高齢猫さんとの暮らし 「銀と抱き枕と慢性腎不全」

d0098941_2124175.jpg

      今年の夏! はんぞう が病に倒れてから、大好きな はんぞう を枕に出来なくなった銀は
                クッションを抱き枕にして寝ている事もありました(笑)


d0098941_2124758.jpg

        「あの~大切にしているクッションなので、ヨダレはご遠慮いただけますか?・笑」
    (イギリスのコッツウォルズの小さな村から連れて帰って来た、天使の刺繍がしてあるハンドメイドのクッションなのです♪)


d0098941_1610674.jpg



はんぞう の壮絶だった闘病生活を間近で見てきたせか?(見ていられず隠れたり逃げ出す事も!)
銀も少しずつ元気が無くなり、食欲も減退(食欲旺盛から普通になった程度)、多飲&多尿にもなったので
念の為、5ヶ月ぶりに病院へ行くことにしました~相変わらず、キャリーの中でも暴れる暴れる!?
猫用のプラスティック製のキャリーでは破壊されてしまうので、犬用の頑丈なキャリーです(爆) 042.gif

今回は、初め訪れる動物病院です!(前回の病院の お爺ちゃん先生の手の震えで中々うまく
注射が出来なかったのと、話を聞くのが面倒くさそうなのが気になり、違う病院へ行ってみました)
すごく混んでいる病院で驚きました!?ほとんどの方が院長先生待ち~私も院長先生指定しました(笑)
初めての病院は、ドキドキです!先生がどのような方かも腕も分らないし・・・あれ?今までの先生方とは何だか違う雰囲気の先生~穏やかで動物とも対話しています。(私の経験上、男性の先生では珍しい)
銀に優しく話しかけ、優しく丁寧に触って診てくださっています。混んでいたので迷惑かと思いつつ、はんぞうの病気の事も聞いて良いか尋ねると、(それが一番の目的だったりして・汗)大丈夫ですよ~と優しく言っていただきました!今までの経過を前夜ノートにまとめたものの、説明が下手くそな私の長い話にも関わらず、途中で話のこしを折ったり、遮ったり、途中で簡単に診断を下したりせず最後まで聞いてくださり真剣に考えてくださりました!(そんな先生初めて!驚)はんぞうの病気は、複雑で判断が難しいとの事です。
こちらは、また後程。 はんぞう の病気以降~さらに遠吠えや絶叫や興奮状態も酷いので、念の為
再度、「甲状腺機能亢進症」の検査と「血液検査」等もお願いしました~ 体重も少し減っていました。

前回(今年の5月中旬)に検査した時は、甲状腺機能亢進症&血液検査共に異常なしの健康体と診断☆


d0098941_2142622.jpg

血液検査の結果 → 慢性腎不全でした!?しかし、はんぞうの事でも長年寄り添ってきた病気(7年半前の2006年3月・12才の時の血液検査の結果で、初期の慢性腎不全に移行する可能性があると診断される)
なので驚きは少なく、よく17才まで病気にならずに頑張ってくれたなぁ~という想いでした。
幸い初期の数値でしたので、 はんぞう と同様に今後もケアをしてあげたいと思います。
やはり猫は人間と違って、老いるスピードも違うので、数ヶ月前に健康体と診断されていても少しの変化があった場合は、少しでも早く気付いてあげるのが早期発見につながるのかもしれないですね。
銀の場合は、普段とほとんど変わりも無く、本当に微妙な変化だったので、普段なら様子見をして病院へは行かなかったかもしれないです!末期で気づく事が多い病気なのですが、早期発見出来て良かったです。

病院の先生は、私が長年、慢性腎不全と連れ添っていると知りながらも「もうご存知だとは思いますが・・・」と言い、とても丁寧に病気の説明を一からして下さったのです!?私も初心に戻り勉強しようと思いました。
今までは、私が慢性腎不全の事を知っていると分ると、どの先生も説明は省略されていたというのに!!
混んでいるにも関わらず、一人一人にとても時間をかけてくださっていました。
そこも先生の人気の理由なのかもしれないですね。銀は、この病院に決めました!ただ人気がありすぎて
診療と待ち時間を含めて3時間以上もかかりました!?重病時や高齢さんには辛いですね~
( はんぞう と病院を分けているのは、休診日が重なったり、先生不在時が多いのと、 はんぞう がお世話になっている病院は、緊急&時間外・夜間受け不可の為、いきなり緊急で初めての病院は怖いので。)

ブログを読んでくださっている方の中には、老猫さんと暮らされている方も多いので
「慢性腎不全」について簡単にまとめておきます。

慢性腎不全は、5才を過ぎた頃からかかりやすくなる病気で、特に7~8才以上の猫さん(高齢になればなる程、発症率は高くなる)は、注意が必要になります。早期発見することで予後がだいぶ変わってきます。

腎臓の機能は、一度低下してしまうと元には戻らないので、残念ながら治すことはできませんが
食事の改善等などで、進行を遅らせてあげる事ができます。(なので早期発見が大切)
飼い主が気づく症状が出た時には、既に腎臓の75%が失われているといわれています。

代表的な症状は、水を沢山飲む、多尿(尿の量・回数が多い)、食欲不振、体重減少など、その他にも色々な症状があり、少しでも気になる事があれば元気でも血液検査などをしてもらうと早期発見につながります。

私が長年している事と言えば、水を数ヶ所に置き(好きな容器)いつでも新鮮な水が飲める工夫と
食事療法(なるべくタンパク・リンを制限・療法食他)、トイレを清潔に保つなど簡単な事しかしていません。
最初の頃は力が入ってしまい、色々な事をしていたのですが長く付き合わなくてはいけない病気なので
シンプルになりました。銀には、経口吸着剤(毒素がたまるのを緩和する)も薦められました。経口吸着剤(ネフガードなどの活性炭)は、以前 はんぞう にもあげていたのですが、便秘になるので休止中でした~

銀も はんぞう と同様に長い目で見て出来る事をしてあげるしかないのですが、なるべく進行しないように
注意してあげたいと思います。 はんぞう の闘病中は、食べてくれる物を何でもあげていたせいもあり
最近、 はんぞう も 銀 も腎臓の療法食(数種類とも)あまり食べなくなってしまって・・・ 042.gif
他の食事は旺盛なのに(汗)管理が上手にできていません!なんとか工夫してみないといけませんね~

        甲状腺機能亢進症の検査結果を聞く為に、今週の土曜日も銀は、病院です~


d0098941_16121459.jpg


    翌日は、2か月ぶりに はんぞう を病院へ連れて行って来ました~~!!経過は、のちほど・・・


d0098941_16301366.jpg

           湯たんぽに気持ち良さそうに、体を全部乗せている はんぞう ~(笑)

      急に寒くなってきました!?私と我が家の猫たちが大嫌いな寒い冬が訪れますーーー
   猫たち用のモコモコも出し、昨日は寒くてふたりともクシャミを!湯たんぽ(早っ!)出してあげたら
 ふたりとも気持ち良さそうに、湯たんぽに乗って寝ていました~20℃以下になると寒さが堪えるようです。


d0098941_16312864.jpg

               湯たんぽを間にして気持ちよさそうに寝ています~~~♪♪

      昨年の事があるので、今年はより万全に早めに寒さ対策に力を入れたいと思います~
初めての雪国暮らしは、防寒対策にお金がかかります(涙)先生も、「今まで温かい地方で暮らしてきたので
 新潟の寒さはより堪えると思います。体を冷やさないようにしてあげてくださいね」とおっしゃっていました。
[PR]
by tabineko-hanzou | 2013-10-17 21:28 | ♡ My cat family ♡ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://tripcats.exblog.jp/tb/19831690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yokko118 at 2013-10-17 21:42
いい先生で良かったですね。
早期発見できたし。
この寄り添う姿を見ていると、ホントじんとくるわ~
湯たんぽ、あったかくて気持ちいいし
一緒だと落ち着くんだろうな。
Commented by ほよりん at 2013-10-17 23:16 x
銀ちゃん、このクッションはもうぼくのだよ~という顔をしてますね^^
でも本当ははんぞう君枕の方がいいんでしょうね・・・
一週間でこんなにも気温差があるなんて・・・
急に寒くなって、夜はコタツに入りたくなります。
無理しないで暖かくして過ごしてくださいね。

Commented by NORIWORKS at 2013-10-18 00:40 x
やさしい先生に会えてよかったね
人間もだけど、なかなか巡り会えないもので
行ってみないとわからないしね

mac さん、腕はわからないけど、何でも相談できる先生でした
毎年末に、カレンダーを届けてもらったのを思い出してたー きっとその時期に病院へ行かなかったからだろうけど…
macさんも先生の前だけはおとなしくできたので
私も安心だったなぁ ちょっと懐かしくかぶらせて読んでたよー
Commented by 虎のししっぽ(なりひら) at 2013-10-18 12:16 x
ああ・・はんぞう君、頑張って生きようね。みんな応援してるからね。
この前まで猛暑だと思ってたら、冬が少しずつ近づき、うちのニャンたちは「アンモニャイト化」してます。冬のニャンはどこか温かいイメージがありますね。
Commented by tabineko-hanzou at 2013-10-19 00:03
* yokko さん*

普段だったら病院へ行くほどの変化ではなかったのですが
はんぞうの事もあり、病院へ行こうと思えました!
早期発見できて、ひとまず良かったです。

銀は、はんぞうの胸元に頭をうずめ、はんぞうは
銀に手を乗のせていて、そんな光景が可愛くて♪♪
湯たんぽ は、今年も大好評です^^
週末は、もう1つ買い足して来ます(笑)

Commented by tabineko-hanzou at 2013-10-19 00:08
* ほよりん さん*

銀は、なんでも枕にしちゃうんですよ~~~
時には、私の太ももまで(^^;)
でも一番いいのは、はんぞう枕なのでしょうね^m^

ホント、急に寒くなりましたね~
先週は、家の中だとタンクトップ&短パンでいたのに
明日は、毛布も出そうかと思っています(笑)
コタツいいですよね~
コタツは、子供の頃から大好きなんですが(そのまま寝ちゃう)家には置いてないんですよ~
ほよりんさんも温かくして、風邪ひきませんように^^


Commented by tabineko-hanzou at 2013-10-19 00:21
ё NORIWORKS ちんё

まだ一回しか行ってないから分らないけれど、久しぶりに好印象な先生との出会いでした!
うっぴんの時は、(乳癌の時)本当に先生達に恵まれなくて可哀想な事をしてしまって・・・
一人目もアウト!二人目は、女医さんの方が凄く怖くて「てめーちゃんと抑えろっていったろ!」って看護師さんに向かって怒鳴り散らすので、看護師さんは、うっぴんの足を強く抑え過ぎてしまい、手も足も数週間も消えない大きな痣が(号泣)それ以来、病院嫌いになってしまった!!
そして病院を変えて、最後の傲慢で冷たい女医さんも最悪でした(><)

mac さんが先生の前だけはおとなしくできたというので、信頼していたのかもしれないね。
人同士(先生と飼い主)の相性もあるけれど、動物と先生の相性も大切だというしね^^

凶暴な、はんぞうが唯一「ハーッ!」と威嚇したりしなかった女医さんが福岡時代にいたのだけど、その先生の両手はもの凄い傷跡だらけで、怖がる男の先生が多い中、動物への愛情も感じました。
とても優しい先生だったの~うっぴんもその先生に診てもらいたかったなー
途中で病院から居なくなってしまって残念。
Commented by tabineko-hanzou at 2013-10-19 00:26
☆虎のししっぽさん☆

ありがとうございます!!はんぞう~頑張っています^^
本当に、がんばってくれました~~嬉しいご報告ができます♪

ホントですね~急に寒くなってきましたね!!
なりひらさん家では、かわいい「アンモニャイト」の光景が見られはじめたのですね^m^




ご長寿猫 はんぞう(23才) との暮らし。旅と猫... 旅で出逢った世界の猫たち 路地裏さんぽ~  世界あちこち旅。 旅ごはん&ご当地グルメ☆


by たびねこ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

島ねこ
ヨーロッパの猫
アジアの猫
日本の猫
* クロアチアinアドリア海の島々
* チェコ便り~
ё 韓国食堂
ё(韓国旅・目次)
ё 台湾じかん
ё バングラデシュ 笑顔の旅
ё 素足のアジア
* Greek Islands
* 北の大地から~(北海道)
* 山形の旅
* ふくしま散策~
* 新潟さんぽ~
* 金沢&能登・ 合掌集落の旅
* 東京さんぽ (+近郊)
*焼き物のまち常滑さんぽ~
*愛知さんぽ
*岐阜さんぽ
* 京都ゆらり散歩 **
* ノスタルジック瀬戸内
* 四国散策
* 九州紀行
* 美ら島沖縄
★ カフェ 時間 ★
* かわいい看板 *
* かわいい窓 *
* DOOR *
*カワイイ建築*
雑貨&アンティーク&絵本+Book
+ たび あにまる +
☆旅で出逢ったワン子達☆
掲載&展示他のお知らせ&他
♡ My cat family ♡

タグ

(466)
(356)
(235)
(219)
(95)
(80)
(66)
(66)
(55)
(52)
(52)
(42)
(38)
(38)
(34)
(32)
(9)
(8)
(7)
(7)

+ My cat family×3 +

はんぞう  (23才)
1994年9月東京都内の某神社で出逢う!(生後一ヶ月位)
自称猫好きおばさんに保健所に連れて行かれそうな所を保護。 
世界一愛し、愛されている仲♪

うち子(うっぴん・唯一の姫)
1994年10月26日、東京下町生まれ(1995年1月25日に家族になる)
出会い~母猫&飼主が育児拒否。痩せ、蚤&外耳炎でひどい状態。故ひらめ(前猫)に似ていたのと、見かねて引き取る。
~ 2009.6月30日、旅立ち ~
享年14才8ヶ月

銀志郎(呼び名・銀!ぎんた)
1996年・夏生まれ
田舎の祖母の家の蔵で生まれるが、すぐに祖母が永眠した為、母猫・子猫x3共に保護。
その後、母猫&子猫2匹一緒に里子へ。前猫のタイガーにうり二つの、銀は我が家の一員へ
~ 2014. 5月7日 旅立つ ~
享年 17歳9ヶ月

★ 姉妹ブログ 「猫と出逢う旅

☆ピックアップブロガー☆
↑ 念願叶いました♪

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

☆たびねこ Instagram

     mail →

野良にゃんblog
猫に逢いに行こう♪
猫旅食遊楽記
愛しいきもち
路上のルール
猫とパンクとソラリスと。
野良猫の安全地帯
雲と鮭、あるいは雨季の旅人宿

Photo blog
ほよりんぷーちゃん
blanc[che]
ココロトレール
Camera freaks a GO! GO!
Leave Me Alone

* Link*
アジアのかけら
お散歩ブログ
石垣島インドカレ-食堂 ムンドラ
つばめの武勇伝
田舎で暮らすくつかのコト
えこたび
“美しいぃ”が見えたっちゃ!
幻?の猫:はるみ
COUCOU, c'est moi!
のんたんち
川柳っぽい猫のブログ
おたっしゃくらぶ-高齢ネコの日々

素材やさん『chai*』

~ 日々ブログ ~
*たびねこ*Seaside Life and catx3(休止)


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~


+フジフィルム ウェブ美術館Premium Gallery+
受賞作品の販売して頂いています。

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ

+掲載写真集+

Camera Peopleみんなのまち

+ 掲載誌 +

女子カメラ 2009年 06月号 [雑誌]


女子カメラ 2009年 09月号 [雑誌]


どうぶつたちへのレクイエム


ねこたちのてんごく

フォロー中のブログ

y.h.b-mutter
野良猫写真blog
黒・白/ 色  カメラ
がんばる猫
ココロのふるさと(光のス...
お局のショールーム日記@...
移動探査基地
NORIWORKS + mac
アジアのカケラ
Myanmar Eye
Let it be
めぐみのめ
もずくのきもち
路地裏  ~ Walk ...
☆ねこにはかなわぬ☆
one day
旅空日記(写真家・三井昌...
umi■neko
a stranger i...
猫山細道の雑記帳
またたび日和
無敵の霧子
Lush Life
* Colorful W...
大福日記
miccaの三日三晩
オトメカフェ**cog
子の日窯日記
couleur d'ai...
猫イズム
心はいつも。。。
いい日ゆめ旅
*地球旅行*
金平糖
大地はオレンジのように碧く
旅綴
ちまもの読書日和
ひとりごと
写真日記
ココロのふるさと*モノクローム
くらしのギャラリーちぐさ
ねこさんぽ
travel memo
Yucky's Tape...
おもしろ動物Cafe
オール電化生活!カノンと...
【bin】 世界中がおも...
LIFE IS PEAN...
猫の声がきこえる
田園都市生活
こはるびより。
marcoのほわわんスケッチ
Mawaru:f
ヒビ : マイニチノナン...
feering  自分らしく 
気ままに おひとりさま☆
ねこ旅また旅
konpeitouのかぞ...
ネコと文学と猫ブンガク
いつまでもお洒落でいたいから
サバとタラ
高円寺てげてげ日記…
幸福な時間
わたしのひだりめせかい
猫と出逢う旅 - たびねこ -
続・暮れゆく日々の足跡

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

最新のコメント

お久しぶりです(*^ω^..
by sos-wind2 at 19:54
* ねこばばあ さん* ..
by tabineko-hanzou at 20:42
*chigusano さ..
by tabineko-hanzou at 20:38

記事ランキング

画像一覧

検索