高齢猫さんたちとの暮らし「 はんぞう 突然の病~経過①」

d0098941_1053033.jpg

            はんぞう の体調が悪くなる、2日前の写真です。お鼻も濡れていて
     見た目は元気いっぱいな様子だったので、数日後に急変していくとは思いもしませんでした。


d0098941_10531472.jpg


            「写真を撮られているのが分ると、胸をピーンと張った はんぞう !」




d0098941_129449.jpg



7月下旬から 「ご飯を頻繁にねだらなくなった」 ← 食にあまり関心のない以前の はんぞう に戻っただけ?

毎日遊んでいた大好きなオモチャで遊ばなくなった&朝の運動会が開催されない
 ↑ 逆に19才で、毎日オモチャで遊んでいたり、部屋中を走り周っている方が変?

声が時々出ず、口パク&か細い声・時々胸で大きく息を吸う&胸をかばうようにして、そーっと座る
↑ これらは、5月頃から感じていた症状でしたが、病院では、老化の可能性が高いとの診断を受けます。
でも何かおかしいような気がしていました。でも今までも何回かあった事で、他にも変だと思う事もあり
病院へ行くと 「老猫らしからぬ健康体」 と何度も診断されているので、少し安心してしまっていました。

他にも色々とあり、元々私の熱狂的ストーカーの はんぞう ですが、その度合いが増したこと。
はんぞう の入る隙間もないような場所に、入ってきて暑いのに私にぴったりと寄り添って甘えてきたり
食に関して急に異常に目覚めた事!まるで「生きたい!」と言っているようで、実は「ご飯をねだる様子」を
UPした時は、嬉しい反面、ブログには書きませんでしたが、何とも言いようのない不安を感じていました。
主に旅で出逢った猫たちと旅のブログなので、我が家のニャンズたちの事を載せることは、ほとんど
ありませんでしたが、急にブログに書くようになったのは、このどうしようもない不安を打ち消すためでした。




d0098941_13545317.jpg



☆ 8月4(日) 夜。歩くのもやっとで、立っているのも辛そう。声もほとんど出ておらず、食欲もあまりなし。
         トイレの前に、オシッコの粗相があり!(トイレにお尻が入りきらず外に出てしまったよう)

☆ 8月5(月) 深夜2時 私が見えない所に居ると不安なようで、頑張って側に来ます。
         私の顔10㎝くらいの所まで自分の顔を近づけ、私を愛しそうに見つめ涙をポロポロ流す。
         朝の6時頃になっても辛そうで、眠れない様子。疲れてようやく横になったという感じ。



d0098941_1472194.jpg

          ☆ 8月6(火) 具合の悪そうな はんぞう を心配し、様子を見に来た銀!

  普段ならば容赦なく甘えに行くのですが、さすがに何か気づいたのか?少し遠くから見つめています。



d0098941_141526100.jpg

                 銀 「ネ~ネ!はんぞうチンの様子、変だよね?」

 1日様子を見ましたが、症状が変わらないのと、 私の顔を見て 涙を流した(胸が痛い)のがとても気になり
   暑さの中での移動のストレスと体力を考え、夕方涼しくなってから、病院へ連れて行くことにしました。


d0098941_14473290.jpg

    最初は、少し遠巻きに様子を見ていた銀でしたが、たまらなくなりジリジリと はんぞう の近くに。

 熱ぽかったので、熱中症・風邪のような症状か?慢性腎不全の悪化なのかもしれないと思っていました。
  (6年半前の2006年3月・12才の時に、初期の慢性腎不全に移行する可能性があると診断されます。
  その後、数年間、数値でも問題が無かったが、前回の検査5月に数値が少しだけ悪くなっていました)




d0098941_15505682.jpg



         体重2.5kg (3キロ近かった体重も徐々に減って行き、全盛期の半分に・・・)
      熱 9度6分 やはり、熱がありました!( はんぞう の平熱は低いので、高めの熱です。)


                               検査結果

★ 血液検査の結果、心配していた腎臓の数値は、全く問題ありませんでした。(前回より良くなっている)
治療する程の数値ではないですが、貧血が見られ、グロブリンという値が初めて高い数値が出ました。

★ 肺のレントゲン(熱がある・呼吸が早い為)で、胸骨リンパ節の腫れが見られました。
3月に撮ったレントゲン写真では、写ってなかったのが2枚比べると一目瞭然!

血液検査とレントゲンから感染症か、腫瘍(リンパ腫 ← 猫に一番多い悪性の癌)の可能性との診断!
老化という影に隠れてしまい、わずか2ヶ月前の血液検査等でも、発見する事が出来ませんでした。

ここで、診断を追求していくのか問われます。腫瘍か確定する為には、胸の腫瘍であるかもしれない場所に針を刺し細胞を採取し検査に出します。麻酔をしなくてはいけません!高齢の為、麻酔は命を落とすリスクがあります。腫瘍だった場合は、うち子さんの時の経験上も含めて、緩和治療や代替療法などを選択し猫には効果があまりないという抗癌剤等の積極的治療はしないと決めていたので、検査はお断りしました。

食欲があまり無いので、4~5日の入院で点滴(静脈)と経鼻チューブでの食事投与(鼻から細いチューブを 通し流動食を与える)を薦められましたが、大好きな私と離れて入院をした時の はんぞう のストレスを考えお断わりしました。点滴も入院で無いと難しいとの事だったので、皮下点滴(輸液)だけお願いしました。

腫瘍と仮定して積極的な治療をするのであれば、完全に栄養を取る為に、食道チューブ(首元を切開し、気管に食道チューブを通し食事をとる)なども薦められましたが、こちらもお断りしました。(麻酔が必要です)
↑ この時は、全く食べられないというわけでもなく、口の中の潰瘍・腫瘍等などで口から物が摂取できない
状態では無かったので、私にはここまでする必要性が感じられませんでした。
19才という高齢なので、出来るだけストレスの無い方法で治療をしてあげたいので慎重になります。

d0098941_10432092.jpg病院から帰宅後、夜大好きなマグロのお刺身(普段は、慢性腎不全の食事の管理の為、たまにしかあげていませでしたが、食欲が落ちているので特別です。)とカリカリを数粒だけ食べてくれました。


d0098941_10383472.jpg


明け方(8月7日・水曜)に、キャットタワーの下段(私の膝下くらいの高さで、最近の はんぞう
のお気に入り場所です)に登りたいというので、乗せてあげると、いつものようにそのまま横になりました。
この頃には足の力も入らなくなり、自力では登り降りする事も出来ず、下に降ろしてあげるまで近くでしばらく付きりで見守る事にしたのですが、しばらくして・・・ほんの一瞬の出来事でした!私が一瞬違う方向を向いてしまった瞬間、凄い音がして はんぞう が、寝たままの姿勢ので何の力も加わらず下に落下(号泣)。相当痛かったでしょうに、意識がないのか?無反応でした。ここまで状況が悪化しているだなんて!はんぞうを抱えながらなんと書いたら良いのか適切な言葉が見つからない程のいいようのない、想いが襲ってきました。


d0098941_11384813.jpg

      病に倒れる数日前は、私と一緒に寝ているベットで、タオルケット を むぎゅ~としながら
     気持ちよさそうに寝ています。こんな穏やかで幸せな日々が長く続くようにと願っていました。


d0098941_11423977.jpg


完全な寝たきりでは無かった為、トイレで呼ばれると支えながらトイレへ連れて行ったり、痛み?でも頻繁に呼ばれたりもするので、付きりで見守らなくてはいけなくなり、この日を機に24時間看護体制になりました。
時々意識がなくなるほど苦しんでいる はんぞう の姿を毎日付きりで見ていると、私も食事が喉を通らなくなり(看護は体が主本!体力をつけようと頑張って無理に食べても吐いてしまうので、栄養ドリンク他などで栄養は取るように心がけています)、一睡もできない毎日が1週間ほど続いた日、私にも異変が見られます。
寝ていないのと、ご飯も食べていないので、介護中にも時々意識がもうろうとなり、銀の体重を測る為に体重計に乗ると5日で7キロ痩せていました。肌も荒れ果てオデコの皮膚が軽石?のような状態になり、久しぶりに映った鏡の中の自分の顔が黒いので(殴られた痣のような色)驚いて見てみると、両目の周りは一段と濃い紫でパンダのようなクマが出来ていました。深いシワも両目の下に3本も刻まれていました!?究極の疲れを経験するとこのような状態にもなるのですね。一人で24時間看護をする限界を感じ始めた頃でした。

肺から出血が見られ、手の施しようがないと言われた はんぞう ですが、それでも毎日 毎日一生懸命に生きようと頑張り、そんな姿を私に見せてくれてます。 もう3週間近くになります。(猫にとっては3ヶ月ですね)
苦しんでいる姿を見ているのが私には、とても辛く耐えがたいのですが、そのような中でも ひと時、ひと時
とても幸せを感じられる時間が、わずかですがあります。その時間も大切にしていきたいと思います。

はんぞう が静養している間は(少ないです)なるだけそっと一人で休ませてあげたいので、その時間を利用して(仮眠するのも怖い&見守るだけの時間も辛い)今後も はんぞう の記録を残していけたらと思います。

↓ 温かいお言葉1つ1つ何度も読ませていただき、励まされました。本当にありがとうございました。
1つ1つにお返事を書く気持ちの余裕がなくて、この場でお礼を申し上げてしまって ごめんなさい。
お言葉を胸に刻み、これからも毎日大好きな はんぞう を見守って支えていきたいと思っています。たびねこ
[PR]
by tabineko-hanzou | 2013-08-22 13:20 | ♡ My cat family ♡


ご長寿猫 はんぞう(22才) との暮らし。旅と猫... 旅で出逢った世界の猫たち 路地裏さんぽ~  世界あちこち旅。 旅ごはん&ご当地グルメ☆


by たびねこ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

島ねこ
ヨーロッパの猫
アジアの猫
日本の猫
* クロアチアinアドリア海の島々
* チェコ便り~
ё 韓国食堂
ё(韓国旅・目次)
ё 台湾じかん
ё バングラデシュ 笑顔の旅
ё 素足のアジア
* Greek Islands
* 北の大地から~(北海道)
* 山形の旅
* ふくしま散策~
* 新潟さんぽ~
* 金沢&能登・ 合掌集落の旅
* 東京さんぽ (+近郊)
*焼き物のまち常滑さんぽ~
*愛知さんぽ
*岐阜さんぽ
* 京都ゆらり散歩 **
* ノスタルジック瀬戸内
* 四国散策
* 九州紀行
* 美ら島沖縄
★ カフェ 時間 ★
* かわいい看板 *
* かわいい窓 *
* DOOR *
*カワイイ建築*
雑貨&アンティーク&絵本+Book
+ たび あにまる +
☆旅で出逢ったワン子達☆
掲載&展示他のお知らせ&他
♡ My cat family ♡

タグ

(465)
(322)
(235)
(219)
(95)
(80)
(66)
(66)
(53)
(52)
(52)
(42)
(38)
(38)
(34)
(32)
(9)
(8)
(7)
(7)

+ My cat family×3 +

はんぞう (22才)
1994年9月東京都内の某神社で出逢う!(生後一ヶ月位)
自称猫好きおばさんに保健所に連れて行かれそうな所を保護。 
世界一愛し、愛されている仲♪

うち子(うっぴん・唯一の姫)
1994年10月26日、東京下町生まれ(1995年1月25日に家族になる)
出会い~母猫&飼主が育児拒否。痩せ、蚤&外耳炎でひどい状態。故ひらめ(前猫)に似ていたのと、見かねて引き取る。
~ 2009.6月30日、旅立ち ~
享年14才8ヶ月

銀志郎(呼び名・銀!ぎんた)
1996年・夏生まれ
田舎の祖母の家の蔵で生まれるが、すぐに祖母が永眠した為、母猫・子猫x3共に保護。
その後、母猫&子猫2匹一緒に里子へ。前猫のタイガーにうり二つの、銀は我が家の一員へ
~ 2014. 5月7日 旅立つ ~
享年 17歳9ヶ月

★ 姉妹ブログ 「猫と出逢う旅

☆ピックアップブロガー☆
↑ 念願叶いました♪

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

☆たびねこ Instagram

     mail →

野良にゃんblog
猫に逢いに行こう♪
猫旅食遊楽記
愛しいきもち
路上のルール
猫とパンクとソラリスと。
野良猫の安全地帯
雲と鮭、あるいは雨季の旅人宿

Photo blog
ほよりんぷーちゃん
blanc[che]
ココロトレール
Camera freaks a GO! GO!
Leave Me Alone

* Link*
アジアのかけら
お散歩ブログ
石垣島インドカレ-食堂 ムンドラ
つばめの武勇伝
田舎で暮らすくつかのコト
えこたび
“美しいぃ”が見えたっちゃ!
幻?の猫:はるみ
COUCOU, c'est moi!
のんたんち
川柳っぽい猫のブログ
おたっしゃくらぶ-高齢ネコの日々

素材やさん『chai*』

~ 日々ブログ ~
*たびねこ*Seaside Life and catx3(休止)


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~


+フジフィルム ウェブ美術館Premium Gallery+
受賞作品の販売して頂いています。

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ

+掲載写真集+

Camera Peopleみんなのまち

+ 掲載誌 +

女子カメラ 2009年 06月号 [雑誌]


女子カメラ 2009年 09月号 [雑誌]


どうぶつたちへのレクイエム


ねこたちのてんごく

お気に入りブログ

y.h.b-mutter
野良猫写真blog
黒・白/ 色  カメラ
がんばる猫
ココロのふるさと(光のス...
お局のショールーム日記@...
移動探査基地
NORIWORKS + mac
アジアのカケラ
Myanmar Eye
Let it be
めぐみのめ
もずくのきもち
路地裏  ~ Walk ...
☆ねこにはかなわぬ☆
one day
旅空日記(写真家・三井昌...
umi■neko
a stranger i...
猫山細道の雑記帳
またたび日和
無敵の霧子
Lush Life
* Colorful W...
大福日記
miccaの三日三晩
オトメカフェ**cog
子の日窯日記
couleur d'ai...
猫イズム
心はいつも。。。
いい日ゆめ旅
*地球旅行*
金平糖
大地はオレンジのように碧く
旅綴
ちまもの読書日和
ひとりごと
写真日記
ココロのふるさと*モノクローム
くらしのギャラリーちぐさ
ねこさんぽ
travel memo
Yucky's Tape...
おもしろ動物Cafe
オール電化生活!カノンと...
【bin】 世界中がおも...
LIFE IS PEAN...
猫の声がきこえる
田園都市生活
こはるびより。
marcoのほわわんスケッチ
Mawaru:f
ヒビ : マイニチノナン...
feering  自分らしく 
気ままに おひとりさま☆
ねこ旅また旅
konpeitouのかぞ...
ネコと文学と猫ブンガク
いつまでもお洒落でいたいから
サバとタラ
高円寺てげてげ日記…
幸福な時間
わたしのひだりめせかい
猫と出逢う旅 - たびねこ -
続・暮れゆく日々の足跡

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

最新のコメント

*ちゃおみままさん* ..
by tabineko-hanzou at 20:32
* きぃた さん* ..
by tabineko-hanzou at 20:30
*月 さん* こん..
by tabineko-hanzou at 20:27

記事ランキング

画像一覧

検索