路上美術館さんぽ② 「花の階段」 @梨花洞 ソウル

d0098941_19203953.jpg

         アジョシ(オジチャン)達の憩いの場所になっていた、お店の外壁に描かれた壁画を坂の上から見下ろし
                         ゆるい坂を登って辿り着いた、花が描かれた階段~



d0098941_19204945.jpg

                           「あんにょん~♪」

                            今回の、韓国旅の冒頭でも紹介した場所です☆
               ドラマロケ地や雑誌等にもよく登場しているので、目にされた方も多い場所かもしれませんね。


d0098941_19205298.jpg

                        可愛らしいお花が描かれた階段は、登るのも楽しくなります~♪


d0098941_1921131.jpg

                                  路上美術館さんぽ つづく・・・


                                                             ~ 梨花洞 ソウル ~

[PR]
by tabineko-hanzou | 2012-08-06 19:47 | ё 韓国食堂 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://tripcats.exblog.jp/tb/16579528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chigusano at 2012-08-06 20:56
韓国には こうした 路上美術館がところどころにあるんですね!
壁にかかれたのは そのお家の方の 趣味なのでしょうか?
日本家屋では こういった壁画を描く習わしが無いので
すごく不思議に思います。
最近流行っている 美術なのかしら?
Commented by yuriko_chan at 2012-08-06 21:09
楽しそ!変な文字の落書きは嫌だけど・・・
Commented by なりひら at 2012-08-07 16:49 x
路上芸術っていうのですか?なかなか洒落てますね。ところで四角の顔した人形なんでしょうか>
Commented by tabineko-hanzou at 2012-08-07 18:29
*chigusano さん*

そうですね~ソウルにある路上美術館のように
韓国には、タルトンネ(月の街・傾斜のきつい高台や階段の多い坂の上などにある地域。生活環境が厳しいため、低所得者層が多く居住している地域が多かった)のイメージを変えたり、多くの人たちを誘致し、様々な芸術文化に触れられる街として再生する目的で、壁画などが描かれている地域があります。
今回訪れた、この路上美術館とも言われているタルトンネがある場所は、タルトンネ再生プロジェクトが目的で、約70人の作家と、子どもからお年寄りまでの住民たちによる約80個もの作品が、街に溶け込むように展示されています。
このお家の方が描かれたものなのか?町のお年寄りや子供達
芸術家さんが描いた物なのかは、分からないのですが、可愛らしいですね^^


Commented by tabineko-hanzou at 2012-08-07 18:35
*yuriko_chan さん*

街の再生プロジェクト目的で、約70人の作家と、子どもから
お年寄りまでの住民たちによる約80個もの作品が
街に溶け込むように展示されています。

文字の落書きに見えるのは、おそらく ハングル文字かしら?
ハングルで「アンニョン」→「こんにちは」と書いてあります。
ハングル文字は見慣れないと変な記号にしか見えないのですが
見慣れてくると、可愛らしい丸文字に見えてくるんですよ^^♪
その下のローマ字は、作家さんか?
この絵を描かれた方のサインかな?なんて思います^^
Commented by tabineko-hanzou at 2012-08-07 18:42
☆なりひら さん☆

以前、韓国にあるタルトンネについて、少し触れた事があったので
今回、説明を怠ってしまいました。
「駱山プロジェクト」という正式名称の「路上美術館」は、
2006年9月に文化観光部の生活環境改善事業の一環として始まりました。
タルトンネ(傾斜のきつい高台や階段の多い坂の上などにある地域で
生活環境が厳しいため、低所得者層が多く居住している地域が多かった)と呼ばれていた
この地域に多くの人たちを誘致し、様々な芸術文化に触れられる街として
再生するのがこのプロジェクトの目的だそうです。
約70人の作家と子どもからお年寄りまでの住民による約80個もの作品が
坂の上にキャンバスを広げたように、街に溶け込みながら展示されています。
↑(コネストさんの記事そのままお借りして説明してすみません。)

四角の顔したのは、ロボットらしいです(笑)
可愛らしいですよね^m^
Commented by NORIWORKS at 2012-08-08 15:19 x
んまぁ~メルヘンチックな階段だこと
こういうの日本にありそうでないよね
日本だと落書き扱いになるのかなぁ(笑)

台湾ねこさんなんてキュートなの~
東京ウォーカーまだあるかなぁ…早く行かねば
先日、お隣のお庭にすんごく小さい子猫さんが迷い込んでて
2日ほどキューキュー泣いててね
かわいくって仕方なかった
もうどこかへ行ってしまったみたいで消息が気になるけど
元気に成長してくれるといいのにな

長岡の花火すごいんだってね~
失礼だけど、そこら辺の小さい花火大会には行けなくなるらしい(笑)
素敵な夏の思い出になったかなぁ
Commented by tabineko-hanzou at 2012-08-08 18:14
ёNORIWORKS ちんё

ホント、日本でもあったら良いなぁ~
韓国でより壁画アートにはまり、古き懐かしい時代を感じられる
タルトンネ(月の街)アートにもはまってしまいました。
韓国からどんどん姿を消しているタルトンネ!姿を消す前にアチコチ訪れてみたいです。

東京ウォーカー探さなくてよいよ~時間の無駄です(爆)
小さい写真なんだけど、猫の写真は初!だったので、つい嬉しくて載せてしまったけど(笑)
お隣のお庭の子猫ちゃん、2日も鳴いていたのは心配だね(><)
お母さんともはぐれてしまったのかもしれない!子猫はカラスに目をつかれたり
連れ去られてしまうから、目が離せなくて本当に心配です。
誰かに保護されているか?母猫の元に帰れた事を願いたいです。
Commented by tabineko-hanzou at 2012-08-08 18:22
長岡の花火の事はじめて話すよー(興奮)
凄いとは聞いてはいたけど、規模が大きいだけで隅田川とか大きめの花火を想像していたのだけど、別物!!!
開始の花火は、エンディングかと思うくらい最初からすごかった(笑)
空いっぱいのスクリーンに映し出された花火は、花火と言うよりも
アートの競演っといった感じで、満月がちょうど中央に出ていて
花火と満月のコラボもたまりませんでした(>m<)あれは、本当に凄い!
行ける機会があれば、ぜひ1度は見てほしい花火♪
花火好きでアチコチノ花火大会を訪れたいた友人も「こんなにすごい花火は初めて~」と大感動♪芸術作品
ただ、帰りの渋滞ももの凄かった(爆)駐車場出るのに1時間、町中出るのにも1時間(爆)

翌日は、海岸で行われた夕日コンサートという野外ライブにも行きました♪
キマグレン(←私知らなかった・失礼)のライブが凄かったよ~~大盛り上がりで
最後の方は、ほぼ全員が立って!!テーマが「パワー」だったんだけど
凄いパワーを感じました。一緒に行った2人は今、キマグレンが気になるそうです。
暑いし、混雑苦手で自らは行こうとはしないけれど貴重な体験が出来ました。
素敵な新潟夏の想い出です。


ご長寿猫 はんぞう(23才) との暮らし。旅と猫... 旅で出逢った世界の猫たち 路地裏さんぽ~  世界あちこち旅。 旅ごはん&ご当地グルメ☆


by たびねこ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

島ねこ
ヨーロッパの猫
アジアの猫
日本の猫
* クロアチアinアドリア海の島々
* チェコ便り~
ё 韓国食堂
ё(韓国旅・目次)
ё 台湾じかん
ё バングラデシュ 笑顔の旅
ё 素足のアジア
* Greek Islands
* 北の大地から~(北海道)
* 山形の旅
* ふくしま散策~
* 新潟さんぽ~
* 金沢&能登・ 合掌集落の旅
* 東京さんぽ (+近郊)
*焼き物のまち常滑さんぽ~
*愛知さんぽ
*岐阜さんぽ
* 京都ゆらり散歩 **
* ノスタルジック瀬戸内
* 四国散策
* 九州紀行
* 美ら島沖縄
★ カフェ 時間 ★
* かわいい看板 *
* かわいい窓 *
* DOOR *
*カワイイ建築*
雑貨&アンティーク&絵本+Book
+ たび あにまる +
☆旅で出逢ったワン子達☆
掲載&展示他のお知らせ&他
♡ My cat family ♡

タグ

(466)
(361)
(235)
(219)
(95)
(80)
(66)
(66)
(55)
(52)
(52)
(42)
(38)
(38)
(34)
(32)
(9)
(8)
(7)
(7)

+ My cat family×3 +

はんぞう  (23才)
1994年9月東京都内の某神社で出逢う!(生後一ヶ月位)
自称猫好きおばさんに保健所に連れて行かれそうな所を保護。 
世界一愛し、愛されている仲♪

うち子(うっぴん・唯一の姫)
1994年10月26日、東京下町生まれ(1995年1月25日に家族になる)
出会い~母猫&飼主が育児拒否。痩せ、蚤&外耳炎でひどい状態。故ひらめ(前猫)に似ていたのと、見かねて引き取る。
~ 2009.6月30日、旅立ち ~
享年14才8ヶ月

銀志郎(呼び名・銀!ぎんた)
1996年・夏生まれ
田舎の祖母の家の蔵で生まれるが、すぐに祖母が永眠した為、母猫・子猫x3共に保護。
その後、母猫&子猫2匹一緒に里子へ。前猫のタイガーにうり二つの、銀は我が家の一員へ
~ 2014. 5月7日 旅立つ ~
享年 17歳9ヶ月

★ 姉妹ブログ 「猫と出逢う旅

☆ピックアップブロガー☆
↑ 念願叶いました♪

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

☆たびねこ Instagram

     mail →

野良にゃんblog
猫に逢いに行こう♪
猫旅食遊楽記
愛しいきもち
路上のルール
猫とパンクとソラリスと。
野良猫の安全地帯
雲と鮭、あるいは雨季の旅人宿

Photo blog
ほよりんぷーちゃん
blanc[che]
ココロトレール
Camera freaks a GO! GO!
Leave Me Alone

* Link*
アジアのかけら
お散歩ブログ
石垣島インドカレ-食堂 ムンドラ
つばめの武勇伝
田舎で暮らすくつかのコト
えこたび
“美しいぃ”が見えたっちゃ!
幻?の猫:はるみ
COUCOU, c'est moi!
のんたんち
川柳っぽい猫のブログ
おたっしゃくらぶ-高齢ネコの日々

素材やさん『chai*』

~ 日々ブログ ~
*たびねこ*Seaside Life and catx3(休止)


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~


+フジフィルム ウェブ美術館Premium Gallery+
受賞作品の販売して頂いています。

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ

+掲載写真集+

Camera Peopleみんなのまち

+ 掲載誌 +

女子カメラ 2009年 06月号 [雑誌]


女子カメラ 2009年 09月号 [雑誌]


どうぶつたちへのレクイエム


ねこたちのてんごく

フォロー中のブログ

y.h.b-mutter
野良猫写真blog
黒・白/ 色  カメラ
がんばる猫
ココロのふるさと(光のス...
お局のショールーム日記@...
移動探査基地
NORIWORKS + mac
アジアのカケラ
Myanmar Eye
Let it be
めぐみのめ
もずくのきもち
路地裏  ~ Walk ...
☆ねこにはかなわぬ☆
one day
旅空日記(写真家・三井昌...
umi■neko
a stranger i...
猫山細道の雑記帳
またたび日和
無敵の霧子
Lush Life
* Colorful W...
大福日記
miccaの三日三晩
オトメカフェ**cog
子の日窯日記
couleur d'ai...
猫イズム
心はいつも。。。
いい日ゆめ旅
*地球旅行*
金平糖
大地はオレンジのように碧く
旅綴
ちまもの読書日和
ひとりごと
写真日記
ココロのふるさと*モノクローム
くらしのギャラリーちぐさ
ねこさんぽ
travel memo
Yucky's Tape...
おもしろ動物Cafe
オール電化生活!カノンと...
【bin】 世界中がおも...
LIFE IS PEAN...
猫の声がきこえる
田園都市生活
こはるびより。
marcoのほわわんスケッチ
Mawaru:f
ヒビ : マイニチノナン...
feering  自分らしく 
気ままに おひとりさま☆
ねこ旅また旅
konpeitouのかぞ...
ネコと文学と猫ブンガク
いつまでもお洒落でいたいから
サバとタラ
高円寺てげてげ日記…
幸福な時間
わたしのひだりめせかい
猫と出逢う旅 - たびねこ -
続・暮れゆく日々の足跡

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

お久しぶりです。 ..
by 森乃 at 16:25
私はこの記事が大好き! ..
by とらのこ at 12:10
はんぞうくん、素晴らしい..
by GANBARUNEKO at 20:21

記事ランキング

画像一覧

検索