでもお出ししますよ!」との事。
私の訪ね方がいけなかったのでしょうね~薬を使用したいのではなくて、前回、脳腫瘍の可能性のお話が出た時に脳圧を下げる薬のお話が先生から出たので、緩和できるものならと尋ねただけだったのですが・・・
少しでも症状を緩和できる方法があればという想いで訪ねただけだったのですが、話し方って難しいです。

手足やお腹辺りも必死に舐めるのは(唾液でビチョビチョになる程)、銀のように腫瘍があるから?と不安でこちらも尋ねると「検査する事は出来ますが、積極的治療を希望されない場合は、単なる事実確認をするだけで(自己満足) はんぞうちゃん を疲れさせるだけになってしまいますよ」と言われ、ハットしました!!
そうでした、銀も腫瘍と共存する事を選択したというのに。見ていられず気持ちだけが焦ってしい大切な事を忘れてしまっていました。先生は、私が積極的治療は望んでいないのを(超~高齢猫さんの為)
よくご存じ なので助言してくださったようです。普段は、積極的治療をされる先生なのに、ありがたいです。
(はんぞうは、手の施しようの無い状態と告げられてからは、自宅で酸素マスク&点滴、ステロイドのみで、病院へは行かず、奇跡の大復活を果たした子ですものね。病院へ行くストレスで進行を早める事もあるし)

試すなら、鎮静剤(よほどの事が無い限りあまり使用しない)を試しに3日限定での使用を薦められました。
しかし、この鎮静剤は副作用も強く(先生が獣医さんになった当初は特に酷かったらしく、痛みよりも副作用で苦しむワンコさんたちを見てきたそう)現在はだいぶ改善はされてきているそうですが
猫の場合は、腎臓に負担がかかるのだそうです。副作用の事を考えると踏み切れず・・・
今まで散々検査をしてきても原因が分らない為、やはりしばらく様子を見ていくことにしました。
ただ現在も各症状は続いており、不安でたまらない毎日です。見ていられなくて、少しでも症状が緩和できないものか?銀の先生(他の病院で診てもらっています)や他の先生の意見も聞いてみた方が良いのか?
でも結局分らず、 はんぞう を疲れさせるだけになったら、と毎日迷っています。

3日前の週末に吐いた後、呼吸が苦しくなり鼻呼吸のような状態になってしまったので、銀の先生に診ていただこうか悩んだのですが、(今の病院だと様子見になってしまうので)、こんなに呼吸が辛い時に病院で色々と検査されたりしたら、余計に悪化してしまうのでは?と深呼吸!寝つけた後、ご飯も食べてくれたので様子を見る事にしました。今後もどうしたら良いものか・・・何が はんぞう にとって良い事なのだろう?


d0098941_13171621.jpg

                病院の待合室にて・・・(他に患者さんは居ません)
      病院は大嫌いなはんぞうですが、待合室や診察室からお外を眺めるのは好きなようです♪♪

                        毎日 はんぞう に一喜一憂。
    胸がつぶされそうな時も多いのですが、毎日なるべく笑顔で接し1日1日を大切にしています。


d0098941_1431811.jpg



                   今日は、銀の四七日忌(よなぬか)の日です。
[PR]
by tabineko-hanzou | 2014-06-03 21:07 | ♡ My cat family ♡


ご長寿猫 はんぞう(23才) との暮らし。旅と猫... 旅で出逢った世界の猫たち 路地裏さんぽ~  世界あちこち旅。 旅ごはん&ご当地グルメ☆


by たびねこ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

島ねこ
ヨーロッパの猫
アジアの猫
日本の猫
* クロアチアinアドリア海の島々
* チェコ便り~
ё 韓国食堂
ё(韓国旅・目次)
ё 台湾じかん
ё バングラデシュ 笑顔の旅
ё 素足のアジア
* Greek Islands
* 北の大地から~(北海道)
* 山形の旅
* ふくしま散策~
* 新潟さんぽ~
* 金沢&能登・ 合掌集落の旅
* 東京さんぽ (+近郊)
*焼き物のまち常滑さんぽ~
*愛知さんぽ
*岐阜さんぽ
* 京都ゆらり散歩 **
* ノスタルジック瀬戸内
* 四国散策
* 九州紀行
* 美ら島沖縄
★ カフェ 時間 ★
* かわいい看板 *
* かわいい窓 *
* DOOR *
*カワイイ建築*
雑貨&アンティーク&絵本+Book
+ たび あにまる +
☆旅で出逢ったワン子達☆
掲載&展示他のお知らせ&他
♡ My cat family ♡

タグ

(466)
(361)
(235)
(219)
(95)
(80)
(66)
(66)
(55)
(52)
(52)
(42)
(38)
(38)
(34)
(32)
(9)
(8)
(7)
(7)

+ My cat family×3 +

はんぞう  (23才)
1994年9月東京都内の某神社で出逢う!(生後一ヶ月位)
自称猫好きおばさんに保健所に連れて行かれそうな所を保護。 
世界一愛し、愛されている仲♪

うち子(うっぴん・唯一の姫)
1994年10月26日、東京下町生まれ(1995年1月25日に家族になる)
出会い~母猫&飼主が育児拒否。痩せ、蚤&外耳炎でひどい状態。故ひらめ(前猫)に似ていたのと、見かねて引き取る。
~ 2009.6月30日、旅立ち ~
享年14才8ヶ月

銀志郎(呼び名・銀!ぎんた)
1996年・夏生まれ
田舎の祖母の家の蔵で生まれるが、すぐに祖母が永眠した為、母猫・子猫x3共に保護。
その後、母猫&子猫2匹一緒に里子へ。前猫のタイガーにうり二つの、銀は我が家の一員へ
~ 2014. 5月7日 旅立つ ~
享年 17歳9ヶ月

★ 姉妹ブログ 「猫と出逢う旅

☆ピックアップブロガー☆
↑ 念願叶いました♪

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

☆たびねこ Instagram

     mail →

野良にゃんblog
猫に逢いに行こう♪
猫旅食遊楽記
愛しいきもち
路上のルール
猫とパンクとソラリスと。
野良猫の安全地帯
雲と鮭、あるいは雨季の旅人宿

Photo blog
ほよりんぷーちゃん
blanc[che]
ココロトレール
Camera freaks a GO! GO!
Leave Me Alone

* Link*
アジアのかけら
お散歩ブログ
石垣島インドカレ-食堂 ムンドラ
つばめの武勇伝
田舎で暮らすくつかのコト
えこたび
“美しいぃ”が見えたっちゃ!
幻?の猫:はるみ
COUCOU, c'est moi!
のんたんち
川柳っぽい猫のブログ
おたっしゃくらぶ-高齢ネコの日々

素材やさん『chai*』

~ 日々ブログ ~
*たびねこ*Seaside Life and catx3(休止)


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~


+フジフィルム ウェブ美術館Premium Gallery+
受賞作品の販売して頂いています。

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ

+掲載写真集+

Camera Peopleみんなのまち

+ 掲載誌 +

女子カメラ 2009年 06月号 [雑誌]


女子カメラ 2009年 09月号 [雑誌]


どうぶつたちへのレクイエム


ねこたちのてんごく

フォロー中のブログ

y.h.b-mutter
野良猫写真blog
がんばる猫
ココロのふるさと(光のス...
お局のショールーム日記@...
移動探査基地
NORIWORKS + mac
アジアのカケラ
Myanmar Eye
Let it be
めぐみのめ
もずくのきもち
路地裏  ~ Walk ...
☆ねこにはかなわぬ☆
one day
旅空日記(写真家・三井昌...
umi■neko
a stranger i...
猫山細道の雑記帳
またたび日和
無敵の霧子
Lush Life
* Colorful W...
大福日記
miccaの三日三晩
オトメカフェ**cog
子の日窯日記
couleur d'ai...
猫イズム
心はいつも。。。
いい日ゆめ旅
*地球旅行*
金平糖
大地はオレンジのように碧く
旅綴
ちまもの読書日和
ひとりごと
写真日記
ココロのふるさと*モノクローム
くらしのギャラリーちぐさ
ねこさんぽ
travel memo
Yucky's Tape...
おもしろ動物Cafe
オール電化生活!カノンと...
【bin】 世界中がおも...
LIFE IS PEAN...
猫の声がきこえる
田園都市生活
こはるびより。
marcoのほわわんスケッチ
Mawaru:f
ヒビ : マイニチノナン...
feering  自分らしく 
気ままに おひとりさま☆
ねこ旅また旅
konpeitouのかぞ...
ネコと文学と猫ブンガク
いつまでもお洒落でいたいから
サバとタラ
高円寺てげてげ日記…
幸福な時間
わたしのひだりめせかい
猫と出逢う旅 - たびねこ -
続・暮れゆく日々の足跡

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

お久しぶりです。 ..
by 森乃 at 16:25
私はこの記事が大好き! ..
by とらのこ at 12:10
はんぞうくん、素晴らしい..
by GANBARUNEKO at 20:21

記事ランキング

画像一覧

検索